【2017.12.20発売】日産スカイライン 新型にマイナーチェンジで内外装刷新!

この記事をシェアする

日産のプレミアムスポーツセダン「スカイライン」が2017年12月20日にマイナーチェンジを実施し発売されました。

主な内容は内外装のデザイン変更。モデルチェンジ後のスカイラインはいったいどのようになったのか。画像をたっぷり交えながら詳しくご紹介します。

マイナーチェンジでの変更点

新型スカイラインのエクステリア

フロント

新型スカイライン(フロント)

新型スカイライン

現行スカイライン(フロント)

現行スカイライン

上の画像が新型、下が現行です。

フロント部分では、バンパーとラジエーターグリルの形状が、従来よりもよりアグレッシブで重心が低く感じるようなデザインになったことがうかがえます。ポジションランプも変更されました。

なお最上級グレードのタイプSPには、バンパー下部がブラック塗装され、フォグランプ周りのガーニッシュと連なるような専用バンパーを装備。下位グレードとの差別化が図られました。また、ダーク塗装仕上げの19インチ専用アルミホイールが刷新され、スポーティな雰囲気が高められています。

サイド~リア

新型スカイライン(サイド〜リア)

新型スカイライン

現行スカイライン(サイド〜リア)

現行スカイライン

サイドはほぼ変わりませんが、リアではコンビランプやディフューザーに変更が見られます。また、現行ではナンバープレートの下にも細いメッキのラインが配されていましたが、新型はプレート上の車名が刻印された方だけとなりバランスがよくなった印象です。

タイプSPはフロントと同様、バンパー下部がブラックで色分けされていて、左右独立のマフラーとの相性がぐんと高まりました。

全体的に、パっと見てすぐに気づくほどの大きな手直しとはいえませんが、随所に的確な見直しが行われたなと評価できます。

ボディカラー変更

ボディカラーに新色の「インペリアルアンバーP(43,200円高)」が加わり、代わりに「プレミアムブラウンM」が廃止に。

インペリアルアンバーPは、先ほど新型と従来型のエクステリア比較でご紹介した新型モデルが身にまとっているカラーです。エルグランドやセレナにも設定されていますが、インペリアル=(帝国の、皇帝の、威厳のある、最上級の)といった意味通り、高級感のある落ち着いた色合いが特徴です。また、パール仕上げなので日の当たり方や見る角度によって違う表情を見せてくれる点も魅力でしょう。

▼カラーラインナップ一覧

  • オーロラフレアブルーパール(2P)
  • HAGANEブルー(M)
  • プレミアムブラウン(M)※廃止
  • ブリリアントホワイトパール(3P)
  • メテオフレークブラックパール(2P)
  • ブリリアントシルバー(M)
  • ダークメタルグレー(M)
  • ラディアント レッド(PM)
  • スーパーブラック
  • インペリアルアンバー(P) ※追加

※(P)はパール、(2P)は2コートパール、(3P)は3コートパール、(PM)はパールメタリック、(M)はメタリックの略。

新型スカイラインのインテリア

新型スカイライン(インテリア)

新型スカイライン

現行スカイライン(インテリア)

現行スカイライン

ステアリング(ハンドル)は、グリップが若干太くなって握り心地がよくなり、ホーンパッドの無駄を削ぎ落として引き締まったスタイルへと進化。効率的に配置されたステアリングスイッチも相まって、スポーティな印象になっています。

また、ステアリングステッチとともにインパネにもステッチを追加したり、メーターリング照明をグレーに変更しセンタークラスターのツインディスプレーと色を合わせるなど、より造り込まれた上質な空間を演出しています。

さらに、”おもてなし間接照明”のアンビエントLEDライトシステムがメーカーオプション新設定。車に乗り込む動きに合わせてエレガントな光が点灯し気分を高めてくれます。

自動運転技術「プロパイロット」の搭載はお預け

新型Q50(スカイラインの海外仕様名)に搭載された「プロパイロット」は、高速道路でのレーン内走行をアシストする自動運転技術。国内ではセレナに2016年から装備されており、渋滞時やロングドライブでのストレス軽減に役立っています。

ドライバーに代わってアクセルやブレーキ、ステアリングを自動で制御し、車間距離と車線内の中央キープ、両方のサポート。ドライバーの負担を軽減することで安全運転につなげる素敵な機能です。

マイナーチェンジで新型スカイラインにも搭載されると予想されていましたが結果実現せず。どうやらフルモデルチェンジまでお預けとなりそうです。

各メーカーも自動運転技術で追従

こういった自動運転技術に関して各メーカーがこぞって開発を進めており、最近では2017年8月7日にスバルが新型「レヴォーグ」と「WRX S4」に『ツーリングアシスト』を全車標準装備しました。

日産のプロパイロットは高速でのノロノロ運転に対応するため、70km/hに満たない車速でもステアリングの制御が可能となりましたが、50km/hを切ると、前を走る車がいない場合の制御はできなくなります。

一方、スバルの運転支援システム「アイサイト」に含まれる「ツーリングアシスト」は、全車速域での制御を実現しています。日産のプロパイロットも近いうちに機能をアップグレードしてくるはずです。

新型スカイラインの販売価格

内外装の質感向上や装備の充実により、現行モデルに比べ約1〜9万円ほど値上がりしました。また、専用アイテムでスタイリッシュに仕上げられた特別仕様車「Cool Exclusive(クール エクスクルーシブ)」は廃止となっています。

燃料 駆動方式 グレード 価格(税込み)
ガソリン 2WD 200GT-t 416万4480円
200GT-t Type P 443万3400円
200GT-t Type SP 471万3120円
ハイブリッド 2WD 350GT HYBRID 495万5040円
350GT HYBRID Type P 522万3960円
350GT HYBRID Type SP 555万9840円
4WD 350GT FOUR HYBRID 523万5840円
350GT FOUR HYBRID Type P 550万4760円
350GT FOUR HYBRID Type SP 584万0640円

[参考]現行スカイライン(V37型)は2014年登場

現行スカイライン(V37型)

現行スカイライン(V37型)

憧れのスポーツセダンとして古くから人気の日産スカイライン。13代目となる現行モデル(V37型)は2014年から販売されています。

ラインアップは2Lターボのガソリン車と3.5L+モーターのハイブリッド車。ハイブリッドにはFFのほかに4WDも用意され、価格帯も413~582万円と幅広くプレミアムな設定です。

スカイラインが目指しているのは、最先端の技術で磨かれたスポーティーでパワフルな走り。堂々とした風格がもたらす直進安定性に加え、切れ味のあるハンドリングは魅力的です。また、高級感漂うボディは静粛性にも貢献していて、高速走行でも快適なドライブが楽しめます。

海外では「インフィニティQ50」として展開

海外市場では「インフィニティQ50」として流通。インフィニティ(INFINITI)は日産の高級車ブランド です。その姿は国内版のスカイラインとほとんど変わりません。

なお、現行スカイラインから、日産エンブレムの代わりに海外と同じインフィニティのエンブレムがつけられるようになりました。リアに残された「SKYLINE」の刻印がその名を物語ります。

マイナーチェンジまでの軌跡

2017年3月 新型Q50を発表

ジュネーブモーターショー2017で発表された新型インフィニティQ50

2017年3月のジュネーブモーターショーで、新型インフィニティQ50が発表されました。

マイナーチェンジしたQ50は、フロントバンパーやリアランプ等のデザインが変更されています。そして新たに装備されたのが、日産の誇る自動運転技術「プロパイロット」です。

プロパイロットは、高速道路で同じ車線内をそのまま走行する際にドライバーをサポートする機能で、アクセルやブレーキ、ステアリングを自動コントロールしてくれます。前を走る車や白線を瞬時に感知することによって一定の車間距離を保ち、レーンの中央を走ることができるシステムです。

2017年10月 東京MTSで新型スカイラインお披露目!

新型スカイライン1(東京モーターショー2017) 新型スカイライン2(東京モーターショー2017) 新型スカイライン3(東京モーターショー2017) 新型スカイライン4(東京モーターショー2017) 新型スカイライン5(東京モーターショー2017)

日産は2017年10月3日、マイナーチェンジをはたす新型スカイラインを東京モーターショー2017に出展することを発表。2017年12月下旬に発売予定ということも明らかとしました。

上の画像は実際に東京モーターショーに展示された改良後の新型スカイライン。車内に乗り込む方も多く見かけました。

2017年12月20日 発売

予想通り、2017年12月20日(水)に販売開始。

当初は2017年末から2018年初頭にかけてと発売日予想に幅がありましたが、やはり年内に滑り込んだ格好となっています。

スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る