2019年 レクサスLCにコンバーチブルが登場!予想画像、ルーフ素材、価格など

この記事をシェアする

レクサスLCコンバーチブル

レクサスは2019年、フラッグシップクーペ「LC」にオープン仕様の『コンバーチブル』を追加する予定です。

ルーフの素材や搭載エンジン、価格などなど、気になってしょうがない…。

ということで、『レクサスLC コンバーチブル』について徹底調査してみました!

予想グラフィックもお見逃しなく〜

マイチェンと同時に”コンバーチブル”が登場!発売日はいつ?

レクサスLCは、次世代型シャシーを持つラグジュアリー2ドアクーペ。

日本では2017年3月16日に正式デビューしています。

バリエーションは下の2つ。

  • 3.5L マルチステージハイブリッド
  • 5.0L V8エンジンのガソリンモデル

10速ATを組み合わせた5.0Lモデルは特に圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

レクサスは、LCを発売する前から、オープン仕様の「コンバーチブル」と超高性能仕様の「LC F」をラインナップする前提で開発を進めていたといいます。

当初コンバーチブルは、2018年にもリリース予定だったようですが延期に。

新着情報によると、マイナーチェンジでエクステリアを化粧直しするタイミング、2019年秋にデビューする可能性が高いようです。国内導入は2020年になる見通し。

レクサスLC コンバーチブルの予想CGをゲット♪

レクサスLC コンバーチブルの予想CG

完全なオープンスタイルを描いています。

2ドア2シーターでスポーティなスタイリングなので、よく似合います。

企画・設計の段階でコンバーチブルを想定していたのでしょうね。

予想画像と現行の標準モデルを比べると、

  • スピンドルグリル、エアインテークが少し大きく
  • アローヘッド形クリアランスランプを上側に
  • ライト周辺にカーボン素材を採用

するなど特別感を演出しています。

その他、グリルのメッシュパターンも違いがありそう。

アローヘッド形ランプの位置変更は標準モデルも共通の見込み。

1番気になるところ、ルーフの素材は○○を採用

開閉式のオープンカーとなれば、注目はルーフ(屋根)の素材です。

ハードトップなのかソフトトップなのかによって、【外観、走り(重量)、使い勝手】が大きく異なりますからね。

レクサスそしてLCのイメージからすると、軽量かつ硬質なプラスチックを用いたハードトップになりそうな気がします。

しかし、どうやら厚みのあるキャンバス地を使ったソフトトップになる可能性が高いとのこと。

ランボルギーニ ウラカン RWD スパイダー

[参考]超軽量ソフトトップを採用する「ランボルギーニ ウラカン RWD スパイダー」

いわれてみれば、ラグジュアリーなLCに、また違った側面の優雅さをプラスできそうですね。

キャンバスのカラーは、定番のブラックのほか、キャメルやダークグリーンなどを用意し、ボディカラーとの組み合わせをエンジョイできるようにするとか。

うーん実現したら、買いもしないのにシミュレーションしちゃいそう(汗)

エンジンは3リッターV6ターボか

パワートレインは、3.0L V型6気筒ターボエンジンを採用する見込み。

現在の3.5Lハイブリッドと5.0Lガソリンをそのまま設定するという情報もあります。

しかし、オープンカーとしてハイブリッドでは物足りず、5.0Lは剛性の劣るコンバーチブルにはオーバースペックだと思います。

レクサスLC コンバーチブルの価格・スペック

現行モデルの価格は、

LC500h:1350~1525万円
LC500  :1300~1475万円

となっています。

コンバーチブルは150万円ほど高くなると予想。

コンバーチブル予想価格:1450~1650万円

LCコンバーチブル 予想スペック
全長 4770mm
全幅 1920mm
全高 1320mm
ホイールベース 2870mm
車両重量 1930kg
エンジン V型6気筒DOHC+ターボ
総排気量 2996cc
最高出力 430ps/6500rpm
最大トルク 58.0kgm/1800-5500rpm
駆動方式 FR
トランスミッション 10速AT

<こちらもおすすめ>

【レクサスLC F】2019年登場 新開発V8搭載の本格派スポーツ!価格や予想画像など

[新型レクサスRC]2018年10月マイナーチェンジで表情一新!テストカーを捉えた

【新型レクサスES最新情報】日本発売日は2018年10月!外内装・サイズ・価格など

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る