【随時更新】マツダ3の納期/納車時期|2019年5月24日から3段階に分けて発売

この記事をシェアする

マツダ3の納期/納車時期

今回は新型マツダ3(アクセラから車名変更)の納期について。

クラスを超えた質感&走りが素晴らしいと評判なので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

すでに3月上旬から先行受付をスタートしていますが、発売日はエンジンの種類によって【5月24日を皮切りに3段階で】という異例の措置をとります。

※追記:1.8Lディーゼルの発売・納期が早まります。

各モデルの発売時期や納期(納車時期)の目安を詳しくご紹介します!

マツダ3の発売時期|3回に分けて発売

各モデルの発売時期を表にしています。

エンジン種類
発売時期予想
ハッチバック セダン
1.5L ガソリン 2019年5月24日 設定なし
1.8L ディーゼル 2019年5月24日 ※前倒し
2.0L ガソリン 2019年7月末
2.0L SKYACTIV-X 2019年10月頃

1.5Lガソリン車(ハッチバックのみ)が5月24日(金)に発売。

そして、当初7月末の予定だった1.8Lディーゼルも5月24日発売に前倒しとなりました。

2.0Lガソリンは7月末リリース。本命の新開発エンジン「スカイアクティブX」は秋頃に登場する予定です。

マツダ車として世界で1番売れている基幹車種だけに、かなり念入りな発売スケジュールを立てています。オーダー殺到による生産体制の圧迫と現場の混乱を避ける狙いでしょう。それだけ自信作なんでしょうね。

見積もり&先行予約できるモデルは?

全国のマツダディーラーでは3月上旬から見積もり&予約受付を開始しています。

1.5L&2.0Lガソリンと1.8Lディーゼルは、価格やグレードごとの装備、オプション等を含めて見積もり可能。先行商談もできます。

2.0L SKYACTIV-Xは価格は判明(暫定)していますが、見積書の作成はまだ出来ません。しかし、先行予約注文はすでにスタートしています。本契約ではなく順番取りのような位置づけでしょう。

なお、リーフレットやプレカタログ等はまだ配布していません。また、見積書以外では装備やオプション等が記載された資料をもらうことができません。

関東マツダの某店舗に確認したところ、GW明けに販促用の資料が集まり出すだろうとのこと(連休が明けても簡易カタログ等はまだ貰えませんでした)。

マツダ3の納期/納車時期

マツダ販売店の営業に聞いた話や、すでに契約した人の情報などをもとに、納車開始時期や今契約した場合の納期/納車時期をまとめています。

※2019年5月12日現在

1.5L ガソリン

発売日:5月24日
納車開始:5月24日(国内発表会&発売と同日)
今契約した場合の納車時期:6月下旬〜7月中旬(納期1.5ヶ月〜2ヶ月)

日本経済新聞(2019/4/24)に次のような記事が出ています。

マツダは24日、新型「マツダ3(日本名アクセラ)」の国内向け発表会を5月24日に東京都内で開くと発表した。同日に納車を始めるとみられる。アクセラという名称は廃止し、世界で車名をマツダ3に一本化する見通し。

出展:日本経済新聞

先行商談開始と同時に速攻契約した人の中には、5月納車の幸せ者がいます。

そして、今契約した場合の納期は1.5〜2ヶ月が目安。リリース時期が分散することや、しっかり在庫を生産できていることから、3ヶ月にも満たない状況です。

1.8L ディーゼル

発売日:5月24日
納車開始:5月24日(国内発表会&発売と同日)
今契約した場合の納車時期:6月下旬〜7月中旬(納期1.5ヶ月〜2ヶ月)

納期が短縮したクリーンディーゼルのSKYACTIV-D1.8。

当初は「XD 1.8L 2WD バーガンディセレクション」を先行予約ですぐ契約した人で8月上旬登録、8月末納車予定という感じでしたが、2ヶ月ほど早まる形となりました。

なお、すでに契約済の方に早期納車の希望を募る確認連絡が入っているようです。

早まるデメリットとしては、コネクティッドサービスの提供開始が8月末を予定しており、そこから3年間無料期間があるのですが、その前に車両登録するとタダの期間が少なくなることくらいです。

2.0L ガソリン

発売日:7月末
納車開始:7月末〜8月上旬
今契約した場合の納車時期:8月下旬〜9月上旬

第一陣から約2ヶ月遅れて登場予定。

5月19日(土)、20(日)あたりになると10月以降の納車となりそうです。

10月から消費税10%に切り替えとなるので、商談時にしっかり確認・交渉しておいたほうがよいでしょう。

仮に購入額が300万円だとすると、消費税8%だと24万円、10%だと30万円。その差は6万円にもなりますからね。

2.0L SKYACTIV-X

発売日:10月頃
納車開始:10月?
今契約した場合の納車時期:年内?

↑のツイートでは10月納車と案内されたようですね。今申し込めば年内に納車可能(発売から2ヶ月以内)という情報がある一方、生産に遅れが生じていて、2020年に持ち越しという話もチラホラ聞こえています。

最注目のパワートレインだけに納期が長くなるかもしれません。

豆知識

実は販売店には、<メーカー直資系>と<地場資本系>があります。前者のほうがゆとりを持った納期を案内している場合が多いです。

また、地域や販売店ごとに初期割当台数が決まっているので、同じ日に契約しても納車時期が異なる場合があります。グレードや装備などによっても前後することがあります。

現在の予約状況|ボディタイプ・エンジン・グレードの受注割合

現時点では、予約段階での細かい受注割合を確認できていません。

ただ、マツダが予想している数値は、

▼ボディタイプ
5ドアハッチバック:70%
セダン:30%

▼エンジン
1.5Lガソリン:40%
1.8Lディーゼル:40%
2.0Lガソリン:10%
SKYACTIV-X:10%

とのこと。

SKYACTIV-Xが10%と少ないのは、発売がかなり先ということや、価格が300万円オーバーということが理由でしょう。

また、グレード別で見積書の作成件数が多いのは、「プロアクティブ・ツーリングセレクション」です。値段と装備のバランスが一番良いので納得です。

- - -

ちなみに、今年を代表する注目度大の新型車ですが、販売現場では見積もりまでで終わってしまい、正式に契約を結ぶ人が少ないようです。

たしかに、まだカタログを貰えず、スペック詳細も分かりませんからね。何よりパワートレインが4種類もあるので、乗り比べないと決断できない!という方が多いのでしょう。

いよいよ展示車を納入する店舗も出てきているので(試乗車はさすがにまだだろう)、これから契約する人が右肩上がりに増えていきそうです。

<こちらもオススメ>

2019年5月24日に国内発表会&発売をむかえる新型マツダ3(MAZDA3)。 従来のアクセラと同様、5ドアハッチバックと4ドアセダン...
アクセラの直系後継モデルとしてデビューを控える新型マツダ3。 魂動デザインを深化させたエクステリアもさることながら、内装はとてもCセグ...
今回は新型マツダ3のサイズについて詳しくご紹介。 ハッチバックとセダン 新型と旧型(アクセラ) 国内外ライバル を...
新型マツダ3(アクセラから車名変更)の日本発売が近づいています。 まだ国内仕様の概要は正式発表されていませんが、価格や装備、ボディカラ...
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る