ホンダ新型Nワゴン|2019年夏フルモデルチェンジでトコット似に大胆イメチェン!

この記事をシェアする

Nワゴン新型

ホンダの軽ハイトワゴン『N-WGN(Nワゴン)』が2018年夏にフルモデルチェンジすることが判明しました。

現行は競合のスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴと同様のコンセプトで、見た目も燃費も価格もうまく差別化できていない状況。

そこで新型Nワゴンは路線変更を図り、個性を際立たせる戦略に出ます。

新型Nワゴンはミニマルな外観デザインに

2代目となる新型Nワゴンは、ダイハツが昨年発売した新しい軽自動車「ミラ・トコット」に似たミニマルな装いに刷新されます。といっても、”パクった”わけでなく、トレンド(流行り)を追った結果でしょう。

ダイハツ・ミラトコット

ダイハツ・ミラトコット

フォルムはボックス調。フロントグリル&バンパーの装飾やボディサイドのキャラクターラインは最低限でプレーンな印象になります。ヘッドランプは輪っか状に灯るポジションランプでNボックスと統一。レトロな雰囲気と可愛らしさを生み出します。

また、現在は標準モデルとカスタム(押し出し感と質感を高めた仕様)を設定しています。フルモデルチェンジ後はこの構成ではなく、トコットの「アナザースタイルパッケージ」のように、テーマの異なるスタイルを3〜4つ設定するのかもしれません。例えば、キュート、クール、アクティブのような感じです。

ちなみに、キャラ被りが懸念されるN-ONEはモデルチェンジの計画がなく、今後の予定は白紙とのこと。次期Nワゴンに吸収される形で姿を消す可能性がありそうです。

パワーユニットは基本的にNボックスから踏襲

ボア60.0mm×ストローク77.6mmの燃焼効率に優れた新開発エンジンを採用。

NA(自然呼吸)はVTECが組み込まれ、過給機をもつターボ車には電動ウエストゲートが織り込まれます。

カーブをスムーズに走行できるよう、前輪ブレーキが制御されるAHA(アジャイル・ハンドリング・アシスト)の採用も注目。

高い走行安定性や静粛性が与えられます。

ホンダセンシングを標準装備

現在の予防安全性能は、シティーブレーキアクティブシステムやリアワイドカメラなど古いシステムのままです。次期型には、ホンダ車に続々標準化している安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載。一段と安全・快適なカーライフをアシストしてくれます。

新型Nボックスには軽自動車としてはとても充実した機能を盛り込んでいますが、次期Nワゴンも同等の機能が備わるでしょう。

ホンダセンシングの予想内容

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

後方誤発進抑制機能は、後方に人や物があるにもかかわらずアクセルを強く踏んでバックしようとした場合に急な後退を防ぐ機能。オートハイビームは、周囲の状況に合わせてハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

また、運転席用&助手席用i-SRSエアバッグやサイドカーテンエアバッグ〈前席/後席対応〉を装着して衝突時の安全にも最大限備えます。

近年、軽自動車の衝突安全性能が著しく向上しているとはいえ、やはり普通自動車に比べるといざというときの安全性は劣るものがあります。生活の足として運転する方や小さなお子さんを乗せる機会が多いだけに、ホンダセンシングが全タイプに装備されるのは心強いですね。

次期Nワゴンの予想価格

  • N-WGN:110~150万円
  • カスタム:140~180万円

大幅な値段上昇はないでしょう。

競合車の動向もチェック! 

ダイハツ次期ムーヴ/カスタム 2019フルモデルチェンジ情報!時期や外内装を予想

三菱 次期eKワゴン/eKカスタムを予想!2019年モデルチェンジでEVが登場

日産デイズ 新型情報!2019年春フルモデルチェンジ、プロパイロット搭載は?

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る