トヨタ・新型RAV4が2019年春に日本復活!外内装画像、サイズ、価格など

この記事をシェアする

新型RAV4

トヨタは2018年3月28日に開幕したニューヨークモーターショーで、5代目となる新型RAV4(ラブフォー)を世界初公開しました。

国内では2016年夏、C-HRに吸収される形で廃止となっていますが、2019年春に再び発売される予定です。

本記事では、新型RAV4のデザインやサイズ、搭載エンジン、価格などを、画像や動画をたくさんご紹介しながら解説していきます!

【新着情報】NYモーターショーで新型RAV4を世界初公開

世界的なSUVブームが続くなか、「スバル・XV」「ホンダ・CR-V」「日産・エクストレイル」といったアクティブ派クロスオーバーの対抗馬として再び名乗りをあげました。

ニューヨークモーターショーで世界初公開された新型RAV4

デザインコンセプトは「Adventure&Refined」です。

「ワクドキ感」を高めるオフロード性能や多用途ユース(Adventure)を想起するデザインを重視する一方で、都市部でのシーンにも似合う洗練さ(Refined)を併せ持つスタイリングを実現しました。

RAV4と同じく海外専売モデルのトヨタ・4ランナーに似た顔つき。ラギットな印象になりましたね〜。ボディサイズも余裕があってC-HRよりも積載性◎

また、エクステリアとインテリアが異なる3つのタイプを用意しています(後ほど詳しく!)

RAV4の歴史を30秒でご紹介[知ってる人はとばしてね]

RAV4(ラヴフォー)は1994年に登場したクロスオーバーSUV。元SMAPのキムタクがイメージキャラクターだった後押しもあり一躍大ヒットとなりました。

今でこそマーケットの中心となっている”クロスオーバーSUV”ですが、その先駆けこそがRAV4で、その人気に触発されて日産「エクストレイル」やスバル「フォレスター」などが開発されたといわれています。

初代RAV4

初代RAV4

初代モデルは、5ナンバーサイズにおさまるコンパクトさが売りでしたが、アメリカ市場の要望によりモデルチェンジの度にサイズを拡大。2代目以降は3ナンバーサイズになりました。

海外需要があることは喜ばしいですが、体の大きい海外ユーザーに合わせていったため、日本では中途半端な存在になってしまった印象です。

現行RAV4

4代目(海外専売)

2013年に4代目にフルモデルチェンジしたものの、日本には導入されず海外専売に。国内では3代目が2016年まで延命され、C-HRにその役目を受け継ぐ形で姿を消しました。

現在は北米、欧州、南米など世界各国へと展開。2015年の改良では、フロントフェイスにトヨタの統一デザイン「キーンルック」を採用するとともにハイブリッド車を追加設定。最重要グローバル車種として活躍しています。

そして、お伝えしているとおり全面改良で5代目に移行。国内復活を果たします!

新型RAV4の外装

新型RAV4の外装 新型RAV4のヘッドライト

外装の特徴

・オクタゴン(八角形)モチーフを取り入れ、タフさと先進性を演出

・鋭く切れ上がったLEDヘッドライト

・フロント&リヤオーバーハング短縮で見た目と走破性UP

・最低地上高が高く、SUVらしいスタイリング

・ブラックアウトしたボディ下部やホイールアーチで力強さを強調

・台形型が印象的なフロント上下グリル&リアビュー

・19インチタイヤ&ホイールを装着

・ツートンルーフを採用

ボディサイズ

ボディサイズ比較 単位:mm
車名 全長 全幅 全高 ホイールベース
5代目(新型) 4595 1855 1700 2690
4代目(海外専売) 4570 1845 1545 2660
3代目(国内最終) 4335 1815 1685 2560
[参考]C-HR 4360 1795 1550 2640

国内最終の3代目やC-HRと比較すると一回り大きくなっています。全幅1855mmとなると狭い道での取り回しに苦労するケースが多そう。

全長はそこそこに抑えられています。これだと、2列シート5人乗り仕様のみで、3列シート6〜7人乗りは設定されないでしょう。

全体のサイズ感としてはハリアーと近くなりますが、高級・ラグジュアリーとアウトドア寄りで路線が違うので、カニバリゼーション(共喰い)を起こすことはないでしょう。

コンセプト「FT-AC」がベース

コンセプト「FT-AC」

コンセプト「FT-AC」

昨年末のロサンゼルスオートショーで出展されたコンセプトカー「Future Toyota Adventure Concept(FT-AC)」が新型RAV4のベースモデルです。

FT-ACは、キャンプやマウンテンバイクなどの本格アウトドアを楽しむ人をターゲットとし、アクティブな休日の過ごし方を提案するデザインコンセプトとして企画。ワイルドな前後左右バンパーやオフロード感満載の足回り、機能的なルーフラックなどアウトドアユースをばっちり体現していて、新型RAV4とかなり近いことが分かります。

ちなみにコンセプト発表時、「市販モデルの日本導入はない」とトヨタの関係者が言っていたようです。うれしい方に裏切られましたが、建前だったのか考えを改めたのかは謎です…。

新世代の設計思想「TNGA」を採用

TNGAイメージ

TNGAとは、「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の略。”もっといいクルマづくり”を実現するためにトヨタが新たに掲げた設計思想でのことで、新型RAV4にも取り入れられます。

具体的には、新プラットフォームを基幹として、性能の飛躍的向上とコスト削減を同時に実現することができ、プリウスをはじめ様々なトヨタの新型モデルに導入されています。

※新型RAV4はカムリと同じ「TNGA-Kプラットフォーム」を使用。

新型RAV4の内装

新型RAV4のインパネまわり 新型RAV4のステアリング

内装の特徴

・水平基調のインパネや幅広のセンターコンソールで本格SUVを想起

・SUVらしい硬質な素材と肌触りの良いソフトパッドでメリハリのある構成

・外装と同じく多角形モチーフを随所に採用し、統一感と遊び心を演出

・6:4分割可倒式リヤシートやクラストップのラゲージスペースで使い勝手◎

・デジタルインナーミラーや大きなリヤクオーターガラス採用で視認性を向上

エンジンラインナップ&燃費

2.5L直4直噴-Dynamic Force Engine-

2.5L直4直噴-Dynamic Force Engine-

ガソリン車とハイブリッド車を設定します。

  • 2.5リッター直列4気筒直噴エンジン
  • 2.5リッターハイブリッドシステム(THSⅡ)

トランスミッションは「Direct Shift-8AT」(8速オートマ)

ガソリン車の上級グレードには、新開発の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をトヨタ初採用。2WD走行時の燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載します。

ハイブリッド車には電気式4WDシステム「E-Four」の新型をトヨタ車で初採用(最大トルク従来比1.3倍)。

予想燃費はガソリン車が18.5km/L。ハイブリッド車が26.0km/L。

外内装が異なる3つのタイプを設定。それぞれの特徴や違いは

Adventureグレード

新型RAV4(Adventureグレード)

アドベンチャーは、専用のグリルやルーフレール、樹脂製フェンダーエクステンションを装備してアウトドア色を強調。

Limitedグレード

新型RAV4(Limitedグレード)

リミテッドはクロームをアクセントにあしらった上位グレード。

XSE Hybridグレード

新型RAV4(XSE Hybridグレード)

XSEハイブリッド、はハイブリッド専用グレード。基本的な造形はリミテッドと同じです。

ただ、フェンダーアーチやフロントエンドなどにピアノブラックを採用するなど、スポーティーな印象を強めています。

予防安全パッケージを全車に標準装備

第2世代の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。

より高度な最新システムが盛り込まれています。

▼主要安全システム一覧

セーフティセンスのイメージ

プリクラッシュセーフティ
-車両、歩行者(昼間・夜間)、自転車(昼間)を検知して衝突回避・被害軽減を支援

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
-前方車両に追従走行して長距離ドライブをサポート

レーントレーシングアシスト(LTA)
-レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作を支援

レーンディパーチャーアラート(LDA)
-車線逸脱時に警告音で知らせる。ステアリング制御機能付き

オートマチックハイビーム(AHB)
-ロービーム/ハイビーム自動切り替えで夜間の前方視界を見やすく

ロードサインアシスト(RSA)
-道路標識をMIディスプレイに表示して見落としを減らす

新型RAV4の予想価格

  • アドベンチャー:290万円〜
  • リミテッド:325万円〜
  • XSEハイブリッド:330万円〜

【こちらの記事も人気です】

ランクル300 新型・最新予想!2019年発表?スパイショットや燃費は

トヨタ『Tjクルーザー』特集!FJクルーザー後継のSUVバン 市販発売日や価格は?

日産新型ジューク フルモデルチェンジは2019年!個性を磨いてe-POWERも搭載

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る