新型レクサスCT200hマイナーチェンジ情報!2017年8月24日発売か

◆この記事をシェアする

2017年6月15日、マイナーチェンジ予定の新型「レクサスCT200h」の姿が世界初公開されました。

新型レクサスCTのニューデザインや、より充実する安全装備など、マイナーチェンジによる変更点を画像を交えながらご紹介します!

2度目のマイナーチェンジへ

レクサスCT200h Fスポーツ

レクサスCT200hは、トヨタが展開する高級ブランド「レクサス」が販売するコンパクトハッチバックです。

ハイブリッド専用車であるCTは、レクサスブランドのエントリーモデルという位置づけですが、レクサスの名に恥じないプレミアム感があります。

運転しやすいコンパクトさや、手の届きやすい価格ということから、特に若者や女性に人気があるモデルです。

2017年にフルモデルチェンジという予想も…

Lexus CT200h(2014)

レクサスCTが登場したのは2011年1月。その3年後の2014年1月に1回目のマイナーチェンジを実施しています。

レクサスを象徴するデザインである「スピンドルグリル」を導入するなど、デザイン面で大きな変更が加えられました。

また、ボディ剛性の強化や静粛性の向上を図るなど、随所で改善が施され、いわゆる、”ビッグ”マイナーチェンジとなりました。

そして、さらに3年後、登場から6年のタイミングである2017年にフルモデルチェンジをおこなうと予想されており、当サイトでも予想記事を書いていました。

しかし、結局は延命処置が取られ、2度目のマイナーチェンジを実施することになります。

新型レクサスCTのマイナーチェンジ内容

ここからは、マイナーチェンジの内容を詳しくお伝えしていきます。

より洗練されたデザインに

2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCT200h(フロントビュー) 2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCT200h(リアビュー) 2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCT200h(サイドビュー) 2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCT200h(フロント〜サイドビュー) 2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCT200h(サイド〜リアビュー)

ひと目見ただけでは従来型とあまり違いが分からないかもしれませんが、細やかな改良によって、より洗練されたエクステリアに進化しています。

ヘッドライトユニット上部のアローヘッド型(矢の先端のような)のクリアランスランプが、最も新型を印象づけているポイントです。先代はヘッドライト下部に配されていました。これだけでも随分男前な顔つきになりますよね。

また、レクサスエンブレムの下のスピンドルグリルを横切っていたバンパーがなくなり、グリルのメッシュパターンも一新。モダンな雰囲気になり、高級感も増しています。

「F SPORT」も公開

新型レクサスCT「F SPORT」

新型レクサスCT200hのスポーツモデル「F SPORT」も公開されました。

外装・内装ともにスポーティなデザインになっています。

Fスポーツ専用のメッシュパターンを採用したスピンドルグリルや、フロントグリルモールディングにジェットブラックメッキが装備されるなど、通常モデルと差別化を図っています。

アルミホイールのデザインもよりスポーティですね。

インテリアも質感・利便性が向上

2017年にマイナーチェンジする新型レクサスCTのインテリア

レクサスナビゲーションシステムのディスプレイが10.3インチに大型化します。インテリアの最も大きな変更点といえるでしょう。

従来の7インチモニターと比べると、かなり大きくなった印象です。利便性が向上するとともに、高級感も増したように感じます。

また、シート表皮にツートンカラーが用意され、選択の幅が広がります。

「Lexus Safety System +」を新採用

レクサスの最新予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」が標準装備されます。

トヨタは、2017年までに全車種への予防安全システム導入を公言しており、新型車に続々と装備していますが、レクサスも同じく導入が進められています。

レクサス セーフティシステム+には、

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

などの先進機能がパッケージングされ、安全性能が大幅に強化されます。

パワートレイン&燃費について

パワートレインは従来と同じハイブリッドシステム(1.8Lリッターエンジン+モーター+リダクションギヤ)を改良することで、多少のパフォーマンス向上を図る見込み。

現行型のJC08モード燃費はベースグレードが30.4 km/L、その他が26.6 km/Lですが、今回のマイナーチェンジではほんの少しアップする程度でしょう。

販売価格予想

現行型の新車販売価格は366~460万円となっています。

新型ではレクサスセーフティシステム+がおそらく標準装備となることから、15万円前後の値上がりが予想されます。

よって、新型レクサスCTの販売価格予想は380〜470万円となります。

より質感が高まった点やセーフティシステム+によって安全性能が飛躍的に向上することを考えれば納得できる価格設定ではないでしょうか。

新型レクサスCTの発売日はいつ?

最新情報によると、日本発売日は2017年8月24日(木)と予想されています

当初は2017年秋との予想でしたが、少し早まったということになります。

9月にはコンパクトSUVの「レクサスNX」もマイナーチェンジを控えているので、レクサスでコンパクトクラスの購入を検討している方にとっては比較対象になるかもしれませんね。

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

新型レクサスCT200hマイナーチェンジ情報!2017年8月24日発売か
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪