トヨタ新型シエンタ 2018年9月マイナーチェンジ!目玉は2列5人乗りの設定

この記事をシェアする

シエンタのマイナーチェンジ

トヨタのコンパクトミニバン『シエンタ』が、2018年9月にマイナーチェンジを予定しています。

一番の目玉は「2列シート5人乗り」の設定。

その他、デザイン変更や質感の向上、快適装備の大幅充実など、ビッグマイナーチェンジといえる改良内容となります。

具体的にどのような変更や追加があるのか最新予想をたっぷりご紹介!

シエンタは2003年デビューのコンパクトミニバン

初代シエンタ

初代シエンタ

シエンタ(SIENTA)は、2003年にデビューした5ナンバーサイズのコンパクトミニバン。

ホンダ・モビリオや日産・キューブキュービックと同じく、取り回しやすいサイズ感ながらも3列シートを装備し、7人乗りが可能です。

初代モデルは、前期・中期・後期型と改良を重ねながら12年に渡って活躍。

丸めのヘッドライトを持つ愛らしい外装と、両側スライドドアを搭載する実用性から、一躍人気車種となりました。

そして2015年7月、現行の2代目へと世代交代。

現行シエンタ

現行シエンタ

「Active & Fan」をキーワードとしてトレッキングシューズをイメージした機能性と動感を表現したデザインを目指して設計。

とあるように、初代とはキャラクターの異なる、スポーティでアクティブなデザインに刷新。

特に前後ライト(ランプ)ユニットからバンパーへと連なるガーニッシュは、賛否両論あるほどのチャームポイントです。

室内空間では、燃料タンクやバッテリーの設置場所を見直して低床フラットフロアを実現。

また、両側スライドドアの開口幅を50mm拡大、膝前スペースを25mm拡大するなど、快適性が大幅に向上しました。

新型シエンタのエクステリア(外装)

大幅な手直しでオーソドックスなデザインに

▼[参考]現行シエンタの外観

現行シエンタのエクステリア(フロント)現行シエンタのエクステリア(リア)

エクステリアは大幅にイメージチェンジされます。

現行型はヘッドライトからフォグランプを巻き込んでグリルへとつながるバンパーガーニッシュ(リアも同様)によって、少しクセのあるデザインです。

そこでマイナーチェンジ版では、ガーニッシュを取りやめるか同色塗装となり、万人受けするオーソドックスなスタイルに舵を切るようです。

そのままだとバンパー周りがさみしいので、ヘッドライトや前後バンパーの造形を見直し、スポーティさや躍動感を演出。ラジエターグリルは横方向に拡大し、ワイドで安定感のあるスタイルになります。

その他には、

  • バンパー内フォグランプのLED化
  • アルミホイールの変更
  • シーケンシャルターンランプの採用

などが予想されています。

2トーンルーフカラー6種類を新設

FLEX TONEは廃止

FLEX TONEは廃止

現在のカラーラインナップは、

  • 標準色の「MONOTONE」が9色
  • ガーニッシュ部分が塗り分けされた「FLEX TONE」が5色

先ほどお伝えしたようにガーニッシュ自体が無くなるのでFLEX TONEは廃止。

代わりにルーフ(屋根)の色がボディと異なる2トーンルーフを6パターン新設定します。

新型シエンタのインテリア(内装)

注目は2列シート5人乗り仕様の登場

現行シエンタの3列シート7人乗り

画像は現在の3列シート7人乗りタイプ

3列目シートを省いた2列シート5人乗り仕様を、ガソリン車・ハイブリッド車ともに新設定。

ライバルのホンダ・フリードは以前から5人乗りの「フリード+」をラインナップしていましたが、シエンタもついに追加します。

専用の2列目シートは足元にダイブダウン格納でき、荷室長2020mmのフラットスペースをつくることができます。フリード+よりも115mmも上回るのだとか。11.5センチは体感にすると大きな差です。

また、後席にはアクセサリーソケットを装着し、ラゲッジルームには様々な収納オプションを取り付けることができるなど使い勝手も充実。アウトドアを楽しむファミリーから最近流行りの車中泊までモッテコイです!

現行シエンタのインテリア(前席)

[参考]現行シエンタのインテリア

その他インテリアでは、

  • ナビ画面の大型化
  • センターパネル・インパネ周りのデザイン変更
  • シート表皮・カラーの変更

等が考えられます。

最新スペックのセーフティセンスを標準装備

現行は衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C(セーフティセンスC)」を全車メーカーオプション設定。Gグレードベースの特別仕様車「G”Cuero(クエロ)”」にだけ標準装備されています。

マイナーチェンジでは、これまで車格によって「C」と「P」に分けていたのを止め、「セーフティセンス」に統一。全車標準装備となります。

機能面でも、夜間の歩行者認識機能を追加しアップグレードします。

その他、駐車時の踏み間違いをフォローする誤発進抑制機能「インテリジェントクリアランスソナー」や、周囲の状況を立体的に把握できる「パノラミックビューモニター」をオプション設定(一部グレードに標準装備)。サポカーS ワイドに適合します。

パワートレイン改良でちょっぴり燃費アップ

エンジンラインナップは次の2種類。

  • 1.5Lガソリン車(15.4〜20.6 km/L)
  • 1.5L+モーターのハイブリッド車(27.2 km/L)
1.5L小型ハイブリッドシステム

出典:toyota.jp

フリードの燃費は、ハイブリッド車が27.2 km/L、ガソリン車が19.0 km/L(FF)。

ハイブリッドは同じ数値で、ガソリンは2WDで比較すると20km/Lを超えているシエンタに軍配が上がります。

そのため無理して改善する必要はないのですが、ヴィッツハイブリッドやアクアで施された燃焼効率アップや低フリクション化を実施。27.8km/Lに引き上げフリードと差をつけます。

トランスミッションやサスペンション等は変更ありません。

かゆいところに手が届く、快適機能が充実!

後部座席の”荷物出し忘れ”を教えてくれる機能を日本初採用か

後席に荷物を置き忘れてしまった場合にアラートで気づかせてくれる機能が、日本で初めて導入される見通しです。

日産の海外モデルですでに実用化されていて、「リアドアアラートシステム」といいます。

荷物だけでなく、日本でもニュースでよく見る、うっかり小さい子供を放置してしまう事故を防ぐ効果も。むしろそっちが重要ですね。

運転する前に後部ドアが開閉したのに、到着後に後部ドアが開かれなかった場合、まずインパネのディスプレイで警告。それでも立ち去った場合は警告音を鳴らして気づかせるという内容になるかと思います。

このシステムは当時妊娠中だったママさんエンジニアが考案したそう。子供を思う女性ならではの発想ですね。日本でも標準装備化が急速に進むでしょう。

時間を有効に。予約ドアロック機能を搭載

電動スライドドアに予約ドアロック機能が追加されます。アルファード、ヴェルファイアでトヨタ車初搭載した機能です。

完全に閉まるのを待たなくても鍵をかけることができる(予約)ので、すぐにクルマから離れることができます。

スライドドアは安全に配慮してゆっくり閉まるので、急いでいるときには助かりますね。

おそらくフロントドアの取っ手にあるセンサーに触れることで施錠を予約。全てのドアがクローズすると、ブザー、ハザード、アウターミラー格納でロックしたことを教えてくれるシステムになるはず。

グレード&価格予想

「G“Cuero”」の専用シート

特別仕様車の「G“Cuero”」がレギュラーグレードに加わります。

G“Cuero”は合成皮革コンビシート、本革巻きシフトノブ&ステアリング、オレンジステッチ等が高級感を演出しています。表皮の装飾パターンやステッチカラーの変更に期待。

また、エントリーグレードの「X“Vパッケージ”(168万円〜)」はほとんど売れていないため廃止となる予定。

マイナーチェンジ後の価格は、内外装の化粧直しやセーフティセンスの標準化の影響で数万円の値上がりが予想されます。グレードによって上がり幅に差があるかもしれませんが、10万以上はないでしょう。

以下は現在の新車価格です。

  • シエンタ  :168~225万円
  • シエンタHV:222~246万円

[参考]現行シエンタの基本スペック

  ハイブリッド車 ガソリン車
2WD(FF) 2WD(FF) 4WD
乗車定員 6/7名 6名
全長 4,235mm
全幅 1,695mm
全高 1,675mm 1,695mm
ホイールベース 2,750mm
最小回転半径 5.2m
車両重量 1,380kg 1,310〜1,320kg 1,370〜1,380kg
エンジン 1.5L 直列4気筒DOHC
(1NZ-FXE)
+モーター(2LM)
1.5L 直列4気筒DOHC
(2NR-FKE)
1.5L 直列4気筒DOHC
(1NZ-FE)
 最高出力 ※ 54(74)/4,800 80(109)/6,000 76(103)/6,000
 最大トルク ※ 111(11.3)/3,600~4,400 136(13.9)/4,400 132(13.5)/4,400
トランスミッション 電気式無段変速機 Super CVT-i(自動無段変速機) Super CVT-i(自動無段変速機)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

※単位:最高出力[ネット]kW(PS)/r.p.m. 最大トルク[ネット]N・m(kgf・m)/r.p.m.

マイナーチェンジ新型の発売日は2018年9月11日

最新情報によると、2018年9月11日(火)に発表・発売となるようです。

そろそろ従来モデルはオーダーストップとなるでしょう。

ちなみに、しのぎを削るフリードも2019秋にマイナーチェンジをおこない、デザイン変更や新開発1.0Lターボの追加を行う予定。

さらに、日産キューブは2019年に全面刷新し、スライドドアのコンパクトミニバンに変貌を遂げる計画があるようです。

さらに市場拡大が進みそうですね。目が離せません!

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る