スバル 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

この記事をシェアする

スバルの新車情報

スバルは現在、OEMを除くと7種類のモデルをラインナップ。

他メーカーに比べると少数精鋭となっていますが、今後2020年までに、WRX S4&STI、レヴォーグ、レガシィなどの全面改良ラッシュが続きます。

そんなスバルが2019年以降に投入予定の新型車を、最新スクープをもとにカレンダー形式でシェアします!

まずは2018年の新型車・モデルチェンジをおさらい

フォレスター

新型フォレスター

【2018年7月19日】フルモデルチェンジ(A型)

国内外で高評価のミドルサイズSUV「フォレスター」がフルモデルチェンジ。

  • NYモーターショー’18で新型フォレスター世界初披露!
  • スバルグローバルプラットフォーム採用で基本性能アップ
  • スバルの共通デザイン言語「ダイナミック & ソリッド」を採用
  • 2リッター+モーターのマイルドハイブリッド車を設定
  • スバル初となるドライバーモニタリングシステムを搭載
パワートレーン グレード 価格[4WD]
2.5L 水平4DOHC ツーリング 280万8000円
プレミアム 302万4000円
Xブレイク 291万6000円
2.0L 水平4DOHC
+モーター
アドバンス 309万9600円

※アドバンスは9月14日発表

詳細 新型フォレスター最新情報!2018夏フルモデルチェンジでハイブリッド登場!

アセント

【2018年7月】新型車(現時点で北米専売)

新型車「アセント」は、2017年11月のLAオートショーで初公開されたスバル車で最大のボディサイズをもつ3列シートモデル。2014年に一度販売を終了した「トライベッカ」の後継モデルとして登場します。

共通デザインテーマ「ダイナミック×ソリッド」や先進安全システム「アイサイト」など、デザイン・機能ともにスバルの最新アイデンティティがしっかり盛り込まれ、2018年初夏に発売される予定。トヨタ「ランドクルーザー」級の大きさなので日本発売は厳しそうですが果たして…。

詳細 スバル新型3列SUV『アセント』をLAショーで発表。日本導入の可能性や発売日は?

WRX S4 STI Sport

【2018年9月21日】グレード追加

ハイパフォーマンススポーツセダン「WRX S4」にトップグレードを追加。

・専用エクステリア|STI Sport用フロントグリル、トランクリップスポイラー、ダークグレーメタリック塗装の18インチアルミホイール、STIエンブレム(リヤ)など

・専用インテリア|RECARO製フロントシート、ステンレス製サイドシルプレート、レッドステッチ入りの本革巻きステアリングホイールなど

・足回り|STI独自チューンを施したビルシュタイン製フロントストラット「ダンプマチック2」やステアリングギヤボックスの取り付け剛性を高めるためのクランプスティフナー等

XV アドバンス

【2018年10月19日】HVグレード追加/年次改良(C型)

ハイブリッド・e-BOXERを搭載する「Advance」を追加発売。専用のエクステリア・インテリアが用意され、価格は282万円。期待されたアイサイト・ツーリングアシストの装備は無し。

スバルは2018年10月11日、クロスオーバーSUV『XV』の年次改良を発表しました。 昨年、全面改良を受けたばかりですが、新型フォレ...

スバル 2019年の発売予定&予想

シフォン / シフォンカスタム

【2019年中頃】フルモデルチェンジ

  • シフォンはダイハツ「タント/タントカスタム」のOEM供給車
  • 東京モーターショー’17に出展したコンセプト「DN U-SPACE」がベース
  • その他、新プラットフォーム採用、エンジン改良、安全装備強化など
ダイハツの軽トールワゴン『タント』と『タントカスタム』が新型にフルモデルチェンジします。 先行予約が2019年5月20日(月)以降に始...

インプレッサ

【2019年11月】マイナーチェンジ

外内装のリフレッシュやアイサイトのバージョンUPなど。新開発ハイブリッド「e-BOXER」の搭載にも期待。アプライドはD型へ。

スバルを代表する人気車種『インプレッサ G4』と『インプレッサ スポーツ』が、2019年11月にマイナーチェンジを予定しています。 内...

インプレッサ STIスポーツ

【2019年11月】追加モデル

最上級グレードのSTIスポーツが登場。モータースポーツで培った足回りのセッティングで強靭でしなやかな走りを実現します。専用エアロパーツなどを装着する外観にも注目。

今年1月に開催された東京オートサロンで、『インプレッサ STIスポーツ』のコンセプトが出展されました。 市販化を前提としており、発売日...

レガシィ B4

【2019年秋】フルモデルチェンジ

  • シカゴモーターショーで新型(海外仕様)を公開!
  • 次世代プラットフォームSGP採用で基本性能が飛躍的向上
  • 新開発の2.4Lダウンサイジングターボを搭載
  • 高速道路での車線変更が可能な次世代型EyeSight(ver.4)は見送り
スバルは2019年2月に開催された米国・シカゴモーターショーで、4ドアセダンの新型レガシィ(日本名:レガシィB4)をワールドプレミアしま...

レガシィ アウトバック

【2019年秋】フルモデルチェンジ

  • 4月のNYモーターショーでワールドプレミア予定
  • スバル・グローバル・プラットフォームを採用
  • 「ダイナミック×ソリッド」デザインを踏襲。SUVらしさがUP
  • アセントと同じ2.4リッター水平対向4気筒ターボを改良して搭載
現行からツーリングワゴンが姿を消し、レヴォーグへ役割を受け渡したレガシィシリーズ。 スバルのフラッグシップという立ち位置は変わらず、次...

2020年以降の発売予定&予想

レヴォーグ|フルモデルチェンジ

ジュネーブショー’18で初公開した「VIZIV TOURER CONCEPT」が次期レヴォーグのベースモデル。新世代プラットフォームSGPを導入し、ボディサイズを拡大。世界戦略車として展開する計画です。新開発ターボエンジンをスバル車で初搭載予定。

スバルの人気ステーションワゴン『レヴォーグ』が2020年にフルモデルチェンジ予定。 今年3月には次期型を示唆するコンセプトカーを発表す...

WRX STI/S4|フルモデルチェンジ

東京モーターショー2017で展示した「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」が次期WRX S4。東京オートサロン2018で公開した「VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」が次期WRX STIに繋がります。シャシーからパワートレインまで全面的に刷新。

スバルのスポーツセダンといえば、『WRX S4』とさらにハードな構成の『WRX STI』。 ともに設計の古さが目立ってきた現状ですが、...

BRZ|フルモデルチェンジ

FR駆動のライトウェイトスポーツ。次期型もスバルとトヨタの共同開発となります。キープコンセプトで深化。エンジンは排気量拡大を図る模様。新型は海外専売になる可能性も?

スバル車初のFRスポーツ・BRZが、2代目へのフルモデルチェンジに向けて開発を進行中。現行モデルと同様に兄弟車のトヨタ・86と共同で開発...

【よく読まれている記事】

トヨタ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

レクサス 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

日産 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

マツダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

ホンダ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

三菱自動車 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

ダイハツ 新型車&モデルチェンジ最新情報【2019-2020】

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る