日産 新型マーチ 2019フルモデルチェンジ動向!そもそも日本発売はある?

この記事をシェアする

マーチがフルモデルチェンジ

現行モデルの登場からすでに8年となる日産のコンパクトカー「マーチ」。

海外では新型(車名:マイクラ)がデビュー済ですが、日本のマーチの行く末に関しては謎が多い状況です。

2019年にも国内導入かという情報が出ていますが、現在どういう状況なのか、そもそも本当に発売されるのかなど、気になる動向を私見を交えつつお伝えします。

マーチの海外版が先にフルモデルチェンジ!

欧州仕様のマーチがフルモデルチェンジ

欧州仕様のマーチ(海外名:マイクラ)が新型に世代交代し、2017年に発売されました。

ジュネーブショー2015で公開された「SWAY(スウェイ)コンセプト」がベースです。

  • 精悍で上質なスタイリング
  • 見た目だけじゃない確かな走行性能
  • CMF-Bプラットフォームでサイズ&性能UP

など大きな進化を遂げています。

製造国のフランスでは早くも好調な売れ行きを記録しているようです。

※後ほど新型マイクラについてたっぷりご紹介!

新型の日本発売はどうなる?ノートとの差別化が鍵

日本導入が期待される新型マーチですが、一方で存続を危ぶむ声も聞こえています。

その理由は”サイズ”です。

ボディサイズ比較 ※単位:mm
  現行マーチ 新型マイクラ ノート
全長 3825 3999 4020
全幅 1665 1743 1690
全高 1515 1455 1535
ホイールベース 2450 2525 2600

ご覧のとおり、新型は一回り大きくなっています。特に全幅は+77mmで、5ナンバー規格をゆうに超えています。

近年、大型化が進む海外市場に迎合した形ですね。(新型シビックなどもそう)

大型化だけならまあトレンドだし…で済んだのですが、マーチに関しては、日産コンパクトクラスの主力となっているノートと車格が被ってしまうのが問題。

むしろ3ナンバーになることでノートと立場が逆転してしまいます。

これだと、欧州モデルをそのまま日本に投入しましょう〜とは簡単にいかないですね。

日産ノート

日産ノート

ただ、いまだに月1000台ほどを販売するマーチをはじめ、トヨタ・パッソやダイハツ・ブーンといったリッタークラスのコンパクトカーは一定の需要があります。

軽自動車との比較対象という重要な役割りも果たしています。

それだけに、日産ほどのメーカーがみすみす、”最コンパクトクラス”と”誕生35週年を迎えた歴史あるクルマ”を捨てるのは考えにくいです。

つまりマーチは”何らかの対策”によって存続。新型にフルモデルチェンジする可能性が高いとみています。

国内向けにリサイズ?欧州モデルとは全く別に開発?

では、日本版の新型マーチはどうなるのか。

海外版をそのまま持ってくるという可能性も残りますが、やはり全幅1700mm未満の5ナンバーサイズ死守が前提となるでしょう。

新型マイクラ

新型マイクラ

まず考えられるのが、新型マイクラのプラットフォームとエクステリアをそのままに、サイズだけ縮小するパターン。

しかし、車幅が1743mmあるので、フェンダーだけ引っ込める等の突貫工事では厳しい。結局大掛かりになりそうです。

現行マーチ

現行マーチ

もうひとつは、日本向けに独自の新型モデルを開発する案。

新型マイクラは洗練されてシュッとした見た目に刷新され、ノートやリーフに似た雰囲気になりました。国内ではエントリーモデルとして差別化するために、今までのような丸みや親しみやすさを残すべきだと思います。

また、プラットフォームはルノー・クウィッドなどに採用された、Aセグメント向けのCMF-Aを使うかもしれません。

いろいろ考えられますが、今はもう少し続報を待ちたいと思います。新しい情報が入り次第、改めてお伝えします!

新型マイクラ(マーチ)のデザインやスペックを見てみよう

エクステリア

従来型はベーシックでおっとりしたイメージがありましたが、新型はスタイリッシュでスポーティーな外観にシフトチェンジ。

日産の新型車にこぞって導入している「V-Motion(ブイモーション)」を取り入れたフロントグリルを採用。LED化された鋭い眼光のヘッドライトも印象的です。

ボディサイドには、前後のフェンダーから中央に向かってV字型の切れ込むラインがあり、抑揚を表現しています。

テールランプは、スウェイコンセプトとよく似たV字型のデザイン。初心者マークを横にしたような形です。

インテリア

   

ボディサイズが大きくなったことで居住性が向上。インテリア全体のデザイン・質感も驚くほど進化しています。

インパネ周りはシンプルな設計。各パーツの配置や構成がとてもバランスよい印象です。

ソフトパットやメッキパーツ、ステッチ(刺繍)などの取り入れ方が絶妙で、クラス以上の高級感を感じさせます。

運転席のヘッドレストにスピーカーを内蔵した新開発の「BOSEパーソナルサウンドシステム」も注目。

新プラットフォーム

日産とルノーが共同開発した新開発の「CMF-Bプラットフォーム」を採用。
※CMF:コモン・モジュール・ファミリーの略

  • コックピット
  • エンジン
  • フロントアンダーボディ
  • リヤアンダーボディ
  • 電子アーキテクチャー

の5つから構成されるもので、今までセグメント(車種・クラス)ごとに設計や開発、製造を行っていたプラットフォームを、コンパクトカーやSUV、大型セダンなど幅広く利用できるように共有化を実現したものです。

共有化によるメリットはとても大きく、開発・生産・管理に関わるコストを大幅に削減できるだけでなく、生産効率がアップすることによって工期も短縮することができます。

ちなみにCMF-Bは、ルノー・ルーテシア(クリオ)などと同じBセグメント用。2019年初頭にフルモデルチェンジ予定のジュークも使用します。

搭載エンジン&燃費

欧州仕様には3種類のパワートレーンを設定しています。

  • 1.0リッター直列3気筒ガソリン(自然吸気)
  • 0.9リッター直列3気筒ターボ
  • 1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボ

一方、日本仕様に搭載が予想されるのは、ノートと同じ、

1.2リッター直列3気筒エコスーパーチャージャー(ガソリン)
-HR12DDRエンジン(DIG-S)

これを改良して搭載するといわれています。

ノートのJC08モード燃費は26.2 km/Lですが、サイズが小さいマーチで、かつエンジンを再チューニングするとなると、28.0 km/L前後(現行は23.0 km/L)になりそうです。

また、e-POWER搭載モデルの投入も噂されています。低価格で提供できるかは疑問。

さらに、欧州仕様の0.9L直3ターボを搭載したNISMOモデルの設定にも期待したいところ。

新型マーチの発売時期

現時点で日本導入に関する正式なアナウンスはありません。

当初は2017年末にも発売かと予想されていましたが、2018年内すら可能性は低い状況です。

発売時期は、はやくても2019年後半になると思われます。

マーチのモデル周期

マーチはフルモデルチェンジ周期が比較的長い車種です。

初代マーチと2代目マーチが10年、3代目は8年半というモデルライフでした。

また、同じくモデルライフが長くなっているキューブが、2019年の全面刷新でスライドドア搭載のコンパクトミニバンになると予想されています。

関連 日産新型キューブ 2019年フルモデルチェンジか!スライドドアのコンパクトミニバンに

マーチとともに全盛期の人気っぷりを取り戻せるでしょうか。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る