次期ロールスロイス ゴースト2020年フルモデルチェンジ!?スクープ画像,現行と比較

この記事をシェアする

ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジ 表紙

ロールスロイスの「ゴースト」がフルモデルチェンジするとの情報が入ってきました。

ロールスロイス ゴーストといえば、クリスティアーノ・ロナウドやパリスヒルトンが所有しているということでも知られている、高級外車です。

2009年の登場以来、約10年ぶりのフルモデルチェンジでゴーストはどのように進化するのでしょうか。

変更点を最新情報と予想を交えてお伝えします!

ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジの時期はいつ?

ロールスロイス ゴーストのフルモデルチェンジは2020年が濃厚

ロールスロイス ゴーストの次期型へのフルモデルチェンジは、2020年が濃厚です。

現時点では、カモフラージュはされていますが、内装を含めスパイショットが数多く撮られています。

そのことからも、次期型の全容が明らかになる日はそう遠くないと思われます。

新型ロールスロイス ゴーストは、2020年にはそのヴェールを脱ぎ、早ければ2020年内に2021年モデルとして発表されるでしょう。

ロールスロイス全体の2019年1~9月の世界販売台数は、2018年より42%も増加しています。

日本での2019年1~9月の販売台数は168台と、こちらも2018年同期比で11.3%増加。

ゴーストだけでなく、各モデルの売れ行きが高まっていることが起因しているそうです。

新型ゴーストの発売で、更にその需要は高まるでしょう!

 2019年1-9月販売台数前年同期比
世界3777台42%
日本168台11.3%

次期ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジでのエクステリアの変更点は?

▼次期型ロールスロイス ゴースト スパイショット

ロールスロイス ゴースト スパイショット2

ロールスロイス スパイショット 

ロールスロイス ゴースト スパイショット 3

次期型ロールスロイス ゴーストは、現行車と同様、大きなパルテノングリルが採用されます。

所作が美しく見えるということで伝統的に取り入れられている観音開きのコーチドアも引き継がれます。

MEMO

コーチという名前はかつての「馬車」が由来だそうです。

また、初めてサスペンション付きで4頭引きの4輪大型乗り合い馬車が走ったのがハンガリーの「コチ(コークス、Kocs)」という地名から来ているということ。

うしろから前に向かって開くドアだと、脚をぐっと上げないとドアに靴がぶつかってしまうこともよくありますが、それだとスカートや着物の方などは特に大変ですよね。

さすが、後部座席に乗る方に最適化されている車という声もあるのがわかる作りです。

▼現行ロールスロイス ゴースト

現行車ロールスロイス ゴースト 画像

引用:instagram

現行車ロールスロイス ゴースト 画像2

引用:instagram

ヘッドライトは細身になり、ロールスロイス ファントムのライトのデザインに近い物になるでしょう。

ファントムのヘッドライトが好きという方もいるので、そういった声が反映されるのかもしれませんね。

▼次期型ロールスロイス ゴースト スパイショット

ロールスロイス ゴースト スパイショット4

▼現行ロールスロイス ファントム

現行車ロールスロイス ファントム 画像

引用:instagram

ルーフラインがトランクルームに向かってより滑らかなシルエットになっているようにも見えます。

ロールスロイスの中で最高の動力性能を持つレイスのリヤにも似た印象で、ロールスロイス ゴーストもパワーアップしスポーティになるということが表現されているのかもしれませんね。

▼次期型ロールスロイス ゴースト スパイショット

ロールスロイス ゴースト スパイショット5

▼現行ロールスロイス ゴースト

現行車ロールスロイス ゴースト 画像3

引用:instagram

ロールスロイス ゴースト スパイショット6

▼現行ロールスロイス ゴースト

現行車ロールスロイス ゴースト 画像4

引用:instagram

▼現行ロールスロイス レイス

現行車ロールスロイスレイス 画像

引用:instagram

テールライトは丸いランプは見えつつも、カモフラージュで厚く覆われており、どのような形になるのかはまだわかりません。

現行車ロールスロイス ゴースト、ファントム、レイスは同じようなデザインのテールライトを持っており、もしその意匠が変われば、新しいロールスロイスの始まりとも感じられるかもしれませんね!

ロールスロイス ゴースト スパイショット7

ロールスロイス ⑤ スパイショット8

参考:現行車サイズ(㎜)
 全長全幅全高ホイールベース
ロールスロイス ゴースト5465195015503295
ロールスロイス ファントム5770202016453550
ロールスロイス カリナン5340200018353295
ロールスロイス レイス5280194515053110

*諸元は、標準仕様車による国土交通省申請数値に基づくもので、メーカー発表値とは異なる場合があります。

ロールスロイスとはいかなくても、新型車を狙っているあなたにおすすめなのは、「車の値引きの技」です。

誰にでも試せますが、知らないと損してしまうかもしれない、そんな方法をこのサイトの読者様にお伝えしています。

詳しくはこちらをどうぞ。

https://carmuse.jp/sinsya-nebiki

次期ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジでプラットフォームにも変更点あり?

次期型ロールスロイス ゴーストはアルミニウム製スペースフレームを採用

アーキテクチャ オブラグジュアリー 画像

引用:instagram

次期型ロールスロイス ゴーストは、プラットフォームにも変更があるようです。

ファントムやカリナンがアルミス製ペースフレームなのに対し、ロールスロイス ゴーストの現行車はスチール製のモノコック構造です。 

それを、新型ではSUVモデルであるカリナンと同じアルミ製スペースフレーム構造のプラットフォームに変更するとのことです。

アルミは複雑な成形もしやすく、溶接を減らし強度を上げることができます。

また、軽量化も図れるため、走行性能や燃費の向上にも寄与するでしょう。

次期ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジでインテリアはどうなる?

▼次期ロールスロイス ゴースト 内装スパイショット

ロールスロイス ゴースト スパイショット 9

次期ロールスロイス ゴーストで注目されている点に、インテリアがあります。

新型ロールスロイス ゴーストのスパイショットでは、横3連の円形メーターが備えられているのがわかります。

これは現行を引き継いでいるようにも思えますが、針などが見えないことから、次期型ではデジタル表示になるのではと予想します。

中央部には大きな画面のインフォテイメントスクリーンが配置され、その横にはアナログの時計が見受けられます。

「車内で聞こえる最大の音がこのアナログ時計の針が時を刻む音である」という、静粛性の象徴でもあるのがこの時計です。

メーターやエアコンの吹き出し口ともデザインがマッチしていますし、高級なインテリアにアナログの針が映えそうですね。

センタースタックはすっきりとした印象となっています。

インフォテイメントスクリーンはタッチ式になるのか、ダイヤルでの操作が必要なのかはまだ明らかになっていません。

いずれにせよ、個人的にはタッチ以外にエアコンを操作できるシステムが付いていると操作しやすいな、と思います。

▼現行ロールスロイス ゴースト 内装

現行車ロールスロイス ゴースト 画像5

改めて、現行車の年代を感じさせないインテリアには感服します。

新型も、長く乗っても廃れない内装になることは間違いないでしょう。

次期ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジでエンジンに変更点はある?

▼現行ロールスロイス ゴースト エンジン

現行車ロールスロイス ゴースト 画像6

ロールスロイス ゴーストのフルモデルチェンジではエンジンにも変更があると見られます。

新型のエンジンにはBMW M760Liに搭載されている6.6L V12ツインターボエンジンが搭載されるというのが有力です。

その6.6LV12エンジンは最高出力はBMW M760Liで609ps、最大トルクは850Nmを発揮しています。

▼現行BMW760Li アウトバーンでの走行動画

さすが、BMWですね。

そんなにスピードを出しているとは思えないほどの、滑らかな走りです。

こんなでお迎えに行けたら、一緒に乗ったパートナーにも絶対に恥ずかしくない、むしろ誇らしいでしょうね。

この6.6Lエンジンもしくは、現行ファントムと同様の、6.75Lのツインターボとなるという噂もあります。

6.75Lのエンジンであれば、ファントムで最高出力571ps、最大トルク900Nmという値になっています。ファントムよりも車両重量の軽いゴーストであれば、同じエンジンでもファントム以上の走行性能を発揮できるでしょう。

いずれにせよ、現行ロールスロイス ゴーストの最高出力570ps、最大トルク820Nmを超えることはほぼ間違いないと思います。

プラグインハイブリッドも登場する可能性も高いですが、ガソリン車よりも遅れての登場となるでしょう。

また、4WDの登場の噂もあり、そうなれば今まで諦めていた地域でも乗ることが可能になるかもしれませんね。

現行ロールスロイス ゴースト エンジンスペック
エンジン6.6L V12
総排気量6591cc
最高出力(kW[PS]/rpm)420[570]/5000 
最大トルク(N・m/rpm)820/1600-4750
駆動方式FR
トランスミッション8AT
最高速度250 km/h

現行ロールスロイス ファントム エンジンスペック
エンジン6.75L V12
総排気量6748cc
最高出力(kW[PS]/rpm)420[571]/5000
最大トルク(N・m/rpm)900/1700-4000
駆動方式FR
トランスミッション8AT
最高速度250 km/h

 現行ロールスロイス カリナン エンジンスペック
エンジン6.75L V12
総排気量6748cc
最高出力(kW[PS]/rpm)420[571]/5000
最大トルク(N・m/rpm)850/1600-4250
駆動方式FR
トランスミッション8AT
最高速度250 km/h

現行ロールスロイス レイス エンジンスペック
エンジン6.6L V12
総排気量6591cc
最高出力(kW[PS]/rpm)465[632]/5600 
最大トルク(N・m/rpm)820/1600-5000
駆動方式FR
トランスミッション8AT
最高速度250 km/h

*諸元は、標準仕様車による国土交通省申請数値に基づくもので、メーカー発表値とは異なる場合があります。

次期ロールスロイス ゴースト フルモデルチェンジ後の価格は?

次期型の価格に関しては、まだ明らかになっていません。

しかし、改良やゴースト以外のフルモデルチェンジ時の価格変動を見てみると、新型ゴーストは現行車に比べて100~300万円値上がりする可能性もあるでしょう。

価格比較
次期ロールスロイス ゴースト(予想)約3,650万円~
現行ロールスロイス ゴースト34,740,000円~
現行ロールスロイス ファントム55,700,000円~
現行ロールスロイス カリナン39,200,000円~
現行ロールスロイス レイス37,110,000円~

【おススメ記事】

超高級車といえば、こちらもどうぞ

関連 【芸能人・有名人】超高級車マイバッハの所有者まとめ!

関連 トヨタ新型センチュリー徹底解剖!2018年6月発売 20年ぶりフルモデルチェンジの内容とは

ロールスロイスの製造販売を担うBMWの新車情報はこちら

関連 BMW4シリーズ クーペ2020年フルモデルチェンジ!?スクープ画像,Cクラスと比較も

関連 新モデルBMW M2 CS登場!!発売時期や価格を徹底予想!!

関連 新型BMW M3が2020年フルモデルチェンジ!スクープ画像,M Sportと比較も

関連 【BMW新型iX3最新情報】(画像あり)イノベーターに捧ぐ。BMWが放つ次世代ピュアEVがここに

関連 BMW M5マイナーチェンジは2020年!?スクープ画像/ベンツAMGと比較も!

関連 BMWの新型&モデルチェンジ発売予定【2019-2020】

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る