新型レクサスRCを発表!マイナーチェンジで表情一新、2018年10月下旬発売

この記事をシェアする

レクサスRCがマイナーチェンジ

レクサスの2ドアクーペ『RC』が初のマイナーチェンジを迎えます。

2018年10月2日に開幕したパリモーターショーで新型RCとRC Fを出展しました。

画像でマイチェン前後の比較をしながら、変更点を詳しくお伝えします!

レクサスRCがマイナーチェンジ!発売は2018年10月下旬

レクサスRCは2014年10月に販売開始したミドルサイズの2ドアスポーツクーペ。

日産がスカイラインクーペを海外専売モデルにするなど、国産2ドアクーペは数少ない存在になっていますが、RCはそのうちの1台です。

登場以来、細やかな改良を施してきましたが、今回が初めてのマイナーチェンジとなります。

パリショー'18で公開された新型RC

パリショー’18で公開された新型RC

LEXUSは2018年8月30日、RCのマイナーチェンジモデルを発表。その後のパリモーターショーで実車を初披露しました。

新型レクサスRCは、ラグジュアリークーペ「LC」で培った新世代のデザインや走りを注入。より魅力的なクルマに仕上げられています。

日本での発売日は2018年10月下旬を予定。

ボディの前後デザインはどう変わるのか

レクサスRC・MC後のフロントビュー

MC後のフロントビュー

レクサスRC・MC前のフロントビュー

MC前のフロントビュー

ヘッドライトは、

  • 外側が下方に膨らんだ形状に一新
  • 小型LEDタイプに変更でコンパクト化
  • アロー型ポジションランプがユニット内に移設

スッキリとした涼し気な目元になります。

スピンドルグリルは、下部が削られて縮小するかわりにエアインレットを新設。

ラグジュアリーのなかにもスポーティな雰囲気が増した印象です。

レクサスRC・MC後のリアビュー

MC後のリアビュー

レクサスRC・MC前のリアビュー

MC前のリアビュー

リアランプは

  • フロントと同じくランプ外側が下方に出っ張った輪郭に
  • リヤウィンカーがユニット内上部から下部に配置換え

また、バンパー下部のブラックアウト部分が上方に拡大。

バンパー下部左右のリブ状の空力パーツとおさらばし、ダクト風のシンプルなものに置き換えられました。

個人的にはテールランプは改良前、エアダクトは改良後が好み。

▼新型RC “F SPORT”

新型RC "F SPORT"

  • ブランド統一の新しいFメッシュパターン
  • 専用のエクステリア・インテリアパーツ
  • 新意匠の専用19インチアルミホイール

を装備しています。

新型レクサスRC インテリアの変更点は

レクサスRC・MC後の運転席まわり

MC後の運転席まわり

レクサスRC・MC前の運転席まわり

MC前の運転席まわり

  • ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更
  • 大型化したニーパッドで両端から挟み込む構成とすることにより上質な空間を実現
  • インストルメントパネル上にLCと共通のアナログクロックを採用することで、LEXUSクーペとしての共通性を付与

出典:LEXUSプレスリリース

▼オーナメントパネル 全5色

  • 縞杢(ブラック)
  • 縞杢(ダークブラウン)
  • ブラックメタリック
  • 本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)※新設定、Fスポ専用
  • ダークグレーヘアライン ※新設定、Fスポ専用

▼インテリアカラー 全7色

  • ムーンストーン
  • ブラック
  • トパーズブラウン
  • クローブ
  • ダークローズ ※Fスポ専用
  • オーカー ※新設定
  • ブラック&アクセントマスタードイエロー ※新設定、Fスポ専用

なお、マイナーチェンジ前から採用する装備として、

  • 10.3インチナビディスプレイ
  • インパネ中央に遊び心のあるアナログ時計
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 前席のワンタッチウォークイン機構
  • 6:4分割可倒式のリアシート

などがあります。

新型レクサスRCのサイズ・重量・定員

レクサスRCのボディサイズ

全長×全幅×全高:4695×1840×1395mm
ホイールベース:2730mm
室内長×室内幅×室内高:1875×1520×1120mm
車両重量:1690-1700kg
乗車定員:4名

パワートレイン&足回りを再チューニング

RCのエンジンラインナップは、

  • 3.5リッターV6
  • 2.5リッター直4ハイブリッド
  • 2.0リッター直4ターボ

の3種類に加え、ハイパフォーマンスモデル「RC F」用の

  • 5.0リッターV8

を用意しています。

今回のマイナーチェンジでは、2.0リッターターボのアクセル操作に対するレスポンスを改善。よりダイレクトな加速フィールを可能にしました。

トランスミッションは2.5Lハイブリッドが6速CVT、その他が8速ATで変更なし。カタログ燃費も現状維持となる見込みです。

足回りでは、サイドウインドウモールのフィン形状化等による空力性能の向上や、改良型ショックアブソーバーを採用したサスペンション、グリップ性能を高めたタイヤ(19インチ)を装着するなど、動力性能を徹底的に追求しています。

『RC F GT』のテスト車両

『RC F GT』のテスト車両

ちなみに、「RC F」をさらに高回転・高出力化した超高性能モデル『RC F GT』が市販化される動きがあるようです。

発売時期は不明ですがテスト車両の姿をキャッチ済。こちらの動向も注目です。

最新安全システムを搭載

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の最新版を搭載。

事故低減に直結する4つの機能をパッケージングしています。

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援
  • 車線逸脱防止支援
  • 夜間視界支援
  • 車間距離維持走行支援

さらに、

  • ブラインドスポットモニター
  • デジタルインナーミラー
  • 各種パーキングサポート
  • ロードサインアシスト(標識認識)

といった安全支援システムが余すことなく搭載されます。

カーミューズが選ぶ対抗モデルは

BMW・4シリーズクーペ

BMW・4シリーズクーペをチョイス。

欧州御三家のなかでも「精悍なマスクとスポーティな印象が強い」点が対抗車に選んだ理由です。

エンジンは2リッターと3リッター直6のターボをラインナップ。価格は593~872万円でRCとほぼ同じレンジです。

新型レクサスRCのバリエーション・価格・燃費

マイナーチェンジ後の価格はまだ発表されていません。

グレードによって0〜10万前後の変動が考えられます。

[参考]現行のグレード&価格表
RC
3500cc RC350 Fスポーツ 690万2000円 10.2km/L
RC350 バージョンL 672万6000円
RC350 608万6000円
2500cc HV RC300h バージョンL 638万0000円 23.2km/L
RC300h Fスポーツ 636万0000円
RC300h 574万0000円
2000cc ターボ RC300 バージョンL 594万0000円 13.0km/L
RC300 Fスポーツ 592万0000円
RC300h 530万0000円
RC F
5000cc RC F カーボンエクステリアP 1059万4000円 8.2km/L
RC F 982万4000円

<あなたにおすすめ>

新型レクサスES最新情報!発売日は2018年10月24日!価格・サイズ・外内装

【レクサスLC F】2019年登場 新開発V8搭載の本格派スポーツ!価格や予想画像など

レクサス新型CT200h 先取り大予想!2019年フルモデルチェンジで2世代目へ

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る