レクサスLX570 次期新型のフルモデルチェンジ予想!発売は2020年秋!

この記事をシェアする

レクサスLXのフルモデルチェンジ予想

レクサスの最高峰SUV「LX」がフルモデルチェンジに向け開発を進めています。

現行型は北米で2007年に登場。2015年の2回目のマイチェンを機に日本にも導入されました。

新型レクサスLXもランクルとシャシー等を共有しますが、より明確にキャラ分けを図る内外装を採用する見込みです。

レクサスLX570のフルモデルチェンジ時期は2020年

現行のデビューからすでに12年。姉妹車のランドクルーザーは発展途上国でも簡単に整備できるようにシンプルな設計なので、モデルライフが長くなる傾向にあります。

とはいえそろそろ全面刷新が必要な頃合い。ということで、レクサスLX570も並行して次期型の開発をおこなっています。

フルモデルチェンジ時期は2020年後半と予想。今秋の東京モーターショーで量販仕様に近いコンセプトカーのお披露目があるかもしれません。

▼フルモデルチェンジの時期の予想

  • レクサスLX570は2020年秋
  • ランドクルーザー200は2020年夏

新設計のラダーフレーム採用で飛躍的にパフォーマンスUP!

当然ながら、頑丈さが強みのラダーフレーム構造を引き続き採用。

新たに設計し直したフレームとなり、より高剛性かつ軽量で、衝突安全性にも秀でたものになります。

オフロードでの踏破性はもちろんのこと、オンロード(舗装された一般の道路)での静粛性や乗り心地も飛躍的に向上することになるでしょう。

新型レクサスLXの外形デザイン予想

LX570の外観はランクル譲りの本格派SUVらしいプロポーション。

そのうえで、メッキ素材をふんだんに使用したスピンドルグリルや薄型のヘッドライトを採用するなど、ラグジュアリー&スタイリッシュな雰囲気も備えています。

次期モデルでは、無骨なフォルムを踏襲しつつ、さらに大胆な造形のフロントグリルや先進的なヘッドランプユニットを装備するなどして、よりレクサスブランドとしての独自性や上質さを際立たせてくると予想。

参考:現行モデルボディサイズ 単位:mm
車名全長全幅全高ホイールベース
レクサスLX5080198019102850
ランクル2004950198018802850

ランドクルーザー300系との差別化

現行のレクサスLXはランドクルーザー200がベースとなっています。そういった経緯から、一部のユーザーから現行モデルのレクサスLXは、ランドクルーザー200との差別化が徹底されていないことによる、不満の声があがっています。

ランドクルーザー200もランドクルーザー300系として2020年にフルモデルチェンジが予想されています。両車のデビュー時期は近いと予想されますが今回は現行モデルの反省点を活かし、今回の新型LXはレクサスならではの専用装備が搭載され、新型のランドクルーザーとは差別化が行われる事でしょう。

特にスピンドルグリルは車の顔ともいえるので、ランクルとどういった違いが出るのかは楽しみです。

デジタルアウターミラーの搭載

量産車両であるレクサスESに世界で初めて搭載したデジタルアウターミラーを新型レクサスLXにも搭載すると予想します。

デジタルアウターミラーとは車両のフロントドアに設置された小型カメラでとらえた車両左右の映像を、車内のモニターに映し出してくれる装備です。

▼デジタルアウターミラーのメリット

  • モニターが車内にあるので雨天時などでも視認性に影響がない
  • ウインカー、リバース機能と連動してい表示エリアを自動的に拡大してくれる
  • 運転者の目線移動を少なくすることで負担が軽くなる
  • 暗い場所では映像の明るさが自動的に調整される

肉眼でサイドミラーを確認するよりも圧倒的に安全性は向上します。

新型レクサスLXの内装はどうなる?

現行レクサスLXのインテリア

現行のインテリア

運転席周りは王道SUVらしい直線的なデザインを継承。

メーター類は高精細CGによる立体的なグラフィックにより、より視認性も見栄えも良くなるでしょう。

外気温や車内温度等に応じてエアコン、シートヒーター、ベンチレーションなどの機能を自動的に連動させるレクサス・クライメイト・コンシェルジュが引き続き装備され、より快適さが向上するはず。

シートレイアウトについて

気になる乗車定員ですが、現行モデルにも5人乗り、8人乗り仕様があるのように新型レクサスLXでも2つの仕様が用意されると予想します。

3列目シートは電動収納になる可能性も高いです。

レクサスLX新型のパワーユニット

現行はランクルより大排気量の5.7リッターV8ガソリン+8速ATを搭載しています。より滑らかで力強い走りを実現しています。

一方、次期型の国内仕様にはフラッグシップセダン「レクサスLS」に採用する、3.5リッターV6ツインターボを搭載すると予想。

トランスミッションは10速オートマを組み合わせることになるでしょう。

大幅なダウンサイジングで、余裕のある動力性能を備えつつ、燃費は大きく向上するはず(現在は6.5km/L)。

また、マルチステージハイブリッドを組み合わせる可能性もあります。

レクサスLX新型の予想価格

予想価格は1100万~1200万です。

<あなたにおすすめ>

ランクル300 新型・最新予想!2019年発表?スパイショットや燃費は

『レクサスLQ』新最上位クロスオーバーSUVが出る!LF-1リミットレスを市販化

レクサスRX新型|2019年秋にマイナーチェンジ予定、変更点を詳しく予想!

レクサスが初のミニバン『LM300h/LM350』を投入予定?予想画像や価格等

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る