次期ステップワゴンは2020年登場?フルモデルチェンジ内容や発売時期を予想

この記事をシェアする

次期ステップワゴン

FF・背高ミニバン市場のパイオニアとして1996年に初代がデビューしたステップワゴン。現行は2015年に登場した5代目モデルです。

比較的モデルサイクルが早い車種のため、そろそろ次期型へのフルモデルチェンジが気になりだす頃。そこで今回は、フルモデルチェンジ内容や発売時期を先取り予想しています。

ステップワゴンが6代目にフルモデルチェンジ

【新着情報】”次期型は開発されない”という噂が…

現行ステップワゴンは、1.5リッターダウンサイジングターボやヨコにもタテにも開くわくわくゲート、モダンな内装がアピールポイント。

昨年の大幅改良では、スパーダをフェイスリフトしてハイブリッド仕様を追加しています。

そんなステップワゴンもそろそろ次期型の開発が始まるころかと期待していましたが、なんとここにきて、”現行限りでの廃盤”がホンダ社内で検討されているとか…。

なんでも、

  • ノア3兄弟やセレナ等のライバルに苦戦
  • 主要ターゲットのファミリー層が少子化で減少
  • 国内特化車種であり開発・生産コスパが悪い

ということらしいです。さらにCX-8などの3列シートを持つクロスオーバーSUVが今後さらに台頭してくるでしょうしね。

だからといって、20年以上の歴史をもつ社を代表するクルマですし、ライバル車たちは頑張って売っています。フリードだけでは多くのお客さんを他社に持っていかれてしまうでしょう。

あくまでひとつの可能性の話しであって”存続する”と私は思います。

次期ステップワゴンの発売時期は

さて、気を取り直してお伝えしていきます。

次期ステップワゴンの発売時期は2020年が有力です。

歴代モデルも4〜5年で世代交代していますし、劣勢を強いられている現状ですので、遅くてもオリンピックイヤーには登場するはず。

2019年10月に開催予定の第46回東京モーターショーで市販型に近いプロトタイプが出展される可能性が高いです。

次期ステップワゴンのデザインを予想

標準タイプ(左)とスパーダ(右)

標準タイプ(左)とスパーダ(右)

ステップワゴンには、オーソドックスなフロントマスクの標準モデルと、精悍な顔つきのスパーダを用意しています。

現行型が苦戦する理由としてデザインがイマイチという声があります。そこで2017年9月のマイナーチェンジでスパーダの外装をイメージチェンジ。LEDヘッドライトの採用、フロントグリル、テールゲートスポイラーの形状を変更しました。

ただ、フロントは一気にカッコよくなったものの、リアの印象はほとんど変わらず。

ステップワゴンのわくわくゲート

バックドアが上にも横にも開く「わくわくゲート」が個性のひとつで、クルマの後ろが狭くても横開きでドアを開けて荷物の出し入れができるほか、3列目への出入り口としても使えます。

面白くて便利な仕組みなのですが、それに付随して左右非対称のリアデザインとなっていることに不満を持つ人も多いようです。

次期ステップワゴンでは、わくわくゲートと同様の機能を引き継ぎながら、左右対称デザインに戻すでしょう。もちろん今のままでも好きだという方もいるでしょうが、メーカーとして売れる車を作るには、なるべく最大公約数(悪く言えば当たり障りの無い)を目指すべきです。

次期ステップワゴンのパワートレーン

現行型には、

  • 1.5リッター直噴ターボのガソリン車
  • 2.0リッターi-VTEC+2モーターのハイブリッド車

を設定しています。

ハイブリッドを選べるのはスパーダのみでFF(2WD)限定です。

ハイブリッドシステムは「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。負荷がかからない状況ではモーターのみで走行します。

定評のあるユニットらしく、スピーディかつ静かに加速。また、専用チューニングサスペンションやパフォーマンスダンパー(上級グレード)を装備するなど、上位車種のオデッセイに迫る上質なドライブフィールを実現しています。

フルモデルチェンジ後も、ガソリン仕様とハイブリッド仕様のラインナップを継続すると予想。さらに磨きをかけた小排気量ターボとi-MMDを採用することになるでしょう。

フルモデルチェンジ後の販売価格

現在の価格は以下の通り。

  • ステップワゴン: 245~371万円
  • ステップワゴン スパーダ: 285~366万円
  • ステップワゴン スパーダ ハイブリッド:330~355万円

若い家族向けのミドルクラスミニバンなので、フルモデルチェンジ後も大きな値上げはないでしょう。ただ、スパーダをもう少し安く購入したいというニーズがあるので、ノアとヴォクシーのように価格は横並びで差別化する方法を提案をしたいところ。

ちなみに、スポーティコンプリートカーのステップワゴン・モデューロXが来年初頭にマイチェンをおこなう予定です。デザインにも手直しが入るようなので、フルモデルチェンジまで待てない人は一度チェックしてみてください。

【あなたにおすすめ】

トヨタ『新型ヴォクシー/ノア』最新予想!2020年フルモデルチェンジの内容とは

ホンダ・フリード 2019秋マイナーチェンジ特報!イメチェン&1Lターボ追加

ホンダ・新型オデッセイのスクープ情報!2020年フルモデルチェンジか

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る