トヨタ・80スープラの魅力に迫る!内装やエアロカスタム写真、現在の中古車相場など

この記事をシェアする

80スープラ

2002年に製造・販売を終了したトヨタの人気スポーツカー・スープラ。
まもなく新型スープラが復活登場!

車名の”スープラ”はラテン語で「至上かつ最高」という意味をもちますが、名前負けしない実力と魅力をそなえた1台でした。現在でも国内・国外を問わず高い人気があり、根強いファンが多くいます。私も学生のころ憧れており、RCカーを持っていた記憶があります。

今回はスープラの長い歴史の中でも、最終モデルの『80スープラ』にスポットをあててその魅力に迫りたいと思います。

トヨタ・スープラの歴史

3代目A70型(日本では初代スープラ)

3代目A70型(日本では初代スープラ)

スープラは1978年~2002年にわたってトヨタより製造・販売されていたスポーツカー。

初代のA40型とA50型、2代目のA60型までは「セリカXX」という名称で展開。北米でも1978年から販売されていたのですが、北米では初代からスープラと命名されています。

その後、1986年発売の3代目(A70型)からは国内でもスープラに名称変更。日本では初代スープラという位置づけで扱われています。

A80型のレース仕様

A80型のレース仕様

そして1993年、「THE SPORTS OF TOYOTA」というキャッチコピーを引っさげて、最終モデルのスープラ(A80型)が登場。

一般ドライバーの相棒としてだけではなく、全日本GT選手権などモータースポーツの世界でも華々しい活躍をしていきます。

80スープラの魅力に迫る!まずは外装・内装・サイズ

80スープラの外装

外観は一世代前の70スープラのイメージを一新し、曲面で構成された流麗なボディが特徴です。

ノーマルでも十分かっこいいですが、アフターパーツが豊富なスープラだけにエアロなどでさらにかっこよくカスタムして乗っている方が多いですね。

同じ車とは思えないほどカスタマイズされていることが多々ありますが、これだけエアロひとつでイメージがガラッと変わる車も珍しいと思います。

80スープラのエアロカスタム

めちゃくちゃカッコいい…

また、スポーツカーとしては大きい部類に入る車で、特に2002年に排出ガス規制に対応できず、ともに姿を消したライバル車種の「日産・スカイラインGT-R」や「マツダ・RX-7」に比べ車幅がワイドな設計なのが特徴です。

そのおかげで迫力あるエクステリアデザインに繋がっています。重量に関しても、ボディの剛性が高い分比較的ありますね。

車名 全長
(mm)
全幅
(mm)
全高
(mm)
ホイールベース
(mm)
重量
(kg)
80スープラ 4,520 1,810 1,275 2,550 1,510
スカイラインGT-R
(BNR32型)
4,545 1,755 1,340 2,615 1,430 – 1,480
RX-7
(FD3S型)
4,285 1,760 1,230 2,425 1,240 – 1,330

内装ではインパネ周りが高く評価されています。所有者のほとんどが気に入っている点としてあげるポイントです。

80スープラの内装

ドライバーに向けられたインパネはコックピットのようで、運転席を包み込んでくれる感覚があります。改めて見るとめちゃくちゃかっこいいですね・・・

ドリンクホルダーや小物入れなどの小ジャレた配慮は全くありませんが、その無機質な感じが逆にレーシングな雰囲気を醸し出してくれます。

走りを支えるエンジンやグレード構成

エンジンは直6の3.0リッター2JZ系。225馬力のNAエンジン「SZ」と規制値MAXの280馬力が自慢のツインターボエンジン「RZ」の2グレードで構成されています。

それに「4オートマチック」or「4~6速マニュアル」を組み合わせる形のラインナップ。なお全グレード共通で、駆動方式2WD、ドア数3、乗車定員4人です。

NAモデルのSZでも十分なエンジン性能で走りを楽しめますが、ツインターボのRZだと圧倒的な加速力がありサーキットでも高い戦闘力を発揮してくれます。

スープラA80型のエンジンルーム

高速での安定感も申し分なく、重量がありますがコーナーリング性能も高く、全体的に能力の高い素晴らしい車といえますね。

ちなみに、現在の中古車市場で特に人気なのが、ツインターボと発売当時日本の乗用車では初めて搭載された6速MTを組み合わせたモデルです。中古車相場については後でご紹介します。

エアロトップ仕様(オープンカー)も設定

80スープラのエアロトップ仕様

NAエンジンモデルには、エアロトップ(屋根部分を手動で外せる。タルガトップとも言う)も用意されていました。

今の車ではエアロトップ自体みかけませんが、天気のいい日なんかはエンジン音を楽しみながら最高に気持ちいドライブができそうですね~

現在の中古車相場は?

80スープラ(TRD仕様)

TRD仕様の80スープラ

現在もカスタマイズカーのベースとして使われることが多いスープラ。その理由は、トヨタのスポーツカーにおいてフラッグシップモデルであったことや、ボディやエンジンの剛性、耐久性が高いことから、メーカー系列以外の他社からもアフターパーツが多く発売されたことがあげられます。

その為、希少性も相まって今現在も高値で取引きされています。先ほどもお伝えしたとおり、特にツインターボのRZで程度が良いものは、新車価格に迫るような値段で取引されています・・・

いくつか現在売りにだされている中古車の条件をピックアップしてみましたので参考にして下さい。

年式 グレード ミッション 走行距離 ボディカラー 修復 支払総額
2002 RZ 6速MT 2.4万km ガンメタ 約360万
1998 SZ 5速MT 4.0万km ホワイト 約140万
1995 SZ 4速AT 12.5万km ホワイト 約110万

中古車なのでいろいろな要素で価格は上下しますが、やはり最終モデルでRZ、6速MT、走行距離が少ないとなると結構な費用になりそうです。逆に一番安いものだと、総額60万円ほどで購入できる個体もありました。

まとめ

高いデザイン性と確かな走りの実力、豊富なカスタマイズ性が、今現在も根強い人気を誇る理由といえますね。

また、復活を遂げる新型スープラの発売が近づいています。ファンやマニアにはたまらないトピックス!

↓の記事では新型の画像やスペック、価格などをたっぷりご紹介しています。ぜひご覧ください!

関連 トヨタ 新型スープラの情報まとめ! 2019年1月発表、値段・外内装・MTなど

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る