日産 新型セレナ|マイナーチェンジ時期は2019年夏頃!変更点を予想

この記事をシェアする

新型セレナ

プロパイロットやe-POWERなど画期的な技術を投入し、大人気となっている日産・セレナ。

それゆえ、まだまだ新しい印象ですが、2019年にマイナーチェンジを予定しています。

新型セレナの変更点を予想・解説します!

新型セレナへマイナーチェンジ|発売時期はいつ?

5代目となる現行セレナ(C27型)は2016年8月にデビュー。

スタイリッシュな外観や自動運転技術「プロパイロット」を採用し一躍話題となりました。

昨年11月にスポーティ仕様のセレナNISMOを、今年3月にはe-POWERモデルを追加するなど、畳み掛けるようにブランド力を高めています。

そうした状況ですが、登場から3年となる2019年8月あたりにマイナーチェンジを計画しているようです。

新型セレナ|外装の変更点

ラインナップの主軸は、ベーシックな装いの「セレナ」とエアロ仕様の「セレナハイウェイスター」。

ともにシャープな雰囲気とオラつき過ぎない上品さを兼ね備えた秀逸なデザインです。

マイナーチェンジでは、大きく変えず、プチ整形程度に抑えるでしょう。バンパーやテールランプあたりが触りやすいポイントです。

標準モデル

標準モデル(現行)

先代の後期モデルから踏襲した二段構造のヘッドライトが特徴的。

上はシュプールラインにつながるサイド面の出発点。下はVモーショングリルの一部、と違った要素を担っています。

セレナ・ハイウェイスター

セレナ・ハイウェイスター(現行)

グリル内のメッキ部分は、標準車が2段なのに対し、ハイウェイスターは3段構え。

よりワイルドな見た目になっています。

セレナ企画時のデッサン

セレナ企画時のデッサン。MCの参考になるかも?

これはセレナの開発時のデッサン。

もしかしたら、フロントバンパーやアルミホイールの造形などは、マイナーチェンジ後の参考になるかも!?

なお、セレナNISMO、セレナAUTECH、セレナe-POWERは、発売から日が浅いためしばらくは現行の見た目のままと予想。

カラバリへの新色追加に期待

現在、e-POWER専用色を含む13色のボディカラーをラインナップしています。

フローティングルーフを際立たせるツートンカラーも設定。

マイナーチェンジではさらなる新色の追加が予想されます。

▼ボディカラーランキング
1.ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック 2トーン

2.カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー 2トーン
3.マルーンレッド/ダイヤモンドブラック 2トーン

新型セレナ|内装の変更点

セレナのコックピット

セレナの内装は、上級グレードにツートン色のインパネを設定するなど、デザイン性・質感はクラストップ。

マイナーチェンジでは、インパネやシートカラーの変更、遮音材追加による静粛性の向上などが予想されます。

現行セレナのシートアレンジ例

2000cc車は、シート中央を1列目と2列目で動かすことができ、キャプテンシートとベンチシートのいいとこ取りができます。

その特性を活かした「1-2-3列ウォークスルーモード」、3列目を両サイドに跳ね上げての「スーパーカーゴモード」、車中泊もできちゃう「2-3列フルフラットモード」など、とにかく多彩なシートアレンジが可能です。

その他にも、

  • やりすぎなくらい付いてるドリンクホルダー
  • このご時世欠かせないUSB電源ソケット
  • 手が汚れず置き忘れないキャップレス給油口

などの快適装備が充実しています。

さすがは、2017年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーなど多くの賞を獲得したクルマです。

パワーユニットは据え置きか

現行モデルには

  • 2000ccのガソリン車(マイルドハイブリッド ※グレードSを除く
  • 1200ccのハイブリッド車(e-POWER)

を設定。

ラインナップや性能は現状維持となる公算大。もしかすると多少の燃費アップや加速フィールの改善などがあるかもしれません。

■ガソリン車/S-HYBRID
エンジン:2.0L 直列4気筒 直噴DOHC(MR20DD型)
モーター:SM24型
最高出力:110kW (150PS)/6,000rpm
最大トルク:200N・m (20.4kgf・m)/4,400rpm
モーター出力:1.9kW (2.6PS)
モータートルク:48N・m (4.9kgf・m)
トランスミッション:エクストロニックCVT

■ハイブリッド車/e-POWER
エンジン:1.2L 直列3気筒DOHC(HR12DE型)※発電用
モーター:EM57型 ※駆動用
最高出力:62kW (84PS)/6,000rpm
最大トルク:103N・m (10.5kgf・m)/3,200~5,200rpm
モーター出力:100kW (136PS)
モータートルク:320N・m (32.6kgf・m)
トランスミッション:なし(モーター直結)

セレナe-POWERに4WDを設定

現行セレナe-POWERは2WD(FF)のみとなっています。

マイナーチェンジで待望の4WDが追加設定される見通し。

ライバルのミドルクラスミニバンに対して大きなアドバンテージとなります。

プロパイロットが複数車線に対応

プロパイロットのイメージ

日産は2018年3月、1年以内にプロパイロットの新機能を導入すると明らかにしました。

その内容は、高速道路における複数レーンでの自動運転。

今は単一車線に限ってアクセル、ブレーキ、ステアリングをオート制御してくれますが、複数車線に対応することで、より快適に目的地まで移動することができます。

プロパイロットを初搭載したセレナだけに、今回もほぼ間違いなく搭載されるでしょう。

なお、2020年には交差点を含む一般道での自動運転技術を投入する計画です。

セレナ マイナーチェンジ後の予想価格

全面改良ではないので、値上げがあっても数万から10万円前後となるでしょう。

▼現在の価格
セレナ:233~357万円
セレナe-POWER:296~382万円
セレナNISMO:341万円
セレナAUTECH Safety Package:331万円
セレナe-POWER AUTECH:382万円

▼現行グレードランキング
1.セレナ e-POWER ハイウェイスター V
2.セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ(2WD)
3.セレナ e-POWER XV

【あなたにおすすめ】

トヨタ『新型ヴォクシー/ノア』最新予想!2020年フルモデルチェンジの内容とは

次期ステップワゴンは2020年登場?フルモデルチェンジ内容や発売時期を予想

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る