三菱・次期ミラージュ 2019年フルモデルチェンジ発表か!ターボ化&サイズUP

この記事をシェアする

ミラージュがフルモデルチェンジ

三菱のコンパクトカー『ミラージュ』のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。

次期型はデザインの刷新、ボディの大型化、ダウンサイジングターボの採用など、大幅リニューアル。

それぞれ詳しくご紹介するとともに、最新予想CGも掲載しています!

フルモデルチェンジで7代目へ。発売時期はいつ?

ミラージュは三菱自動車が製造・販売するコンパクトカー。

1978年に初代モデルが発売された歴史ある車です。

初代ミラージュ

初代(1978年-1983年)

4代目(1991年-1995年)と5代目(1995年-2000年)は、3ドアハッチバック、4ドアセダン、2ドアクーペ(アスティという車名)の3タイプが展開され親しまれてきました。

しかし、2002年に長年の歴史に終止符が打たれ、ハッチバックが「ミラージュディンゴ」、セダンとクーペが「ランサー」に統合される形で販売を終了。

現行ミラージュ

現行6代目(2012年-)

そして2012年、12年ぶりに復活したのが現行の6代目モデル。「低燃費・低価格・コンパクト(扱いやすい)」をコンセプトに、先代ミラージュよりも車格を2ランク落とし、一般的なコンパクトカーよりもあえて小さく設計されています。

また、「先進国における環境対応車」、「新興国におけるエントリーカー」という役割を掲げた世界戦略車であり、生産拠点のタイをはじめ、アセアン諸国、欧州、豪州などで販売されています。

2016年1月にはマイナーチェンジによって内外装の変更や安全装備の強化を実施。それから早2年半、7代目へのフルモデルチェンジが期待される時期になってきました。

次期ミラージュは早ければ2019年秋に発表。2020年夏頃までに発売となる見通しです。

次期ミラージュはCMF-Bプラットフォーム採用で3ナンバーに

日産新型マイクラ

新型マイクラ(日本名:マーチ)

次期ミラージュは日産の新型マイクラ(日本名:マーチ)に導入された「CMF-Bプラットフォーム」を採用します。

日産への傘下入りが記憶に新しい三菱自動車ですが、自社でミラージュに対応する小型車向けプラットフォームを開発するのは体力的に厳しく、親元の新世代プラットフォームを頼るというわけです。

また、先代モデルで大幅に小型化されて新たな使命を得たにも関わらず、国内よりも評価を得ている海外市場のニーズに応える形で再び大型化。3ナンバーサイズになる見通しです。

CMFイメージ

ちなみに、新型マイクラも全幅1743mmで3ナンバーに該当。日本市場では中途半端な位置づけとなってしまい、現時点で国内導入は不透明なままです。

三菱には日産のリーフやノートのようなメーカー内で似たキャラクターはいませんが、5ナンバーの枠を超えるとコンパクトカーと謳いにくいはず。国内でどのような販売戦略を取るのか気になるところではあります。

新旧ボディサイズ予想・比較 単位:mm
  新型
(予想)
現行 差異
(予想)
全長 3999 3795 +204
全幅 1740 1665 +75
全高 1485 1505 -20
ホイールベース 2525 2450 +75

ただ、最近登場した新型シビックやカローラスポーツが3ナンバー化するなどワイド化が潮流です。ユーザーも5ナンバーの枠にそこまでとらわれていない感がありますし、しれっと大きくなるだけなのかもしれません。

なお、CMF-Bプラットフォームは、来年フルモデルチェンジ予定のRVRと日産ジュークにも採用されます。

次期ミラージュのデザイン予想

ダイナミックシールド採用でワイルドフェイスに

今春デビューしたエクリプスクロス

今春デビューしたエクリプスクロス

ダイナミックシールドとは、三菱自動車の新しいフロントフェイスデザインのこと。

アウトランダーやRVR、エクリプスクロスなど、新型車やモデルチェンジ車種にどんどん導入されています。軽自動車のekカスタムにも採用されているので、次期ミラージュにも採り入れられるでしょう。

現行モデルも躍動感のあるフロントバンパーやスタイリッシュなヘッドライトですが、さらに力強いフロントマスクになります。

予想CGを入手!

次期ミラージュの予想CG

SUVシリーズの顔を取って付けた感が満載です。特にフロントバンパー…。

ヘッドライトの目尻をもっと後方へつり上げ、グリルとバンパーをスポーティなデザインにするだけでかなりそれっぽくなりそうです。

後ろ姿はそのまま市販化しても違和感ない出来です!

次期ミラージュ・エボリューションの予想画像

こちらは走りを追求したエボリューションモデルの想定画像。

ブラックホイールやリアウイングを装着するなど、より大胆でアグレッシブなスタイルを提案しています。顔つきはこっちのほうが近いかも。

最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載

2016年のマイナーチェンジで予防安全技術「e-Assist(イー・アシスト)」が標準装備化されたミラージュ。新型には最新バージョンのe-Assistが搭載されます。

安全性能に関してどこのメーカーも著しい速度で改良を重ねています。そのため、新型発売時の具体的な搭載機能は予測困難ですが、惜しむこと無く最新技術を投入してくるでしょう。当然、一部オプション設定等は考えられますが。

追加機能の予想

  • 車線逸脱警報システム
  • レーダークルーズコントロールシステム
  • オートマチックハイビーム
  • 誤発進抑制機能(後退時)
  • 後側方車両検知警報システム
  • 後退時車両検知警報システム

エンジンラインナップを一新

エンジンも新型マイクラと同じものを利用すると思われます。日産のプラットフォームに三菱が開発したエンジンを載せるのはあまり現実的ではないですからね。

マイクラには3つのエンジンが用意されています。

  0.9L 3気筒
ターボチャージャー付
ガソリンエンジン
1.0L 3気筒
NA(自然吸気)
ガソリンエンジン
1.5L 4気筒
ディーゼルエンジン
最高出力 66kW/90hp 54kW/73hp 66kW/90hp
最大トルク 140+10 Nm 95 Nm 220 Nm

注目は0.9Lのダウンサイジングターボ。小排気量ながらパワフルな走りを実現します。

日本仕様の新型ミラージュにはディーゼル仕様は設定されず、自然呼気とターボのガソリン仕様のみとなる公算大。また、高性能バージョンのエボモデルも検討されています。

【あわせて読みたい】

日産 新型マーチ 2019フルモデルチェンジ動向!そもそも日本発売はある?

三菱 新型RVR 2019年フルモデルチェンジ!次期ジュークとシャシー共用で小型化

日産新型ジューク フルモデルチェンジは2019年!個性を磨いてe-POWERも搭載

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る