スバル 新型車&モデルチェンジ最新情報【2018-2020】

この記事をシェアする

スバル(SUBARU)が2018-2020年に発売予定(予想)の車種を、公式情報やスクープ等をもとにカレンダー形式でご紹介します!

まずは2017年の新型車・モデルチェンジをおさらい

XV

XV

【2017年5月24日】フルモデルチェンジ(B型)

インプレッサから派生したクロスオーバーSUV「XV」が3代目にフルモデルチェンジ。富士重工業からSUBARUに社名変更後、初の新型車となります。

2016年登場の新型インプレッサと同じく、新世代プラットフォーム「Subaru Global Platform」を採用し、走行性能や衝突安全性能などクルマとしての基本性能が大幅に向上。デザイン面では、新デザインフィロソフィー「DYNAMIC × SOLID」を採り入れ、SUVらしさと街乗りにも映える洗練さを両立しています。エンジンラインナップは、新設された1.6リッター4気筒と直噴化された2.0リッター4気筒の2種類。

WRX STI

WRX STI

【2017年6月20日】マイナーチェンジ(D型)

スバルのスポーツフラッグシップモデルが大幅改良。新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)や新開発brembo製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤを採用し、AWDスポーツパフォーマンスがさらに高まりました。

また、フェイスリフトをおこなうとともに内装の質感を向上。グレード「Type S」には、スバル初となる電動調整式RECAROフロントシート(運転席&助手席)をメーカーオプション設定しています。

WRX S4

WRX S4

【2017年8月7日】マイナーチェンジ(D型)

WRX STIに遅れること1ヶ月ちょい、S4もマイナーチェンジを実施。サスペンションや電動パワーステアリングのセッティングを見直したことで、スポーツモデルを操る楽しさをより感じられるフラットな乗り心地とステアリングフィールを実現しました。

また、運転支援システム「アイサイト」に、スバル車で初搭載となる「アイサイト・ツーリングアシスト」と「後退時自動ブレーキシステム」を設定しています。

レヴォーグ

レヴォーグ

【2017年8月7日】マイナーチェンジ(D型)

初のマイナーチェンジをおこない、アプライドモデルはD型に移行。

エクステリアは、フロントグリルやバンパー、LEDヘッドライトのデザインを変更してより精悍な顔つきに。インテリアも、インパネやセンターコンソール、ドアグリップなどのデザインや装飾を見直し、質感を向上させました。

同日発売されたWRX S4と同様、0km/h~約120km/hに拡大した動作域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートする「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載され、長距離運転時の安全性と快適性が大きく高められています。

レガシィ アウトバック/B4

レガシィ アウトバック

画像はレガシィ・アウトバック

【2017年10月5日】マイナーチェンジ(D型)

現行の6代目からツーリングワゴンがレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2モデルとなったレガシィシリーズ。ともに大幅改良されました。

エクステリアはそれぞれのキャラクターが引き立つデザインに変更され、インテリアは随所で質感や利便性が向上。また、走りや燃費、静粛性が良くなったほか、安全装備も大幅アップグレードされています。

2018年スバル 発売予定&予想

XV

XV

現行XV

【2018年5月】年次改良(C型)

2017年に全面改良をはたしたXVが一部改良でアプライドC型になります。

ハイブリッドモデルが追加されるとともに、レヴォーグとWRX S4に初搭載された「アイサイト・ツーリングアシスト」が装備される見込み。

詳細 スバル・XVが2018年5月に年次改良 ハイブリッド追加とアイサイト・ツーリングアシスト搭載

アセント

【2018年初夏】新型車(現時点で北米専売)

新型車「アセント」は、2017年11月のLAオートショーで初公開された、スバル車で最大のボディサイズをもつ3列シートモデル。2014年に一度販売を終了した「トライベッカ」の後継モデルとして登場します。

共通デザインテーマ「ダイナミック×ソリッド」や先進安全システム「アイサイト」など、デザイン・機能ともにスバルの最新アイデンティティがしっかり盛り込まれ、2018年初夏に発売される予定。トヨタ「ランドクルーザー」級の大きさなので日本発売は厳しそうですが果たして…。

詳細 スバル新型3列SUV『アセント』をLAショーで発表。日本導入の可能性や発売日は?

フォレスター

新型フォレスター

新型フォレスター

【2018年7月】フルモデルチェンジ(A型)

国内外で高評価のミドルサイズSUV「フォレスター」が2018年にフルモデルチェンジ。

  • NYモーターショー’18で新型フォレスター世界初披露!
  • スバルグローバルプラットフォーム採用で基本性能アップ
  • スバルの共通デザイン言語「ダイナミック & ソリッド」を採用
  • 2リッター+モーターのマイルドハイブリッド車を設定
  • スバル初となるドライバーモニタリングシステムを搭載

詳細 スバル新型フォレスター最新情報!2018夏フルモデルチェンジでハイブリッド登場!

シフォン / シフォンカスタム

DN U-SPACE

DN U-SPACE

【2018年10月】フルモデルチェンジ

  • シフォンはダイハツ「タント/タントカスタム」のOEM供給車
  • タントに合わせて2018年10月頃フルモデルチェンジ予定
  • 東京モーターショー’17に出展したコンセプト「DN U-SPACE」がベースに
  • その他、新プラットフォーム採用、エンジン改良、安全装備強化など

関連 ダイハツ新型タント/カスタム フルモデルチェンジ最新情報!発売は2018年10月か

2019年スバル 発売予定&予想

レヴォーグ

VIZIV TOURER CONCEPT

ヴィジヴツアラーコンセプト

【2019年】フルモデルチェンジ(A型)

  • ジュネーブショー’18で「VIZIV TOURER CONCEPT」を初公開
  • VIZIV TOURER CONCEPTが次期レヴォーグのベースモデル
  • 新世代プラットフォームSGPを導入
  • ボディサイズを拡大。世界戦略車として展開か
  • 新開発ターボエンジンをスバル車で初搭載予定

詳細 スバル次期レヴォーグ大予想!2019年フルモデルチェンジでSGP採用、新ターボ搭載

WRX STI

VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT

【2019年】フルモデルチェンジ(A型)

東京オートサロン2018で公開された「VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT」が次期WRX STIの大きなヒントになりそうです。

新プラットフォームSGPの採用や新設計エンジンの搭載など全面的に刷新。まだ導入されていない安全支援システム「アイサイト」も装備される見込み。

詳細 スバル 新型WRX STI まとめ!2019年にも全面改良か 新デザインや搭載エンジン予想

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る