【随時更新】新型RAV4の納期|予約状況や今契約した場合の納車時期は?

この記事をシェアする

新型RAV4の納期

トヨタの新型ミッドサイズSUV『RAV4(ラヴフォー)』が4月10日にデビューします。

3月から予約受注を開始していますが、かなりの大盛況!そこで気になるのは新型RAV4の納期です。

ということで、予約/契約した人の実際の納車時期を徹底調査しました。もちろん、今から契約した場合の納期の最新情報もビシッとお伝えします!!

※随時更新中※

まずは発売スケジュールをおさらい

2019年2月
先行予約開始
※順番取りの”予約の予約”みたいなもの。早いところだと1月中旬からはじめてる。

2月末
ディーラー営業勉強会

3月1日
先行オーダー開始
※販売店によって多少前後。正式には3月9日と言われていた。
※価格や装備判明

—今ここ—

4月10日
正式発表・発売
※ディーラーオプション詳細分かる
※カタログもこの日から貰える

4月10~13日
店頭展示車の入庫(予想)

4月20、21日
店頭発表会(予想)

4月27、28日
試乗会開催(予想)

MEMO3月からの受注はカローラ店とネッツ店で開始。東京では4月1日から全店扱いとなります。

新型RAV4の納期に関する最新情報

実際に契約した人の納車時期を調べてみた!

契約日:2月28日
グレード:HYBRID G
納期:4月下旬。4月21日の店頭発表会に間に合うかも。
契約日:不明(埼玉の某ディーラーで1番目)
グレード:HYBRID X
カラー:ホワイトパールクリスタルシャイン
MOP:インテリジェントクリアランスソナー、バックカメラ、置くだけ充電、サイドバイザー、フロアマット、ラゲージトレイ、LEDフォグ等
DOP:プレミアムコーティンング、ナビ等
納期:早ければGW前、遅くも5月中
契約日:3月1日(契約店舗で第1号)
グレード:HYBRID G
納期:5月末か6月頭
契約日:3月1日
グレード:アドベンチャー(ガソリン車)
カラー:センシュアルレッドマイカ
MOP:パーキングサポートブレーキ&ブラインドスポットモニター、シートベンチレーション&ステアリングヒーター(寒冷地仕様)等
DOP:ナビ、ETC2.0、フロアマット
納期:5月19日予定
契約日:3月2日
グレード:HYBRID G
カラー:ホワイトパールクリスタルシャイン
MOP:パノラマムーンルーフ、キックバックドア、スペアタイヤ、置くだけ充電
納期:割り当て次第では4月末にも
契約日:3月10日(愛知県)
納期:7月
契約日:3月10日(大阪府)
納期:6月中旬(ガソリン車は5月中)
契約日:3月28日
グレード:ハイブリッドG
納期:7月以降(6月納車分は全て埋まった)

フライング気味の人を含めて、速攻で契約した人は4月中の納車もありそう。3月10日になると早くも6〜7月に突入しています。

ちなみに、納期は都道府県(地域)やそれぞれの販社の割当て台数によって異なってきます。また、契約するグレードやカラー、オプション等によっても前後します。

なので、同じ日にオーダーしても納車時期に結構差が出ることがあるんです。

今から契約したら納期はいつになるの?

最新情報では「3月28日契約で7月以降」となっています。全国的にみてもそのあたりが平均値でしょう。

3月30日、31日の土日でさらにディーラーに足を運ぶ人が増えるでしょうから、4月〜のオーダーだと8月以降の納車になりそうです。

今から契約する場合の納期予測:3〜5ヶ月

ただ、最近のトヨタの新車販売の傾向として、発売後、予想を上回る売れ行きとなり、納車まで半年待ちとなることも多いです。

新型RAV4は早くも価格.comの自動車カテゴリーで1位になったり、SNSで高評価のコメントが多かったりと注目度がとても高いので、4月10日の発売後となれば6ヶ月以上待ちとなる可能性も考えられます。

ちなみに、愛知県の販売店では3月10日時点で600台弱の予約が入ったとのこと。

ジムニーの気の遠くなるような納期とはならないと思いますが、フィーバーしているのは間違いありません。

新型RAV4の納期を早くするためのポイント

人気グレードを避ける

いきなり元も子もない話でゴメンナサイ笑。でも一応書きますね。

現時点でガソリン車とハイブリッド車の販売比率は半々くらいとのこと。

ガソリン車はアドベンチャーがダントツ人気で生産比率も少ないので、納期が遅くなる傾向にあります。

ハイブリッドはバッテリーの生産が追いついておらず遅れ気味という情報あり。さらに上位グレードの「ハイブリッドG」のほうが売れているようです。

つまり、ガソリン車はアドベンチャー以外、ハイブリッドはHYBRID Xを狙うということです。

ただ、販売店やカラー&装備、契約時期によって変動する可能性が大いにあるのであくまで参考程度として下さい。ディーラーに確認するのが確実です。

ディーラーオプションは車両注文後にゆっくり検討

車を購入する際にもっとも悩むのはオプションやアクセサリー類ではないでしょうか。

それを考えているときが実は一番楽しかったりするのですが、契約が遅くなればなるほど当然、納期も長くなります。

そんな時は、どこまで最低限の内容で注文できるか販売店に聞くのをおすすめします。

特にディーラーオプションはカタログ配布開始する4/10以降に追加可能です。(絶対とは言えないので確認して下さいね)

メーカーオプションも少し猶予をもたせてくれる場合があります。(先行予約の早い段階だと)

後から追加することで納車の順番が後回しにならないかも合わせて確認しておきましょう。

オプションを選ばすに各販売店の初期配車を狙う

オプションを選ばなければ4月前半に納車できると言われた方もいます。

おそらくこれは各ディーラーに最初に割当られる車両で、展示車or試乗車枠で多めに発注したものだと思います。

とある販社では、4月から生産開始しているのは試乗車や展示車が主で、ユーザー向けの生産は5月からとアナウンスしているようです。(地域によって違うのかも)

これを聞くと、GW明け〜が一般的な最短納期なのでしょう。

話を戻しますが、ボディ色やオプションに拘らなければ発売後に即ゲットできるケースもあるということです。少しでも早く!という方は、そうした車両を探してみるのも手です。

<新型RAV4の関連情報>

トヨタがNYモーターショー2018で世界初公開した5代目新型RAV4(ラブフォー)が、2019年4月10日に日本発売されます。 本記事...
国内リリースに向けていよいよカウントダウンに入ったトヨタ新型RAV4。個人的に2019年注目の新型車ベスト3に入るモデルです(他はアクセ...
久しぶりに復活する新型RAV4が2019年4月10日に発売される予定です。 すでに先行受注を開始しており、ネットでも契約の報告が多数み...

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る