ホンダ 次期シャトルのフルモデルチェンジ予想!発売時期はいつ頃?

この記事をシェアする

シャトル・フルモデルチェンジ

ホンダ・シャトルはフィットをベースとしたステーションワゴン。2019年5月10日に大幅改良することが発表されました。

今回はそうした状況のなか勇み足ではありますが、次期シャトルのフルモデルチェンジについて予想します。

変更内容や発売時期、ジェイドとの統合の噂などをまとめてご紹介!

シャトルってどんな車?

シャトルの特徴

  • 5ナンバーワゴンならではの取り回しのよさ
  • リアオーバーハング延長による積載性の高さ
  • フィットより運転席周辺・装備・走行感覚が上級指向

なんといっても、荷室容量570リットル(リアシートを倒せば1141リットル)を誇り、荷物をたくさん積めるところが大きな魅力!

5ナンバーサイズのステーションワゴンは絶滅危惧種となっていますが、日本の道路や駐車場でとても使いやすく、バランスが良い車なんです。

次期シャトルへのフルモデルチェンジはいつ?

ベース車のフィットは2019年内にもフルモデルチェンジ予定。

一方シャトルは、現行の発売(2015年5月15日)から4年を迎える2019年5月にようやくマイナーモデルチェンジをおこないます。

ホンダはコンパクトステーションワゴン『シャトル(SHUTTLE)』をマイナーチェンジし、2019年5月10日(金)に発売すると発表しまし...

一般的に3年で後期型に移行することが多いので、スルー状態のシャトルは来年あたりに一気にフルモデルチェンジするのかなと思っていました。

このタイミングでマイチェンとなると、次期シャトルへの世代交代は2022年が有力です。

次期型は廃止の噂があるジェイドと統合か

ジェイドは中国をメイン市場に見据えて開発されたロールーフミニバン。ストリームが姿を消したあと、新規モデルと銘打ちつつも、実質的な受け皿となっています。

しかし、現行モデルを最後に生産終了となり、シャトルに統合するという噂が出ています。

日本では背が低いミニバンの需要が減少。トヨタ・ウィッシュも2017年に販売終了しています。今は容積たっぷりでスライドドアを採用する実用的なボックスミニバン(セレナやアルファード等)が断然人気なんです。

ジェイトは、昨年5月の大幅改良でフェイスリフトや2列シート5人乗り仕様の追加、強気だった価格の見直しなどをおこないましたが、売れ行きはあまり変わらずです。

2019年2月の新車販売台数
車種 本月
(台)
前年同月比
(%)
’19年累計
(台)
シャトル 2724 100.3 5082
ジェイド 300 600.0 578
カローラフィールダー 3540 87 6380

※前年2月は大幅改良前で販売台数が少なかったため。

そこで、現行限りで見切りをつけ、次期シャトルに統合するというわけです。シャトルにエマージェンシー用途の3列シートを装備する感じですね。

ジェイドはオデッセイとも少しキャラ被りしてますし、廃止となる可能性は高いでしょう。

次期シャトルのデザイン予想

エクステリアはキープコンセプト。

スポーティ&スタイリッシュ路線で進化すると予想。

今回も先に全面改良するフィットのデザインが参考になりそうです。

初代モデルが大ヒットし、今もホンダの主力車種として人気のフィット。 過去のモデルサイクルからみて、2019年にフルモデルチェンジする予...

ボディサイズは5ナンバーサイズを死守?

現在、5ナンバーワゴンのライバルはカローラフィールダーくらいですが、今年5月の世代交代で3ナンバー化します。

最近は走行安定性やデザイン性、グローバル展開を重視して5ナンバー幅にこだわらない車種がどっと増えているんです。

しかし、次期フィットは全幅1700ミリ未満の5ナンバー規格を継続する模様。となると、シャトルも同様となる公算が大きいです。

全高は若干引き上げて、車内の居住性を向上させる可能性はありますが。

ただ、もしサードシートを装着するとなると、全長を少し伸ばすでしょうから、バランスを取って車幅を拡大(つまり3ナンバー化)することも考えられます。また、中国にジェイドの後釜として送り込む場合はグローバルサイズである必要があるでしょう。

個人的には、大型化の流れを逆手に取って差別化してほしいなあ。

新型のボディサイズ予想
全長×全幅×全高:4450×1695×1580mm

2モーターハイブリッド i-MMDに格上げ

現行モデルは、ガソリン車とハイブリッド車を設定しています(ともに1500cc)。

次期シャトルでは、ほとんど売れていないガソリン車を廃止して、ハイブリッド専用車になるかもしれません。

現在のHVシステムは1モーター&2クラッチ方式の「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載。一方、新型はより性能が高い2モーターの「SPORT HYBRID i-MMD」を採用予定。クラストップレベルの低燃費と走行性能を実現します。

これまでオデッセイなど中・上級車種に搭載していた i-MMDですが、コストを抑えて量産することが可能となったことから、今後コンパクトカーにも積極採用していく方針です。

現行ハイブリッドの燃費は34.4km/L(フィールダーも一緒)ですが、37.0km/L以上を目指したいところ。 

フルモデルチェンジ後の価格について

最新のホンダセンシングや半自動運転技術などを搭載するため値上げは必至。

しかし、お求めやすい価格がウリのモデルなので上昇幅は10〜20万円くらいでしょう。

▼現在の価格
シャトル:169~196万円
シャトル ハイブリッド:200~263万円

<こちらもおすすめ>

ホンダはコンパクトステーションワゴン『シャトル(SHUTTLE)』をマイナーチェンジし、2019年5月10日(金)に発売すると発表しまし...
初代モデルが大ヒットし、今もホンダの主力車種として人気のフィット。 過去のモデルサイクルからみて、2019年にフルモデルチェンジする予...
18年6月にカローラ・スポーツが登場しましたが、ワゴン仕様のフィールダーもフルモデルチェンジが近づいています。 トヨタは新型カローラフ...
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る