日産 新型ノート 2020年夏フルモデルチェンジ予定!e-POWER進化で燃費UP

この記事をシェアする

次期ノート

e-POWERの先陣を切った日産・ノートがフルモデルチェンジに向けて開発を進行中。

注目ポイントは燃費性能の向上で、さらに進化したe-POWERを搭載します。

デザイン予想やライバル比較、3列シート&スライドドアの噂など、次期ノートについてたっぷりご紹介します。

次期ノートへのフルモデルチェンジは2020年

日産・ノートは5ドアハッチバックの人気コンパクトカー。現行は2012年に発売された2代目モデル(E12型)。2018年前半の登録車販売台数1位を獲得するなど、今まさにノリに乗っています。

好調の要因となっているのは、シリーズハイブリッドに分類されるe-POWER(イーパワー)モデルの存在。”モーターだけで走る”という触れ込みや実際の実力がユーザーに響いたのです。

当初は2019年秋にもフルモデルチェンジかと予想されていましたが、最新情報によると、次期ノートの発売時期は2020年夏とみられています。

2016年のマイチェンでe-POWERモデルを追加したこともあり、まだまだ新鮮な印象。その上トップの売れ行きとなれば急ぐ必要はありません。

次期ノートの外観はキープコンセプト

現行ノート

現行ノートの外観

デザインはキープコンセプトとなります。

日産の顔として浸透してきている「Vモーション」の最新版を反映。アグレッシブかつ上質なスタイリングになると思われます。

  • シャープな形状のLEDヘッドライト
  • ラジエターグリルの大型化
  • エッジの効いたボディプレスライン などを採用

使用プラットフォーム・ボディサイズ

Bプラットフォームがベースとなり、ボディサイズはほぼ現状維持。

全幅1700mm未満をキープし5ナンバーを継続します。最近3ナンバー化するコンパクトカーが多い(カローラシリーズ、シビック等)ですが、日本ではノートくらいのサイズが扱いやすいですよね。

ボディサイズはほぼ現状維持ですが、ラゲッジスペースは広くなり利便性が向上すると噂されています。

▼次期ノートの予想サイズ

全長×全幅×全高:4,150×1,695×1,525mm
ホイールベース:2,620mm

スライドドアをもつ3列シート仕様が設定される…?

という噂をチラホラ耳にします。

どこが出処なのか不明ですが、結論を言うと”ない”でしょう。

たしかに、トヨタ・シエンタやホンダ・フリードのようなスライドドアをもつ小型ミニバンがシェアを伸ばしており、日産にも期待したいのは山々です。

ですが、旋風を巻き起こしているノートのキャラチェンはご法度ですし、同じ車種でヒンジドアとスライドドアを両方用意するのも現実的ではありません。

その役割は来年にもフルモデルチェンジ予定のキューブが担います。

日産のコンパクトカー『キューブ』が2019年にもフルモデルチェンジをおこなう計画です。 2019年8月末、報道により2019年末にキュ...

e-POWERが進化!燃費はどこまで伸びる?

現行は1.2リッターのガソリン車とe-POWERを用意しています。

次期ノートも同じラインナップを継続。そしてもちろん主役となるのはe-POWER。

新開発の1200cc3気筒ユニットと性能向上を図るスーパーチャージャーにより、燃費と走りをさらに高めます。課題となっているエンジン始動時の静粛性も改善し、eペダルは運転のしやすさに磨きをかけます。

ちなみに、ノートe-POWERの現在の燃費は37.2 km/L(グレードS)。対するアクアは38.0 km/L(グレードL)と、僅かに負けています。

カタログ燃費に躍起になる時代ではなくなっていますが、それでもトップの座は狙いたいもの。40.0km/L台への突入に期待です。

先進の安全&快適装備をブラッシュアップ

プロパイロット2.0イメージ

”やっちゃえ NISSAN”の申し子?、自動運転技術「プロパイロット」の装備は間違いなし。

しかも、さらに進化を遂げた「プロパイロット2.0(仮名)」となる可能性大。今は高速道路の単一車線での自動運転ですが、複数車線に対応することでレーンチェンジを含む自動走行が可能になります。

安価なコンパクトカーなのでオプション設定となるでしょう。

また、新機能を盛り込んだ予防安全システムももちろん搭載します。

▼新型ノートに搭載される安全性能

  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェント ルームミラー 
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
  • ハイビームアシスト
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
  • インテリジェント DA(ふらつき警報)
  • 車両接近通報装置
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])

※車種やグレードによって搭載機能が異なります。またメーカーオプションの機能もあります。

自動車アセスメントの予防安全性能評価において最高評価を獲得

ノートは国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)の平成30年度の予防安全性能評価において最高評価となるASV+++を獲得しています。

平成30年度より、日本の交通事故の多くが夜間に発生していることから、新たな評価基準として、前方の歩行者に対する衝突被害軽減のブレーキの評価、夜間時の安全性能の評価、高機能前照灯の評価が追加、また近年多発している高齢者による事故の対策として、ペダル踏み間違い時の加速抑制装置の評価が追加されました。

ノートは新たな基準が設けられた予防安全性能の評価でもインテリジェントエマージェンシーブレーキ、ハイビーアシスト、前方歩行者検知機能付き踏み間違い衝突防止アシストを装着した車において122.3点(満点126点)という素晴らしい評価を得ています。

ノートは日産の主軸となるコンパクトカーでることから、安全性能においても妥協は許されないというところです。今後の動向に期待したいところです。

新型ノートの予想スペックまとめ

予想スペックをまとめます。

▼次期ノートの予想スペック

予想スペック
全長4,150mm
全幅1,695mm
全高1,525mm
ホイールベース2,620mm
車両重量1240kg
エンジン1.2L直3DOHC+モータ
総排気量
エンジン出力80ps/10,9kgm
モーター出力112ps/26,2kgm
駆動方式
トランスミッションFF or 4WD

次期ノート/ノートe-POWERの予想価格

  • ノート: 148~220万円
  • ノート e-POWER:195~275万円

【あわせて読みたい】

日産新型キューブ 2019年フルモデルチェンジか!スライドドアのコンパクトミニバンに

日産新型ジューク フルモデルチェンジは2019年!個性を磨いてe-POWERも搭載

【新型プリウス|画像で新旧比較】マイナーチェンジで外装一新、2018年12月17日発売

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る