ホンダ・新型オデッセイのスクープ情報!2020年フルモデルチェンジか

この記事をシェアする

オデッセイのフルモデルチェンジ

昨年の大幅改良で新スタイルのエアロボディに変更したホンダ・オデッセイ。

専用サスペンションなどで差別化するアブソルートに人気が集中していたため、標準車も同じデザインになりました。

さて今回は、そんなオデッセイのフルモデルチェンジ情報をお届け!

次期型のニューデザインや注目のパワートレイン等を徹底予想しています。

オデッセイのフルモデルチェンジはいつ?

現行オデッセイは2013年11月にデビュー。

2017年11月のマイチェンでは、フェイスリフトやカラーラインナップ変更、安全装備の強化などをおこなっています。

オデッセイ・ABSOLUTE

現行オデッセイ・ABSOLUTE

そして、6代目となる次期オデッセイの発売時期は2020年が有力

2019年と予想するメディアもありますが、昨年末にマイチェンしたばかりなので、さすがに早すぎます。

ただ、2019年秋の東京モーターショーで市販モデルに近いプロトタイプが公開される可能性は十分考えられます。

新型オデッセイの外形デザイン[スクープは?]

現行モデルは先代型とくらべて全高を150mmアップ。低床フロアの採用もあり、ボックス系ミニバン並みの居住空間を得ました。

オデッセイといえばロールーフミニバンとしてのイメージが強いですが、最近はトヨタ・ウィッシュが廃盤となるなど背の低いミニバンは需要が少ないです。新型もハイルーフ寄りのスタイリングを維持することになります。

オデッセイ・先代(左)と現行(右)

先代(左)と現行(右)

そして新型オデッセイのデザインについてですが、残念ながら確度の高いスクープは入ってきていません。

予想としては、ソリッド・ウィング・フェイスを継承しながら、

  • さらに切れ長でシャープなヘッドライト
  • 大型化したメッキグリル
  • 躍動感を強めたボディ形状

を採用すると思われます。

北米仕様のオデッセイ

北米仕様のオデッセイ

実は北米市場でもオデッセイが活躍中。2017年にフルモデルチェンジ版が登場しています。

しかし、外形デザインは現行の日本仕様がベースになっている感じで、むしろ日本版のほうが今風でカッコいい印象です。

ただ、フロントバンパー内のエアインテークは、新型シビックやフィットのような大開口でアグレッシブな造形になっています。

新型オデッセイの室内デザイン予想

現行オデッセイのコックピット

現行のコックピット

現行のインパネまわり(上画像)は、華美ではなく落ち着いた印象。

横に翼を広げたようなデザインで、広く感じるように演出しています。

現行オデッセイのセカンドシート

現行のセカンドシート

多彩なシートアレンジもオデッセイの魅力。3列目席を床下に収納して、2列目席を後方までロングスライドすると広大なニースペースを確保できます。

ソファのような快適な乗り心地のプレミアムクレードルシートは高級感も抜群です。

北米仕様のコックピット

北米仕様のコックピット

そして新型についてですが、北米仕様(上画像)が参考になるかもしれません。

まず目に飛び込むのが、8インチの大型インフォテインメントディスプレイ。そのディスプレイを含む六角形のセンターパネルが先進的な雰囲気をつくっています。スイッチ類もそれぞれが大きくて操作しやすそう。

このまま次期オデッセイに導入しても違和感ないですね。

新型オデッセイのパワートレイン

北米仕様は3.5リッターV6エンジン(i-VTEC)を搭載しています。

次期モデルのガソリン車には、新型CR-Vが搭載する1.5リッターターボ、もしくは北米仕様のアコードに搭載の2リッターターボを用意すると予想。NAモデルと差別化した”走りのオデッセイRS”をラインナップして商品力を強化したいところです。

トランスミッションは、北米オデッセイに導入されたホンダ独自開発の9速AT or 10速ATが組み合わせられる可能性があります。CVTとおさらばするのでしょうか。

アコード(海外仕様)のVTECターボ

アコード(海外仕様)のVTECターボ

一方、ハイブリッドは新世代のSPORT HYBRID i-MMDを搭載する見通し。どこまで燃費がアップするかも見ものです。

また、現行のハイブリッド車はFF(2WD)のみですが、新型ではAWD(4WD)の設定に期待。CR-Vにも用意していますし可能性は高そうです。ホンダにとっても一つのアピールポイントになるはず!

ちなみにPHEV(プラグインハイブリッド)投入の噂も。まだまだカオスな状態です。

次世代ホンダセンシングを搭載。自動運転は?

安全運転支援システム「Honda SENSING」の最新版を標準装備します。

注目は半自動運転。現在は高速道路同一車線上での自動追従走行(ACC)ですが、車線変更サポートが追加される見込みです。長距離ドライブの頻度が多くなりがちなミニバンだけに、フルモデルチェンジのタイミングでなんとか実装したいところ。

白線や他車の認識、アクセル・ブレーキ・ステアリングの制御など、一気に高度な技術が求められます。安全システムでは他メーカーに後塵を拝しているホンダだけに頑張ってほしいですね。

ライバル競合の動向

トヨタのアル・ヴェル兄弟、日産エルグランドなどが競合車となりますが、最も車格が近いライバルはトヨタ・エスティマでしょう。

現行エスティマは延命処置で12年選手となっていますが、オデッセイと同じ2020年にフルモデルチェンジを予定。FCV(燃料電池自動車)モデルが予想されるなど、久しぶりの全面改良の鬱憤をはらす大刷新となりそうです。

オデッセイとともに今後の動向に要注目です。

関連 トヨタ次期エスティマ情報!2020年フルモデルチェンジでFCVに?他デザイン予想など

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る