マツダ3のサイズ詳細|ハッチバックとセダンの違いや新旧&ライバルとの比較

この記事をシェアする

マツダ3のサイズ

今回は新型マツダ3のサイズについて詳しくご紹介。

  • ハッチバックとセダン
  • 新型と旧型(アクセラ)
  • 国内外ライバル

を比較しています。

ボディサイズは運転のしやすさだけでなく、デザイン性にも大きく影響します。

もうすぐ展示車両や試乗車も導入されると思いますが、事前にチェックしておきましょう!

新型マツダ3のサイズ|ハッチバック&セダン

新型マツダ3 ハッチバック

新型マツダ3 ハッチバック

新型マツダ3 セダン

新型マツダ3 セダン

新型マツダ3のボディサイズ
  ハッチ
バック
セダン 比較
全長 4460mm 4660mm セダンが200mm長い
全幅 1795mm 1795mm 同じ
全高 1440mm 1445mm セダンが5mm高い
ホイールベース 2725mm 2725mm 同じ

新型は企画の時点で明確にデザインコンセプトが分けられています。

【セダン】エレガントな凛とした伸びやかさ
【ハッチバック】よりスポーティな色気のある塊

セダンの方が20センチも全長があるので、横から見るとかなり印象が違いますね。どちらも完成度が高いので購入するとき迷いそうです。

なお、全幅1700mmを超えるので3ナンバーになります。ただ、ほとんどの機械式立体駐車場に対応するサイズです。

もっとコンパクトがお好みならデミオをおすすめします。デミオは車幅1695mmで5ナンバー。マツダ3よりもさらに取り回し性が良いです。

▼マツダ3のその他主要諸元
(ハッチバック/セダン共通)

乗員定員:5名
最小回転半径:5.3m
トレッド:[フロント]1570mm/[リヤ]1580mm
最低地上高:未確認
室内寸法:未確認

従来モデル(アクセラ)とサイズ比較

ハッチバック

アクセラスポーツ(ハッチバック)

従来アクセラスポーツ

新型マツダ3

 
ハッチバックの新旧比較
  新型 旧型 変化
全長 4460mm 4470mm -10mm
全幅 1795mm 1795mm 同じ
全高 1440mm 1470mm※ -30mm
ホイールベース 2725mm 2700mm +25mm

※4WDは1480mm

ホイールベースが少し伸び、全長は若干短くなったことで、前後オーバーハングが短縮されました。さらに全高も3センチ低くなったため、よりスポーティなスタイリングになっています。

セダン

アクセラセダン

従来アクセラセダン

新型マツダ3

 
セダンの新旧比較
  新型 旧型 変化
全長 4660mm 4580mm +80mm
全幅 1795mm 1795mm 同じ
全高 1445mm 1455mm※ -10mm
ホイールベース 2725mm 2700mm +25mm

※4WDは1465mm

従来モデルより全長を8センチも拡大。とても伸びやかなプロポーションになりました。

旧アクセラではリアドアまで共有でしたが、新型の共通部品はボンネット、ヘッドライト&シグネチャーウィング、フロントガラスのみ。ほぼ専用設計となることで、めちゃくちゃカッコよくなりました。

国内外のライバルのサイズは?

新型マツダ3は世界的に競合ひしめくCセグメントに分類されます。

ライバル車(国産車と輸入車)の大きさをご紹介します!

トヨタ カローラスポーツ

全長:4375mm
全幅:1790mm
全高:2WD 1460mm/4WD 1490mm
ホイールベース:2700mm

ホンダ シビック

画像はハッチバック

▼ハッチバック
全長:4520mm
全幅:1800mm
全高:1435mm
ホイールベース:2700mm

▼セダン
全長:4650mm
全幅:1800mm
全高:1415mm
ホイールベース:2700mm

メルセデスベンツ Aクラス

全長:4419mm
全幅:1796mm
全高:1423mm
ホイールベース:2729mm

フォルクスワーゲン ゴルフ

全長:4255 mm
全幅:1799 mm
全高:1452 mm
ホイールベース:2637mm

<MAZDA3の関連情報>

【随時更新】マツダ3の納期/納車時期|2019年5月24日から3段階に分けて発売

マツダ3の価格・グレード・装備・オプション(メーカー&ディーラー)を完全網羅!

マツダ3のボディカラーバリエーション全8色をチェック!先行受注の人気色も調査!

マツダ3の内装を徹底解剖!クラスを超えた上質さに驚き!内装色・広さ・居住性など

マツダ3の燃費&エンジンスペックまとめ|パワートレインは全4種類

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る