ムーヴ/ムーヴカスタム2020年フルモデルチェンジ!ワゴンRとも比較!

この記事をシェアする

現行ムーヴ 画像

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」と「ムーヴカスタム」が2020年にフルモデルチェンジを予定。

新プラットフォームDNGAで大幅進化し、ワゴンRやデイズといったライバルに対抗します。

その他、新型ムーヴへのフルモデルチェンジではどのような変更があるのでしょうか。

新型ムーヴへのフルモデルチェンジは2020年夏!

新型ムーヴへ2020年夏にフルモデルチェンジすると予想
現行ムーヴ

現行モデル

現行の6代目モデルが登場したのは2014年12月。

騒音や振動などを含めた乗り心地のよさを追求し、高剛性かつ軽量なボディを採用することで、コンパクトカーを視野にいれた走りの良さを実現しました。

2017年8月のマイチェンでは、外内装の変更や安全システムのアップグレードなどを実施。

2018年8月には3種類の特別仕様車を追加発売しています。

質感はいまだ高く感じられる現行ムーヴ。

しかし、発売から5年が経ち、ワゴンRやeKシリーズなどの競合がフルモデルチェンジしています。ダイハツとしても早く同じ土俵に立ちたいと思っているはずです。

スズキ・ワゴンR

スズキ・ワゴンR

新型ムーヴへのフルモデルチェンジは2020年夏に行われる見通しです。

ディーラーさんに2019年のフルモデルチェンジはタントだけと聞いたという話もあり、2020年になるのは濃厚でしょう。

2019年という話も出ていましたが、それだと少し早い気もしていたので、2020年はちょうど良いかもしれませんね。

2019年4-9月新車販売台数比較
車種1-6月累計
(台)
前年同月比
(%)
ダイハツ ムーヴ62768102.7
スズキ ワゴンR4267284.3
三菱 eK22911111.5

次期ムーヴには新プラットフォームDNGAを使用!大幅進化だ!

次期ムーヴ、新開発プラットフォームDNGAを採用

次期ムーヴへのフルモデルチェンジで、まずなんといっても注目なのは新開発プラットフォームDNGAの採用です。

▼現行/DNGAプラットフォーム比較

DNGAプラットフォーム 画像

DNGAは、親会社であるトヨタのクルマ作りの新思想である「TNGA」をもじったもので、「Daihatsu New Global Architecture」の略です。

2017年5月にフルモデルチェンジしたミライースに初採用すると思われていましたが、見送られていました。

そして、2019年7月にフルモデルチェンジしたタントに使用されています。

タント シャーシ 画像

ダイハツの軽トールワゴン『タント』と『タントカスタム』が新型にフルモデルチェンジします。 6月上旬に見積もり&先行予約を開始し、発売日...

DNGAでさらなる高剛性化や軽量化をはたし、走りの部分に大きく貢献。

確かなハンドリングやよく動くサスペンションで運転の楽しさが増すだけでなく、乗り心地や安全性能、そして燃費面にも寄与します。

乗り心地が良いと、自分が気持ちいいだけじゃなく、同乗者にも褒められちゃいそうですね。

それに、運転好きの方なら現行モデルとの違いをはっきり感じ取れるレベルとなるでしょう。このシャシーを使った新型タントの乗り心地も高評価を得ています。

ライバルのワゴンRも軽量・高剛性設計の新プラットフォーム「ハーテクト」を採用しています。

スズキ ハーテクト 画像

こちらも剛性を高め、軽量化も実現しています。

ワゴンRも剛性面では乗り心地が良いという評価。

ただ、サスペンションの面では新型タントの方がワゴンRよりも良い評価があり、悪い評価が少ないと感じますので、次期ムーヴにも期待が持てそうです!

新しいシャシーなどで値上がりも予想されるでしょう。

軽自動車の良いところは価格の安さにもありますから、なるべく出費は抑えたいところですよね。

そんな時におススメなのが、当サイトの読者様限定でお伝えしている「新車値引きの方法」です。

誰にでもできることなのですが、知らないと損をしてしまうかもしれません。

是非一度目を通してみてくださいね!

https://carmuse.jp/sinsya-nebiki

次期ムーヴ フルモデルチェンジ後の外装デザインを予想

次期ムーヴのデザインはキープコンセプト。

次期ムーヴカスタムはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアに似た迫力満点のワイルドフェイスになる

ご存知のとおり、ムーヴには標準タイプの「ムーヴ」と質感にこだわった「カスタム」があります。

▼現行ムーヴの外装

現行ムーヴのエクステリア(フロント)

現行ムーヴのエクステリア(リア)

現行車 ムーヴ 画像2

引用:instagram

現行車 ムーヴ 画像

引用:instagram

▼現行ムーヴカスタムの外装

現行ムーヴカスタムのエクステリア(フロント) 現行ムーヴカスタムのエクステリア(リア)

現行車 ムーヴ カスタム 画像

引用:instagram

現行車 ムーヴ カスタム 画像2

引用:instagram

次期型はムーヴ、ムーヴカスタムどちらもキープコンセプトとなるようです。

カスタムはラグジュアリー感もある意匠で、質感の高さを求めたい方にはピッタリでしょう。

小さいのにすごい!と思わせてくれますね。

SNSにアップされているのも、通常モデルよりカスタムの方が多いようです。

更に次期カスタムはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアに似た迫力満点のワイルドフェイスになる模様。

ますます自慢できる車になりそうですね。

▼現行アルファード

現行車 アルファード 画像

引用:instagram

▼現行ヴェルファイア

現行車 ヴェルファイア 画像

引用:instagram

ヘッドライトは現行よりも切れ長になり、フロントグリルやバンパーなどにメッキパーツを多様するでしょう。

標準タイプもイメージチェンジをおこない、カスタムとよりはっきりと差別化を図ると予想されます。

現在の人気ボディ色1位:ブライトシルバーメタリック
2位:パールホワイトIII
3位:ホワイト

ライバルのワゴンRを見てみましょう。

▼現行ワゴンR

現行車 ワゴンR 画像

引用:instagram

現行車 ワゴンR 画像4

引用:instagram

現行車 ワゴンR 画像3

引用:instagram

現行車 ワゴンR 画像5

引用:instagram

ワゴンRはノーマルとハイブリッド車、スティングレーがそれぞれ違うエクステリアになっています。

ワゴンR現行車のもう一つの特徴は、サイドから見た窓の形にもあります。

真ん中のピラーが太く見えるようなデザインになっていて、なかなかユニークですよね。

ただ、後部座席に座った時の視界が少し狭まるかもしれないので、後ろに大人も乗る場合はムーヴの方が圧迫感が無くていいかもしれませんね。

ボディサイズは現行とほぼ同じと予想します。

サイズ比較(㎜)
 全長全幅全高ホイールベース
現行ムーヴ3395147516302455
現行ムーヴ カスタム3395147516302455
現行ワゴンR3395147516502460
現行ワゴンRスティングレー339514751650

2460

次期ムーヴ フルモデルチェンジで内装はどう変わる?

次期ムーヴの内装には新鮮味を加え、ワゴンRに対抗!

次期ムーブの室内空間は、メーターはディスプレイに表示となるなど最新の要素も取り入れられるでしょう。

▼現行ムーヴの内装

現行ムーヴのインテリア(コックピット)現行ムーヴのインテリア(室内空間)

▼現行ムーヴカスタムの内装

現行ムーヴカスタムのインテリア(コックピット)現行ムーヴカスタムのインテリア(室内空間)

室内空間はワゴンRを研究し、広さやシートアレンジなどを工夫。快適性や使い勝手の良さで上回るよう開発しているはずです。

また、最新のダイハツコネクトというコネクティビティにも対応する予定です。

ダイハツコネクト 画像

例えば、携帯電話などをナビと繋いで、自分のスマホのアプリを大きな画面で利用することができるようになります。

専用のダイハツコネクトアプリをダウンロードすることでスマホなどで離れた場所から車の状況を確認するなど便利なサービスを受けられるようになります。

自分だけでなく、ご両親やパートナーが運転する場合、無事にドライブから帰ってきた、などと遠くから確認することもできるので、安心と安全を提供してくれそうです。

加えて、ダイハツWi-Fiアプリを利用すると、1GB/月のデータ容量(3年間)を無料でプレゼントしてくれるという特典付きです。

後部座席でお子様がタブレットで動画を観る、というシチュエーションも多いでしょう。

そんな時に通信料のの負担も軽くなりますね。

ダイハツコネクト 画像2

他には、電子式パーキングブレーキとオートブレーキ保持機能も搭載します。

電子式パーキングブレーキは力がほぼいらないので、引くタイプや足踏み式が難しいという方でも簡単にかけることができます。

現行MEMOダッシュボードから飛び出すようにカーナビの設置スペースを確保。8インチサイズのものも用意されています。カスタムはピアノブラックパネルやレザー調シート表皮で上質な仕上がり。カラーのマルチインフォメーションディスプレイも標準装備です。
ライバルのワゴンRはどうでしょうか。
▼現行ワゴンRの内装
現行車 ワゴンR 内装 画像
▼現行ワゴンRスティングレーの内装 現行車 ワゴンR スティングレー 内装 画像
ワゴンRの内装は、ノーマルはとてもシンプルで、現行ムーヴの方が新しく感じるほどです。
しかし、ワゴンRスティングレーに関してはまるでコックピットのような雰囲気で、コンパクトな車ながらも操縦している感じが楽しめそうですよね。
こういうところって個人的に大事だったりもします。
 
タントとタントカスタムでも、外装のように内装もこのくらいの差があっても良さそうですね。
 
選択肢があった時に、良いと思った方って高かったりするんですよね。
でも長く使う車ですから、なるべく諦めたくないとも思いませんか?
そういう時のために、今からできることがあります。
それは、「車の保険の見直し」です。
保険ってややこしくてディーラーさんにお任せ、という方も多いでしょう。
でも、実はそのままにしていると損した金額を払っているかもしれないんです。
この機会に一度見直してみませんか?あなたにぴったりの、損ナシの保険が簡単に探せますよ!

 

次期ムーヴ 最新バージョン「次世代スマートアシスト」を搭載!

▼次世代スマートアシストに追加「スマートパノラマパーキングアシスト」

現行モデルの衝突回避支援システムはスマートアシストⅢを搭載中。

従来版のⅡは、[レーザーレーダー+単眼カメラ]によって周囲の状況を検知していましたが、Ⅲでは「ステレオカメラ]を用いています。

一番の特徴は「歩行者」に対応したこと。従来は歩行者に対しては警報のみでしたが、作動車速約50km/hに対応しました。対車両に対しても従来の約50km/h以下から約80km/h以下に引き上げられています。

そして次期ムーヴには、さらに多くの機能を追加した”次世代版スマアシ”を採用します。

▼今の機能はこの5つ

  • 衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト

▼さらに新型ムーヴでは↓を追加

  • [NEW]レーンキープコントロール(LKC)
  • [NEW]スマートクルーズ(全車速追従機能付)
  • [NEW]アダプティブハイビーム
  • [NEW]スマートパノラマパーキングアシスト
  • [NEW]標識認識機能

スマートクルーズはいわゆるクルーズコントロールです。前を走る車に自動制御でついていってくれるのでロングドライブや渋滞時に重宝します。

スマートパノラマ・パーキングアシストも大注目。ほぼ自動で駐車をおこなってくれる機能です。いつまでたっても駐車が苦手!面倒!という人には嬉しい装備ですね。

また、サイド&カーテンエアバックを装着して車体側面に対する物理的な安全性を高めます。

ワゴンRの安全機能は「スズキセーフティーサポート」です。

車線逸脱警報は付ていても、レーンキープコントロールは付いていなかったり、新型ムーヴに追加で搭載される予定の機能は現行ワゴンRには付いていません。

▼現行ワゴンRに付いている安全装備

suzuki セーフティーサポート 画像

安全装備という点では次期ムーヴが一歩先を行きそうです!

次期ムーヴ フルモデルチェンジでもエンジンは改良に留まる!?実燃費はアップ!

現行モデルと同じKFエンジン(660cc)を改良して搭載すると予想します。

動力性能はNA、ターボともに据え置きとなりますが、改良により実用燃費を高め、ワゴンRの上を目指すでしょう。

現行ムーヴ/ムーヴカスタム エンジンスペック
エンジン直3直3ターボ
総排気量658 cc658㏄
最高出力(kW[PS]/rpm)38[52.0]/6800

47[64]/6400

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)60[6.1]/520092[9.4]/3200
駆動方式FF/4WD
トランスミッション3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
WLTCモード燃費
JC08モード燃費25.6-31.0㎞/L
使用燃料レギュラー

現行ワゴンR/ワゴンRスティングレー エンジンスペック
エンジン直3

直3+モーター

総排気量658cc
最高出力(kW[PS]/rpm)

38[52]/6500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)60[6.1]/4000
モーター フロント最高出力(kW[PS])2.3[3.1]
モーター フロント最大トルク(N・m[kgf・m])50[5.1]
モーター リヤ最高出力(kW[PS])40[54]
モーター リヤ最大トルク(N・m[kgf・m])121[12.3]
駆動方式FF/4WD
トランスミッションCVT/5MTCVT
WLTCモード燃費
JC08モード燃費23.4-26.8㎞/L30.4-33.4km/L
使用燃料レギュラー

次期ムーヴ フルモデルチェンジ後の価格予想

価格予想:121〜190万円

次期ムーヴの価格は、新開発シャシー搭載などにより、約10万円アップと予想します。

価格比較/予想
タイプ グレード駆動方式
2WD4WD
次期ムーヴ※予想121万円~133万円~
次期ムーヴカスタム※予想138万円~150万円~
標準     L1,112,400円1,236,600円
L“SA Ⅲ”1,177,200円1,301,400円
1,209,600円1,333,800円
X“SA Ⅲ”1,274,400円1,398,600円
X“リミテッド SA Ⅲ”
1,285,200円1,409,400円
Xターボ“SA Ⅲ”1,350,000円1,474,200円
カスタム
X1,371,600円1,495,800円
X“Limited SA Ⅲ”1,490,400円1,614,600円
X“リミテッドⅡ SA Ⅲ”
1,490,400円1,614,600円
RS“ハイパーSA Ⅲ”1,625,400円1,749,600円
RS“ハイパーリミテッド SA Ⅲ”1,625,400円1,749,600円
現行ワゴンR1,098,900円~1,222,100円~
現行ワゴンRハイブリッド車1,199,000円~1,322,200円~
現行ワゴンRスティングレー1,515,800円~1,639,000円~

ライバルの動向もチェック!

関連 N-WGN モデルチェンジ!8月9日発売するも早速不具合発生?!

関連 スズキ新型スペーシア/カスタム 2代目にフルモデルチェンジで一新。安全装備も大充実!

関連 新型タントのフルモデルチェンジ情報!2019年6月上旬に予約開始、超便利&安全に!

関連 日産デイズ新型を公開!2019年3月28日フルモデルチェンジ、価格や内装も判明!

関連 次期アルト・アルトワークスのフルモデルチェンジを予想!2019年発表!?

関連 次期ハスラーのフルモデルチェンジ予想!2019年内登場、新シャシーで進化

ムーヴキャンバスやミライース、ミラトコットなど、日本市場で戦うメーカーならではのクルマを投入し、好調な売れ行きを維持しているダイハツ。 ...

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る