トヨタ「S-FR」の発売時期は?価格やデザイン・スペックを解説!

◆この記事をシェアする

東京モーターショー2015で初公開された、トヨタの新世代ライトウェイト・スポーツ「S-FR」。

開発中止が噂されたこともありましたが、どうやら市販に向けてプロジェクトは前進しているようです!

今回は、公開されたS-FRの画像をもとに、デザインやスペックを徹底解説!発売時期や価格予想までたっぷりご紹介していきます!

スポンサーリンク

トヨタ S-FRの最新情報

東京モーターショー2015で初公開!

トヨタ「S-FR」コンセプト

自分の意のままにクルマが反応し、日常使いの中でもクルマとの対話ができる、そんな楽しさをエントリーモデルに追い求めたコンセプトモデル

このような思いをもとに発表されたS-FR。

5ナンバー幅におさまるコンパクト&軽量なボディに、本格FRレイアウト(フロントエンジン・リヤドライブ)を採用。意のままにクルマを操れる軽快感を実現しています。

また、エントリーモデルと位置づけ、クルマに気軽に接してもらえるよう、可能な限りシンプルに構成されています。某牛丼ではないですが、「小さい」「軽い」「安い」がテーマに掲げられています。

なお、S-FRの兄にあたる上位モデル「86」と同じ部署が開発を担当しています。

S-FRのエクステリア

トヨタ「S-FR」コンセプト(フロントビュー) トヨタ「S-FR」コンセプト(フロントビュー2) トヨタ「S-FR」コンセプト(サイドビュー) トヨタ「S-FR」コンセプト(サイド~リアビュー) トヨタ「S-FR」コンセプト(リアビュー)

スポーツカーらしいロングノーズでワイドなスタイルとなっています。

そして、何よりも親しみやすさを表現したという、丸みを帯びたかわいらしいフォルムが特徴的。

ヘッドライトやテールランプ、大きなフロントグリルなどもすべて丸型、もしくは楕円形で統一されています。

なお、トランク部分も確保されており、ライトウェイトスポーツでありながらも、日常使いまで考えて設計されていることが分かります。

市販型で、丸型を基調としたデザインをどこまで取り入れるかは気になるところですが、基本的にはコンセプトモデルが色濃く反映されると予想されています。

S-FRのインテリア

トヨタ「S-FR」コンセプト(インテリア) トヨタ「S-FR」コンセプト(インテリア2)トヨタ「S-FR」コンセプト(単眼メーター)

インテリアは「シンプル&モダン」をテーマにデザインされています。まさにそのテーマどおりといった印象を受けますね。一方、ところどころキーカラーのイエローが使われていて、走りだしたくなるようなワクワク感を演出してくれています。

インパネ周りは、必要最低限の装備だけを配置しつつもかなり個性的。ステアリング(ハンドル)のすぐ左には、エアコンの丸い吹き出しを最上段にして、エアコンやオーディオなどの操作スイッチ類が配列された円形が、徐々に小さくなるように縦に並べられています。

また、メーターは単眼メーターを採用し、速度やエンジン回転数がひと目で確認しやすくなっています。そのメーターを囲う小さなドームも特徴的でかわいいです。

スペック詳細

  • 車名:TOYOTA S-FR
  • 全長:3,990 mm
  • 全幅:1,695 mm
  • 全高:1,320 mm
  • ホイールベース:2,480 mm
  • 乗車定員:4人

ここまでは、トヨタから正式に発表されたS-FRコンセプトの基本情報。

市販モデルのスペックは以下のように予想しています。

  • ボディサイズ:コンセプトモデルと同じ
  • 車両重量:980kg
  • 搭載エンジン:1.5L 直列4気筒
  • トランスミッション:6MT

ライトウェイト・スポーツのライバルたち

最近、再び人気が高まりつつある「ライトウェイト・スポーツ」。各メーカーの競争も激化しています。

S-FRのライバルとなるのは、マツダ「ロードスター」、ダイハツ「コペン」、ホンダ「S660」、そして同じトヨタの「86」やOEM元のスバル「BRZ」などが挙げられます。

ホンダは1000ccクラスの「S1000」を国内投入するという噂もあります。

これらのコンパクトスポーツが復権しつつある背景には、若いころにスポーツカーに憧れた世代が40~50代になり、子育てがひと段落したタイミングで、ファミリーカーではなく趣味のクルマとして購入に至るということが考えられます。

また、100万台~200万円後半ほどと比較的手の届きやすい価格帯が、40~50代だけでなく、クルマ離れが進む若者世代にも振り向いてもらえるきっかけとなっています。

以前、S-FRの開発が途中で中止されたという情報が入りましたが、それは、ロードスターやS660などの完成度が非常に高かったことから、設計を見直すためにいったん開発を中止したといわれています。

86・トヨタスポーツ800との関係

S-FRは、トヨタ86(ハチロク)と同じFRスポーツの小型版ということで、「ベイビー86」とも呼ばれています。

また、1965年から1969年にかけて製造していた小型スポーツカー「トヨタスポーツ800」、通称「ヨタハチ」の後継モデルとも言われており、「平成のヨタハチ」や「21世紀版ヨタハチ」と称されることがあります。

販売価格予想

最新の情報を総合すると、エントリーモデルの販売価格は180万円前後になりそうです。

ちなみに、他社の競合車は、現在以下のような価格設定。

  • トヨタ 86:248万円~
  • マツダ ロードスター:249万円~
  • ホンダ S660:198万円~
  • ダイハツ コペン:185万円~

S660やコペンと同クラスの価格となるでしょう。

予想発売時期は?

市販化に向けてプロジェクトは進んでいるとみて間違いなさそうですが、発売時期に関する確かな情報は入ってきていません。

各メディアの予想では、早ければ2017年内、遅くて2020年となっています。

軽量化とともに、世界的な安全基準への対応も必須となり、その技術開発に時間がかかるとみられています。そのため、最短で2017年に発表、2018年に発売というのが私の見解です。

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

トヨタ「S-FR」の発売時期は?価格やデザイン・スペックを解説!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪