新型Nワゴンへ2019年7月末フルモデルチェンジ|6/6発表か|プレカタログ配布へ

この記事をシェアする

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定

Nワゴン新型

ホンダの軽ハイトワゴン『N-WGN(エヌワゴン)』が2019年7月末にフルモデルチェンジします。

現行は競合のスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴと同様のコンセプトで、見た目も燃費も価格もうまく差別化できていない状況。

そこで新型Nワゴンは路線変更を図り、個性を際立たせる戦略に出ます。

最新目撃画像や先行予約情報など詳しくお伝えします!

【NEW】6/6にプレカタログ配布か

発売に先駆け、6月6日に公式発表される見込みです。

それにあわせて、ティザーサイトを開設すると思われます。

また、店頭でプレカタログ(リーフレット)の配布も開始します。

新型Nワゴンのテスト車両を目撃!

都内の某PAで、カモフラージュされた2台のテスト車両が目撃されました。

フロント側が見えているのが新型Nワゴンの標準モデル。後ろ向きの方が押し出し感と質感を高めた仕様の新型Nワゴンカスタムです。

仲良く並んで高速道路での走行試験を行っていたのでしょう。

ダイハツ・ミラトコット

[参考]ダイハツ・ミラトコット

まずひと目みて気づくのがボックス調(直線的)なフォルムになっていること。

そして、ダイハツが昨年発売した新しい軽自動車「ミラ・トコット」に似たミニマルな装いです。”パクった”わけでなくトレンド(流行り)を追った結果でしょう。

リアランプは縦型でLEDが細く縁取るような形です。

標準モデルを別角度から。

ヘッドランプは輪っか状に灯るポジションランプを採用(写真では分かりづらいですが)。レトロな雰囲気と可愛らしさを生み出します。

また、フロントグリル&バンパーの装飾やボディサイドのキャラクターラインは最低限でプレーンな印象です。

ちなみに、キャラ被りが懸念されるN-ONEはモデルチェンジの計画がなく、今後の予定は白紙とのこと。次期Nワゴンに吸収される形で姿を消す可能性が高そうです。

こちらはカスタムのフロントマスクが確認できます。

シルバーのメッキグリルや開口部の大きいバンパーを装着。ヘッドライトも四角い形状だと思われます。

またカスタムには、ルーフスポイラーやサイドスカート、ドルフィンアンテナ、少し大きめのホイールを装着しているのが分かります(1枚目の画像を参照)。

流れるウィンカーことシーケンシャルターンランプもつきます。

ネットではワゴンRに似ているという意見が多く、私もそう思った一人。通常モデルのほうが売れそうな予感がしますね。

なお、ボディカラーはモノトーンと2トーンがあり、標準モデル/カスタムそれぞれの専用色も用意されます。

注目はN-VANで人気のガーデングリーン・メタリック。その他も判明したらお伝えします。

ボディサイズ予想

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1650mm
ホイールベース:2520mm

現状とほぼ一緒です。高さだけちょっぴり変わる見込み。

インテリアは質感&広さ&使い勝手がUP

N-BOXの3つのシート仕様 出典:ホンダ公式

フルモデルチェンジにより車内各所の質感が向上。角ばったボディへの刷新やエンジンレイアウトのさらなる見直しによって室内空間も広くなります。

また、N-BOXに採用している助手席スーパースライドシートを採用するという情報があります。前席と後席の組み合わせで多彩なシートアレンジができるベンチシート仕様と、趣味や介護等に便利なスロープ仕様も同じく設定するかもしれません。

しかし、そうなるとスライドドアを搭載し、室内空間最大化を売りとするN-BOXとの差別化が弱くなってしまうので、個人的には少し疑いをもっています。

Nワゴン新型にはテレスコピック

現在はハンドルの高さ上下を調整できるチルトステアリングをタイプ別設定しています。Nワゴン新型では前後の位置を調節できる「テレスコピックステアリング」が加わります。

ドライバーの体格や好みのシート位置にあわせて、さらに運転しやすいように設定できます。

ちなみに、最大のライバルとなる日産デイズ、三菱eKにはついていません。地味ですが意外と大きな差です。

イメージ

電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドを搭載します。

オートブレーキホールドは、停車時にブレーキペダルから足を離しても自動的に停車状態を保持してくれる機能。解除するときはアクセルを踏むだけ。

特にストップ&ゴーが多いときに役立ちます。

パワーユニットは基本的にNボックスから踏襲

ボア60.0mm×ストローク77.6mmの燃焼効率に優れた新開発エンジンを採用。

NA(自然呼吸)はVTECが組み込まれ、過給機をもつターボ車には電動ウエストゲートが織り込まれます。

エンジンスペックはNAが最高出力58ps/7300rpm、最大トルク6.6kgm/4800rpm。ターボは64ps/6000rpm、10.6kgm/2600rpm。燃費は不明ですが向上します。

ワゴンRなどが採用するマイルドハイブリッドは搭載しません。

カーブをスムーズに走行できるよう、前輪ブレーキが制御されるAHA(アジャイル・ハンドリング・アシスト)の採用も注目。

高い走行安定性や静粛性が与えられます。

ホンダセンシングを標準装備

現在の予防安全性能は、シティーブレーキアクティブシステムやリアワイドカメラなど古いシステムのままです。

次期型にはホンダ車に続々標準化している安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載。一段と安全・快適なカーライフをアシストしてくれます。

新型Nボックスには軽自動車としてはとても充実した機能を盛り込んでいますが、新型Nワゴンにも同等+αの機能が備わります。

ホンダセンシングの内容

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

後方誤発進抑制機能は、後方に人や物があるにもかかわらずアクセルを強く踏んでバックしようとした場合に急な後退を防ぐ機能。

オートハイビームは、周囲の状況に合わせてハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

また、運転席用&助手席用i-SRSエアバッグやサイドカーテンエアバッグ〈前席/後席対応〉を装着して衝突時の安全にも最大限備えます。

近年、軽自動車の衝突安全性能が著しく向上しているとはいえ、やはり普通自動車に比べるといざというときの安全性は劣るものがあります。生活の足として運転する方や小さなお子さんを乗せる機会が多いだけに、ホンダセンシングが全タイプに装備されるのは心強いですね。

フルモデルチェンジ後の予想価格

N-WGN:110~150万円
カスタム:140~180万円

大幅な値段上昇はないでしょう。

[参考]現行の基本グレード&価格 ※2WD(FF)
グレード標準カスタム
C109万円
G116万円138万円
G・Lパッケージ122万円145万円
G・ターボパッケージ132万円151万円

※4WD(四輪駆動)は+13万円

新型Nワゴンの発売スケジュール

2019年2月
従来モデルの生産終了(在庫なし)

2019年4月4日
今夏のフルモデルチェンジを発表

4月下旬〜5月中旬
ディーラーへの勉強会

—今ここ—

6月
ティザーサイト公開の噂
プレカタログ配布?
先行予約開始

7月末
正式発表・発売

<競合車の動向もチェック>

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」と「ムーヴカスタム」が2019年にフルモデルチェンジを予定。 新プラットフォームDNGAで大幅進化し...

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る