トヨタ 新型ラッシュが2019年11月に復活!ヒット間違いなしの小型クロスオーバー!

この記事をシェアする

トヨタ新型ラッシュ

トヨタの小型SUV『ラッシュ』が2019年11月に復活予定。

先代モデルと同じくダイハツからOEM供給をうけます。

ベースとなるコンセプトカーの評判は上々。

新開発マイルドハイブリッドの採用などパワートレインも注目です。

新型ラッシュの全容をとくとご覧あれ!

トヨタ新型ラッシュが2019年11月に復活!

トヨタ・ラッシュ(Rush)はキャミの後継車として2006年に登場したスモールSUV。

ダイハツが開発・生産を担当し、ビーゴのOEM車として提供をうけていたモデルです。

2016年までの約10年間販売していました。

先代ラッシュ

先代モデル

そして今回もダイハツの力を借りてラッシュが復活!

クロスビーやジムニーシエラなど、昨今人気となっているAセグメント・クロスオーバー市場に打って出ます。

東京モーターショー2017で公開したコンセプト「DN TREC(ディーエヌ トレック)」がスタディモデル。

2019年10月の東京モーターショーで先行発表され、11月から販売が開始される予定よなっています。

ダイハツ側のブランドネームはDNトレックでほぼ決まりと思われますが、トヨタ側(開発コードネームはA-SUV)のブランド名は明らかとなっていますせん。

先行予約は10月下旬を予定していますので、いよいよ具体的な情報が明らかとなってきました。

新型ラッシュの外形デザイン

新型ラッシュの外装

DN TRECのデザインがベースになります。

先代に似た丸っこいフォルムで親しみやすさがあります。

左右のヘッドライトをガーニッシュで結ぶことでワイド感を演出。

大きなエアインテークやスキッドプレート付きのバンパーで、SUVならではの逞しさや踏ん張り感を表現しています。

リアもコンビランプやマフラーを左右連結するスタイルで統一。

輸入車っぽくてフロントマスク以上に好みかも。

幅のある樹脂製フェンダーアーチモールと風車形状のアルミホイールもマッチしています。

新型ラッシュの室内デザイン

新型ラッシュの内装

上の画像はコンセプトの車内。

SUVといえば水平基調のインパネまわりなど、実用的で無骨な印象が強いですが、こちらはとても未来感のあるデザインです。

ヘキサゴン(六角形)をモチーフにしていて、メーターパネルやセンタークラスター、シートの模様にまで取り入れています。

シルバー×レッドのカラーリングやナビ&マルチインフォメーションディスプレイも先進性を助長していますね。

量販型のベースとなるでしょう。

取り回しのいい大きさ

ボディサイズの情報は明らかになっています。

▼ボディサイズ
全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm

コンセプトとほぼ同じ大きさになります。

全長4メートル以下で車幅も5ナンバーサイズ。C-HRより一回りコンパクトです。

狭い道や小さな駐車場でも運転しやすいです。

日本の道路事情だとこのくらいが気軽でいいですよね。

▼ライバル車「クロスビー」ボディサイズ
全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm

恐らくライバルとなるであろうクロスビーと比較すると、全長がDNトレックの方が長くなっていますが、全高が低くなっていることがわかります。

クロスビー、ジムニーシエラ等が競合車となると思われますが、デザイン性やシートアレンジなどの空間効率などにも注目が集まる事でしょう。

マイルドハイブリッドと小排気量ターボを用意

プロトタイプでは1.2Lのマイルドハイブリッドが搭載されていましたが

エンジンについてはプロトタイプとは違い新開発の排気量1.0L 直列3気筒ターボガソリンエンジンが搭載される見込みです。

排気量は小さいですが、過給機付きなので高速域でも多人数乗車でも余裕があります。

駆動方式は前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)の2種類、トランスミッションはCVTの組み合わせとなります。

ちなみに先代は、FR(後輪駆動)とメカニカルセンターデフロック付のフルタイム4WDでした。

ボディカラーについて

ボディカラーは全8色

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
  • レッド
  • イエロー
  • ベージュ
  • ブルー
  • ブラック
  • ブルー

2トーンカラーが3色(ルーフはブラック)

  • ホワイト
  • シルバー
  • ターコイズブルー

定番のカラーはもちろん、レッドやイエロー、ターコイズブルーなど選べるカラーも豊富で老若男女の方を対象に展開されており、カラー選びは相当悩むこととなりそうですね。

新世代スマートアシストで安全&快適

予防安全パッケージも、トヨタのセーフティセンスではなく、ダイハツのスマートアシストを搭載します。

現在の最新バージョンはスマアシ3ですが、新型ラッシュには今年から導入される新世代版(スマアシ4と名乗るかも)を採用。

先進的な機能がたくさん追加され、安全性&快適性がドカンと高まります。

▼新世代スマートアシストの内容

  • 衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)
  • 車線逸脱警報機能
  • 車線逸脱抑制制御機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • コーナーセンサー
  • レーンキープコントロール(LKC)
  • スマートクルーズ(全車速追従機能付)
  • パノラマモニター
  • アダプティブハイビーム
  • スマートパノラマパーキングアシスト
  • 標識認識機能
  • サイドビューランプ

で記したのが新しい機能。

レーンキープコントロールは、車線をはみ出しそうになった際の回避支援だけでなく、車線中央を維持して走るようステアリングをアシストしてくれます。

さらにスマートクルーズでは、前を走るクルマとの車間距離を保つよう自動で加減速して追従してくれるので、ロングドライブでの疲労軽減に役立ちます。

そして一押しはスマートパノラマパーキングアシスト。ハンドルやアクセル、ブレーキを制御して、ほとんど自動で駐車してくれるとか。これを国産Aセグメントに採用するとはすごい時代になったものです。

今年モデルチェンジが行われたタント・タントカスタムにも採用されている最新の安全機能です。

一部の安全機能は上位グレードのみの装備、メーカーオプション扱いとなる為、価格等は正式な発表があるまで待ちましょう。

競合車を意識した価格設定

▼価格予想・比較
新型ラッシュ:164〜224万円
クロスビー:176~214万円
ジムニーシエラ:176~201万円

廉価グレードの価格は競合車と横並びになると予想。

優れたデザインや充実の最新装備、そして手頃な値段。売れそうな予感がプンプンします。

関連 新型ビーゴ(DNトレック)の情報はこちら

関連 Tjクルーザー(FJの後継)も出るぞ!

関連 次期ランドクルーザープラドは2020年登場

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る