シャトル2020年フルモデルチェンジ!?カローラツーリングと比較も!

この記事をシェアする

シャトル・フルモデルチェンジ

今回は、次期シャトルのフルモデルチェンジについて予想します。

ホンダ・シャトルはフィットをベースとしたステーションワゴン。2019年5月10日に改良が行われました。

しかし、ビッグマイナーチェンジになるとの噂もあったにも関わらず、そこまでの大きな変更は行われませんでした。

これは、フルモデルチェンジでの大幅な改良が期待できますね!

変更内容や発売時期、ジェイドとの統合の噂などをまとめてご紹介します!

シャトルってどんな車?

シャトルの特徴

  • 5ナンバーワゴンならではの取り回しのよさ
  • リアオーバーハング延長による積載性の高さ
  • フィットより運転席周辺・装備・走行感覚が上級指向

なんといっても、荷室容量570リットル(リアシートを倒せば1141リットル)を誇り、荷物をたくさん積めるところが大きな魅力!

5ナンバーサイズのステーションワゴンは絶滅危惧種となっていますが、日本の道路や駐車場でとても使いやすく、バランスが良い車なんです。

次期シャトルへのフルモデルチェンジはいつ?

次期シャトルへのフルモデルチェンジは2020年末~2021年と予想

ベース車のフィットは2020年2月にフルモデルチェンジします。

一方シャトルは、前期型の発売(2015年5月15日)から4年を迎える2019年5月にようやくマイナーモデルチェンジを行いました。

ホンダはコンパクトステーションワゴン『シャトル(SHUTTLE)』をマイナーチェンジし、2019年5月10日(金)に発売すると発表しまし...

一般的に3年で後期型に移行することが多いので、待ちに待ったマイナーチェンジという感じでしょう。

しかし、その期待とは裏腹に、あまり大幅な改良は行われませんでした。

このことから、次期シャトルへの世代交代は2020年という情報があり、それもあり得ると予想します。

ただ、マイナーチェンジの次の年にフルモデルチェンジは早い、とも思うので、2020年末か、2021年になる可能性も十分にあるでしょう。

新しい情報が入り次第、追記していきます!

次期シャトル フルモデルチェンジではなく廃止の噂の真相は!?ジェイドと統合か

ジェイドは中国をメイン市場に見据えて開発されたロールーフミニバン。ストリームが姿を消したあと、新規モデルと銘打ちつつも、実質的な受け皿となっています。

そんなジェイドとシャトルの統合の噂があります。

▼現行ジェイド現行車 ホンダ ジェイド 画像2

引用:instagram

現行車 ホンダ ジェイド 画像

引用:instagram

日本では背が低いミニバンの需要が減少。トヨタ・ウィッシュも2017年に販売終了しています。今は容積たっぷりでスライドドアを採用する実用的なボックスミニバン(セレナやアルファード等)が断然人気なんです。

ジェイトは、昨年5月の大幅改良でフェイスリフトや2列シート5人乗り仕様の追加、強気だった価格の見直しなどをおこないましたが、売れ行きはあまり変わらずです。

2019年1-6月の新車販売台数
車種2019年1-6月
(台)
シャトル13892
ジェイド1745
カローラフィールダー21310

そこで、現行限りで見切りをつけ、次期シャトルに統合するというわけです。

ジェイドには3列シートがありますので、統合となればシャトルにエマージェンシー用途の3列シートを装備するかもしれません。

つまり、シャトルが廃止、というよりは、シャトルが残りジェイドが無くなる可能性があるということですね。

しかし、この2台を合わせたとしてもカローラフィールダーの販売台数にはあと一歩。

フルモデルチェンジを機に、ファンを増やしたいところです!

次期シャトル フルモデルチェンジでデザインはどうなる?予想!

次期シャトルのエクステリアはキープコンセプト。

次期シャトルのエクステリアはキープコンセプトとなり、個性と存在感、品格を大事にするデザインが引き継がれるでしょう。

▼現行シャトル

現行車 ホンダ シャトル 画像

引用:instagram

現行車 ホンダ シャトル 画像2

引用:instagram

現行車 ホンダ シャトル 画像3

引用:instagram

そこに更にスポーティ&スタイリッシュ路線を加え、進化すると予想。

最近では丸みを帯びた形よりも少し角ばった形が人気なので、シャトルもそういった要素を取り入れるかもしれません。

スバルのレヴォーグなどもかっこいいですよね。

スバルの人気ステーションワゴン『レヴォーグ』が2020年にフルモデルチェンジ予定。 2019年東京モーターショーでは次期レヴォーグのプ...

先に全面改良するフィットのデザインもヒントになりそうです。

初代モデルが大ヒットし、今もホンダの主力車種として人気のフィット。 海外市場でも『Jazz』という車名で展開中です。 そんな国内外で...

フィットのように、次期シャトルも未来的なエッセンスを取り入れ、新鮮味を加えるでしょう。

逆に、エッジをデザインに加えることで、フィットとの差別化も更に図ることもできますよね。

ライバルのカローラフィールダーは9月にフルモデルチェンジしカローラツーリングになりましたが、その外観も見てみましょう。

▼カローラフィールダー

現行車 カローラフィールダー 画像

引用:instagram

現行車 カローラフィールダー 画像2

引用:instagram

現行車 カローラフィールダー 画像4

引用:instagram

▼現行カローラツーリング

現行車 カローラツーリング 画像引用:instagram

現行車 カローラツーリング 画像2

引用:instagram

こちらはさすがのカローラといった感じです。

キーンルックもトヨタらしさを上手く演出しています。

フロントにぐっと伸びたボディがかっこいいですよね。

一人で乗っても家族で乗っても似合う。そんな、バランスのいいデザインです。

カローラフィールダーといえば、このCMシリーズが心に残っているという方も多いかもしれません。

自分もこんな風に、カローラフィールダーやカローラツーリングでスポーツをしに行ったり、アウトドアに出かけたり、と想像してしまいます。

なんとなく、気分が上がる…。こんな風に言うと、「それが選ぶ理由!?」と言う方もいるかもしれませんが、個人的にはいかに自分の気持ちが上がるかというのが大事だとも思います。

あなたも自分が乗って、楽しんでいるのはどちらか、想像してみてください。

シャトルとカローラフィールダー/ツーリング、どちらが浮かんだでしょうか?

車が欲しいと思っているあなた!

新車を買う時に、損をしていませんか?

当サイトの読者様限定でお伝えしている新車値引きの方法があります。

誰にでもできる方法ですが、知らないと損してしまうかもしれません。

ぜひ一度、目を通してみてください!

https://carmuse.jp/sinsya-nebiki

次期シャトル フルモデルチェンジしてもボディサイズは5ナンバーサイズを死守?

次期シャトルは5ナンバーサイズをキープすると予想

現在、5ナンバーワゴンのライバルはカローラツーリング(フィールダー)。

カローラフィールダーからツーリングになった2019年5月、3ナンバー化しました。

最近は走行安定性やデザイン性も去ることながら、特にグローバル展開を重視して5ナンバー幅から3ナンバーの幅に拡大している車がよくあります。

しかし、次期フィットは全幅1700ミリ未満の5ナンバー規格を継続する模様。となると、シャトルも同様となる公算が大きいです。

駐車場や、デザイン性からも本当は5ナンバーのままが良いという声もあります。

奥様のお気に入りがカローラフィールダーだけど、3ナンバー化したツーリングに乗せるのはちょっと怖いという旦那様の声も聞きますよ。

また、今のところ全体的にみると5ナンバーの方が選択肢が多く、5ナンバーの車を選ぶ方が多いという結果になっているようです。

https://twitter.com/ryogp72450/status/1202430006778974208

日本の道は、狭いところも結構ありますしね。それを考えて、5ナンバーの車がもともと多いのでしょうから、5ナンバーを選ぶ方が多いのもわかる気がしますね。

そういったドライバーの方たちには3ナンバーサイズへの変更なしは嬉しいでしょう。 

その分、全高は若干引き上げて、車内の居住性を向上させる可能性があります。

ただでさえシャトルの広い室内空間には驚かされるので、次期シャトルも「ボディは小さいのに、広い居住空間、クラス最大級の荷室」という魅力を踏襲してほしいと思います。

▼現行シャトル

現行車 ホンダ シャトル 画像4

ただ、バランスを取って車幅を拡大(つまり3ナンバー化)する可能性も0ではないです。

もしくは、サードシートを装着するとなると、全長を少し伸ばすでしょう。

中国にジェイドの後釜として送り込む場合はグローバルサイズである必要があるため、車幅の拡大が濃厚かもしれません。

個人的には、大型化の流れを逆手に取って差別化してほしいなあ…と思います。

新型のボディサイズ予想
全長×全幅×全高:4450×1695×1580mm
ボディサイズ予想・比較
モデル名全長全幅全高ホイールベース
次期シャトル(予想)4450169515802540
現行シャトル444016951545-15702530
現行カローラツーリング4495174514602640

室内サイズ
モデル名長さ高さ
次期シャトル(予想)193514501320
現行シャトル192514501290
現行カローラツーリング179515101160

次期シャトル フルモデルチェンジで新開発の「e:HEV」搭載か!

次期シャトルには、新しく開発されたe:HEVを搭載する可能性が高い

現行モデルは、ガソリン車とハイブリッド車を設定しています(ともに1500cc)。

次期シャトルでは、ほとんど売れていないガソリン車を廃止して、ハイブリッド専用車になるかもしれません。

その分、ハイブリッドには力が入るところです。

現在のHVシステムは1モーター&2クラッチ方式の「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載しています。

新型シャトルにはより性能が高い「e:HEV」を搭載する可能性が高いです。

eHEV 画像

引用:YouTube

「e:HEV」は2020年2月発売の新型フィットに初めて搭載され、クラストップレベルの低燃費と走行性能を実現します。

新型シャトルにおいても、同じくクラストップレベルの低燃費や走行性能を目指すでしょう。

1モーター式に比べ2モーター式は、性能が高いのと引き換えにコストがかかるため、コンパクトカーになかなか採用しづらかったようです。

しかし、この「e:HEV」はコストを抑えて量産することが可能となったことから、今後コンパクトカーにも積極採用していく方針です。それなら、コンパクトカークラスの大きさの次期シャトルにも取り入れる可能性は十分にありますね。

現行シャトルハイブリッドの燃費は33.2km/Lですが、35.5km/L以上を目指したいところ。 

一方、カローラツーリングは「1.8L 2ZR-FXEエンジン+モーター」というエンジンを使っています。

▼1.8L 2ZR-FXEエンジン+モーター

現行車 カローラツーリング 画像3

このエンジンはカローラツーリングよりも大きなヴォクシー、ノアや、あのプリウスなどにも使われているエンジンで、パワーと燃費、両方の性能の高さを証明していますね。

カローラツーリングはカタログ燃費、JC08モードとはいえ、35km/Lという数字も出しています。

もちろん、ハイブリッドといえばトヨタと思うくらいに、実績を積み上げてきている会社ですから、一筋縄ではいかないかもしれません。

しかし、その手の内を見て差高水準を目指すホンダですし、e:HEVはトヨタのHVに対抗してHEVとつけられたという情報があります。これは、実査にどちらの性能が勝っていくのか、楽しみですね!

少なくとも次期シャトルもカローラツーリングに匹敵するくらいの燃費になるのでは、と予想します!

現行シャトル エンジンスペック
エンジン1.5L直4+モーター1.5L直4
総排気量1496c
最高出力(kW[PS]/rpm)81[110]/6000

95[129]/6600

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)134[13.7]/5000153[15.6]/4600
モーター最高出力(kW[PS])22[29.5]
モーター最大トルク(N・m[kgf・m])160[16.3]
駆動方式FF/4WD 
トランスミッション7ATCVT
WLTCモード燃費20.4-24.8㎞/L17.2-19.4㎞/L
JC08モード燃費26.0-33.2㎞/L18.8-22.0㎞/L
使用燃料レギュラー

現行カローラツーリング エンジンスペック
エンジン1.8L直4+モーター1.8L直41.2L直4ターボ
総排気量1797c1196㏄
最高出力(kW[PS]/rpm)72[98]/5200

103[140]/6200

85[116]/5200-5600

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)142[14.5]/3600170[17.3]/3900185[18.9]/1500-4000
フロントモーター最高出力(kW[PS])53[72]
フロントモーター最大トルク(N・m[kgf・m])163[16.6]
リヤモーター最高出力(kW[PS])【4WD】5.3[7.2]
リヤモーター最大トルク(N・m[kgf・m])【4WD】55[5.6]
駆動方式FF/4WD FF
トランスミッション電気無段変速機CVT6MT
WLTCモード燃費24.4-29.0㎞/L14.6㎞/L15.8㎞/L
JC08モード燃費28.4-35.0㎞/L
使用燃料レギュラー

新しいエンジンとなれば、値上げが気になるところですよね。

性能が良くなるんだから…とは思いつつ、価格を見て「う~ん」と悩んでしまうかもしれません。

そんなときのために、当サイトでおすすめする節約方法が「車の保険の見直し」です。

今からできで、しかも簡単とあれば、やらないと損かもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね!

次期シャトル フルモデルチェンジ後の価格について

▼新型シャトルの予想価格
シャトル:約191万円~
シャトル ハイブリッド:約218万円~

最新のホンダセンシングや半自動運転技術などを搭載するため値上げは必至。

しかし、お求めやすい価格がウリのモデルなので上昇幅は10〜20万円くらいでしょう。

価格比較/予想
次期シャトル※予想約191万円~
次期シャトルハイブリッド※予想約218万円~
現行シャトル車1,808,400円〜
現行シャトルハイブリッド2,158,200円~
現行カローラツーリング2,013,000円~
現行カローラツーリングハイブリッド2,480,500円~
現行カローラツーリングターボ2,458,500円〜

性能が匹敵し、価格が安いとなれば、シャトルの方がお買い得に感じるかもしれません。

ただ、カローラツーリングの安定感やハイブリッドの熟成度などは「お世辞抜きで驚かされるほど」という声もあります。

価格やスペックを参考に、体感してみるのが一番かもしれませんね!

次期シャトルの発売が楽しみです!

<こちらもおすすめ>

ホンダはコンパクトステーションワゴン『シャトル(SHUTTLE)』をマイナーチェンジし、2019年5月10日(金)に発売すると発表しまし...
初代モデルが大ヒットし、今もホンダの主力車種として人気のフィット。 海外市場でも『Jazz』という車名で展開中です。 そんな国内外で...
カローラフィールダーのフルモデルチェンジ版として、『カローラツーリングスポーツ』が今秋デビュー予定。 すでに欧州バージョンを発表してお...

【ライバルをさらにチェック!】

関連 レヴォーグ2020年フルモデルチェンジ!マツダ6(アテンザ)ワゴンと比較も

関連 次期アテンザ(マツダ6)を大予想!2020年フルモデルチェンジでFR化&直6搭載

関連 A4シリーズ最高傑作!!アウディRS4アバントが新モデルで登場!?

関連 改良新型アウディS4/S4アバント2019秋,欧州で発売|最大トルク700Nm

関連 ステーションワゴンの人気ランキング 国産5車種【2019最新版】

関連 ステーションワゴンとは|人気ないのは本当?その魅力や特徴を知ろう

関連 日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴代受賞車まとめ!2018-2019の予想・候補は?

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る