トヨタ 新型スープラの情報まとめ! 2019年1月発表、値段・外内装・MTなど

この記事をシェアする

新型スープラ

2002年に生産終了となったトヨタ・スープラが新型となって再び販売されます。

長い間リバイバルの噂が絶えず、その人気ぶりを再認識させられていましたが、ついに市販型のプロトタイプが正式公開されるまでに至りました。

ということ今回は、2019年前半に発売される新型スープラの情報をまとめてご紹介。

カムフラージュ無しの市販モデルCGをはじめ、内装のスパイショット、ボディサイズ、エンジンスペック、気になる価格予想まで詳しくお伝えします!

【最新情報】新型スープラのプロトタイプを初公開!

トヨタは2018年7月にイギリスで開催された「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で、新型スープラのプロトタイプを初公開。

3月の第88回ジュネーブ国際モーターショーではレーシング仕様の「GRスープラ・レーシングコンセプト」をお披露目していましたが、ついに市販モデルが姿を現しました。

新型スープラのプロトタイプ

新型スープラのプロトタイプ

全体が偽装ラッピングされていますが、充分全体のスタイリングを読み取ることができます。

イベントでは新型スープラの開発責任者である多田チーフエンジニアが自らハンドルを握り、デモ走行をおこないました。

ぜひ動画↑もご覧あれ!

やっぱり動いてるほうがかっこよさ倍増。たまらんエンジンサウンドを轟かせていますよ。

※記事後半でカムフラージュ無しの画像内装のスパイショットもご紹介!

[おさらい]トヨタ・スープラとはどんな車?

トヨタ・スープラは、1978~2002年に生産・販売されていたスポーツカー。

オーソドックスな後輪駆動レイアウトの採用やハイパワーなエンジンを搭載し、高性能なスポーツモデルとして多くのファンを獲得した名車です。

初代と2代目までのスープラは、国内では「セリカXX」という名前で販売。3代目からは北米仕様と同じく「スープラ」になりました。

スープラ(A80型)

スープラ(A80型)

4代目の通称「80スープラ」は、「THE SPORTS OF TOYOTA」というキャッチコピーをかかげ、トヨタとしては珍しくスポーツカーと銘うって登場。

ライバルの「日産・スカイラインGT-R」や「マツダ・RX-7」に比べてワイドなボディを持ち、全幅1,810mmに達する3ナンバー車となりました。

関連 トヨタ・80スープラの魅力に迫る!内装やエアロカスタム写真、現在の中古車相場など

新型スープラはトヨタ・BMWの共同開発車

新型スープラはトヨタとBMWの共同開発車です。

先日公開された新型BMW・Z4とプラットフォームやエンジンを共有します。

新型Z4

新型Z4

フロントフェイス等はそれぞれオリジナルとなりますが、全体のフォルムは酷似。

ともに2ドア・2シーターですが、Z4がソフトトップを採用するオープン仕様なのに対し、スープラはクローズドタイプとなります。

スープラ新型のエクステリアを徹底チェック

80スープラへの敬意が伝わるデザイン

新型スープラのプロトタイプ(フロントビュー)

デトロイトモーターショー2014で公開されたクーペコンセプト「TOYOTA FT-1」の意匠を受け継いだデザイン。

また、先代A80型のアイデンティティが多く取り入れられています。

例えば、ヘッドライトには左右それぞれ3連LEDを配していますが、80系も3つの円で構成されていました。

全体のフォルムもそっくり。

フロントバンパーに3つの大型インレットを持ち、フォーミュラーカーのようなノーズデザイン。

ヘッドランプの目尻下にはブレーキ冷却用のエアインテークが見て取れます。

新型スープラの型式となる「A90」の文字もプリント。

新型スープラのプロトタイプ(サイドビュー)

ロングノーズ・ショートデッキで、ゆるやかに傾斜したバックウインドウを持つファストバック・シルエット。

リアフェンダーの前方には、空気を取り込んで後輪まわりを冷ますエアスクープがあります。

新型スープラのプロトタイプ(リアビュー)

リアビューにも80スープラへのオマージュが込められているのが一目瞭然。

新型スープラの写真をみると

  • 縁取るように点灯するLEDリアランプ
  • テールランプの端から下方へのガーニッシュ
  • バンパー下部のフォグランプ
  • 左右両出しのエキゾースト

といった特徴があります。

カモフラージュなしの予想CGを入手!

新型スープラのカモフラージュなし予想CG

あくまでCGですが、ラッピングが剥がされたことでボディラインがより鮮明になっています。

いや〜ビューティフル!

ボディサイズ[先代のA80型と比較]

86(ハチロク)の上位に位置づけられ、ボディサイズも一回り大きくなります。

先代もワイドボディでしたが新型はさらに拡大。一方ホイールベースと全長は短くなります。

  新型(A90) 先代(A80)
全長 4380mm 4520mm
全幅 1860mm 1810mm
全高 1280mm 1275mm
ホイールベース 2470mm 2550mm
車両重量 1450kg 1510 kg

前後重量配分はBMWお得意の50:50を実現。
スポーツカーとしての卓越したパフォーマンスをドライバーの意のままに、そして安全に操ることができます。

スープラ新型の内装スパイショット

スープラ新型の内装スパイショット

BMWのテイストが色濃く反映されたコックピット。

ほとんどの部分がカバーで覆われていますが、水平基調のインパネを採用し、シンプル&硬派な印象となります。

大型ディスプレイの下には中央にハザードランプを備えた空調ダクトがみえます。

革巻きステアリングホイールにはパドルシフトを装着。

FR車であることを主張するかのごとく幅の広いセンターコンソールを採用。

  • 電子シフトレバー
  • iDriveのダイヤル式コントローラー
  • 電動パーキングブレーキ
  • カップホルダー

などが配されています。

BMW・Z4のインテリア

[参考]BMW・Z4のインテリア

こちらはZ4のコックピット。

センタークラスターがドライバーの方に向いているのはA80型を彷彿とさせます。どこまで同じ造形になるかは不明ですが、よく似たデザインになるのは確か。

搭載エンジンは2種類[スペック・燃費]

BMW製エンジンを採用。

  • 3.0L 直列6気筒ターボエンジン
  • 2.0L 直列4気筒ターボエンジン

の2種類を搭載します。

さらに2.0リッターエンジンには、チューニング仕様違いで、198馬力の通常版と258馬力の高性能版が用意される予定。計3タイプが設定されます。

トランスミッションはZF製の8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用。伝達効率や変速スピードに優れた高性能トランスミッションです。パドルシフトが装着され、マニュアルモードを楽しむこともできます。

完全なマニュアル車(MT)は設定されない模様。ただ、スポーツカーはやっぱりMTじゃないと!という人がまだまだ多いので、要望が多ければ後から追加があるかも?

パワートレーン 予想スペック
  3.0L 直6ターボ 2.0L 直4ターボ
最高出力 340ps/5500rpm 198ps or 258ps
最大トルク 45.9kgm/
1380〜5200rpm
駆動方式 FR(後輪駆動)
トランスミッション 8速AT(DCT)
JC08モード燃費 12.5km/L 15.0km/L

NASCAR仕様のスープラが登場

NASCAR仕様の新型スープラ

主に北米で行われるカーレース、「NASCAR」仕様のスープラが発表されました。

GRスープラ・レーシングコンセプトに続くレースモデルとなりますが、スポーツカーらしい、プロモーションを強く意識した先行登場となっています。

今後もさまざまなレースに参戦していくことでしょう。

新型スープラの値段を予想

  • 2リッターモデル:540万円〜
  • 3リッターモデル:690万円〜

先代スープラの新車価格は約290万円〜でしたから、 ほぼ2倍になります。

Z4と兄弟車なので致し方ないですが、往年のファンとしては「頼むからもう少し安くしてくれ〜」と思っていることでしょう。

とはいえ、復活してくれただけありがたいですけどね!

新型スープラの発売日はいつ?

待望の市販モデルは2019年1月のデトロイトモーターショーでアンベールされます。

その後、3月のジュネーヴショーで欧州初公開。ほぼ同時期にジャパンプレミアとなるでしょう。

発売時期については、2019年前半より順次、世界各国でリリース予定とのこと。

国内導入は2019年5月頃になるでしょうか。

なお、生産はオーストリアの自動車製造会社マグナ・シュタイアにて行われる予定。日本へは逆輸入販売という形になります。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る