レクサスRXマイナーチェンジ2019!8月下旬より販売開始!

この記事をシェアする

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定

レクサスのクロスオーバーSUV「RX」が、2019年8月下旬に発売するという事がついに公式で発表されました。

RXはレクサスブランドの中でも核となるモデルであり、全世界で好評を得てきました。

後期型にモデルチェンジする新型レクサスRXではどのような変更があるのでしょうか。

最新情報ををまとめています!

レクサスRX新型のエクステリア

ヘッドランプがユニット形状だったものが、小型化しシャープになっています。

フロントバンパーはドアサイドまで伸びたキャラクターラインに連続性を持たせることで、勢いのあるサイドビューとなっています。

レクサスの象徴であるスピンドルグリルも変更が加えられていて、L字をモチーフにしたブロックメッシュが採用されており、中心部に向けて押し出しのある立体構造となっており、バンパーサイトとの一体感も感じられるものとなっています。

フロントグリルの変更は、見た目の印象も大きく変わり、よりエレガントでスタイリッシュになった印象を受けます。

リアバンパー下端のマフラー、アンダーガードを水平基調に新しい工夫を凝らすことにより、ワイド感が強調されています。

どの角度から見ても車全体に一体感あり、細部までこだわり抜いた洗練されたデザインとなっています。

レクサスRXの歴史

初代レクサスRX

初代モデル(上画像)は1998年に海外で発売を開始。2代目までは国内において「トヨタ・ハリアー」として展開。2009年デビューの3代目から日本でもレクサスRXとして販売しています。

”高級クロスオーバーSUV”というカテゴリーのパイオニア的存在で、北米をはじめとした海外市場で非常に高い評価を獲得。プレミアムSUVとして世界で初めてハイブリッド車を投入したモデルでもあります。

レクサスLX新型のインテリア

RX450hL(3列仕様)の室内空間

現行3列仕様の室内空間

インテリアに関しては好評だった質感の高さはそのままに、一部改良が加えられています。

3列シート車の3列目シートを改良し、2種類のシートポジションが設定されています。足元の空間を広げたポジションと、ラゲージスペースを重視したポジションをシーンに合わせて選択可能となっています。

3列シート車の2列目シートにはキャプテンシートの設定が追加されたことにより、より快適でサードシートへの移動が楽な仕様となっています。

※キャプテンシートとは、ベンチシートのようにフラットな席ではなく、左右のシートがそれぞれ独立しているものです。

カーナビゲーションシステムも改良

新型レクサスRXは、新たにタッチパネルディスプレイが採用され、スマートホンとも連動が出来るようになりました。Apple CarPlay、Android Autoなどのアプリを使い、音声操作も可能で、利便性は大きく向上している。

レクサスRX新型のパワートレーン

現在のエンジンラインナップは、

  • 2.0L 直列4気筒ターボ(ガソリン)
  • 3.5L V6+モーター(ハイブリッド)

の2種類。マイナーチェンジ後も変更はないようです。

しかし、その分サスペンション周りに改良が加えられていて、コーナリング性能や、振動が低減されフラットな乗り味と操舵時の応答性の向上しいます。

第2世代の「Lexus Safety System +」を装備

予防安全システム「Lexus Safety System+」を大幅にアップグレード。

衝突回避支援ブレーキの検知対象が拡大するほか、高速道路などでのステアリング操作アシスト機能や道路標識を読み取って教えてくれる機能などを追加します。

▼主な機能一覧

  • プリクラッシュセーフティ
    (歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付)
  • レーントレーシングアシスト[LTA]
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • 先行車発進告知機能[TMN]
  • ロードサインアシスト[RSA]

世界初のブレードスキャン®式AHSを搭載

ブレードスキャン®式AHSとは、従来のAHSよりもハイビームの照射範囲を広げることができ、夜間の運転時でも視界が確保され、対向車や先行車などに幻惑することなく、いち早く歩行者や標識を認識することができます。

レクサスRX モデルチェンジ後の予想価格

数万〜10万円前後の価格変動が予想されます。

[参考]現在の新車販売価格
タイプ価格(税込み)
RX300497〜622万円
RX450h604〜743万円
RX450hL769万円
現在の人気グレード

1位:Fスポーツ
2位:バージョンL
3位:標準グレード

※ガソリン車

マイナーチェンジ後の対抗モデルは?

  • 国産車では、マツダ・CX-8
  • 輸入車では、ボルボ・XC90

CX-8は3列シートを持つクロスオーバーSUV。RX450hLと近い時期にデビューしています。

ですが、価格は全く違います。CX-8は289~446万円なので倍近い差。いい車が1台買えてしまう額です…。2台を天秤にかける人は少ないかもしれませんが、一応比較・検討する価値はあるでしょう。

外国車だとBMWなどドイツ御三家ですが、飛ぶ鳥を落とす勢いのボルボ・XCシリーズからXC90をチョイス。ボディはRXよりも一回り大きく、3列シートが主軸。PHVを設定するなど多彩なラインナップを揃えています。

<こちらもおすすめ>

『レクサスLQ』新最上位クロスオーバーSUVが出る!LF-1リミットレスを市販化

レクサスLX570 次期新型のフルモデルチェンジ予想!発売時期は2020年が有力

レクサスが初のミニバン『LM300h/LM350』を投入予定?予想画像や価格等

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る