スイフト/スイフトスポーツ2020年マイナーチェンジ!?フィットと比較も

この記事をシェアする

スイフト/スイフトスポーツのマイナーチェンジ情報

スポーティなイメージを高めた現行スイフト。

多彩なエンジンラインナップを揃えており、より走行性能を高めたスイフトスポーツも根強い愛好家を持ちます。

当記事では、そんなスイフトのマイナーチェンジ情報をシェア!

【スイフトのマイナーチェンジ】時期はいつ?

スイフトのマイナーチェンジは2020年1月。スイフトスポーツは2020年9月と予想

現行スイフトは2017年1月に発売された4代目モデルです。

スイフトスポーツは同年9月20日に世代交代が行われました。

歴代モデルはすべて約6年でフルチェンジしています。また、初代以外は3年目にマイナーチェンジを実施。自動車業界では一般的なスパンです。

この慣習や今もスズキの基幹車種ということを考慮すると、現行型も3年でマイチェンする可能性がとても高いです。

これを現行車に当てはめると、スイフトのマイナーチェンジは2020年1月スイフトスポーツは2020年9月と予想できます。

▼参考:現行車の改良や追加モデル

現行スイフト/スイスポの主な遍歴
年月内容
17年1月スイフト発売
17年7月ハイブリッド追加
「HYBRID SG」「HYBRID SL」
17年9月スイフトスポーツ発売
17年11月・特別仕様車「XGリミテッド」発売
・「RS」にCVT車を追加
18年10月特別仕様車「XRリミテッド」発売

次期型スイフトは2019年秋の東京モーターショーでの発表が濃厚でしたが、コンセプトカーなどは展示されませんでした。

少し早まって2019年内にリリースする可能性もまだ残ってはいますが、やはりこのままいくと2020年のマイナーチェンジとなる方が濃厚でしょう。

ライバル車でもあるホンダのフィットは2019年の東京モーターショーで初公開されました。

新型フィットの発売は最初2019年内とされていましたが、部品の不具合により2020年2月に延期となっています。

2020年1月発売となれば、スイフトとしては先手を打てることになりますね!

関連 【ホンダ・新型フィット】2020年2月フルモデルチェンジ!先行予約はいつ?価格は?

【スイフトのマイナーチェンジ】外装のデザイン変更。どこが変わる?

前後バンパー、リヤランプのデザイン変更

新色の追加

マイナーチェンジでは、前後バンパーやリアランプ等のプチ・リフレッシュが行われるでしょう。

ボディーカラーの追加などがあるとの噂も出ています。

今でも赤、青などぱっと目を引くはっきりした色が魅力的ですから、新色登場に期待大です!

現行スイフトの外装

現行スイフトの外装

先代と比べ、現行スイフトの外装はグッとスタイリッシュになりました。

4つのタイヤが踏ん張るデザインを持ち、スポーティ感を重視。

また、後席ドアの取っ手をCピラーに移設し、2ドアクーペのようなスタイルを演出しています。灯火類のLED化も大きいです。

▼現行スイフト

現行スイフト 画像 インスタ1

引用:instagram

遅れて登場したスイフトスポーツは、標準モデルより全幅とトレッドを40ミリ拡大。

現行スイフトスポーツの外装

現行スイフトスポーツの外装

より開口部の広い専用フロントグリルや躍動感のあるバンパー、専用アルミホイールを採用しています。

左右2本出しマフラーで迫力もアップ。スポーティーな車には複数マフラーのデザインは欠かせないものになってきていますよね。

▼現行スイフトスポーツ

スイフトスポーツ 現行車 画像

引用:instagram

現行スイフトスポーツ車 画像 2

引用:instagram

どちらを買うか迷う方も多いということで、ライバルのフィットと比べてみましょう。

▼次期型フィット

次期型FIT 画像3

次期型フィット 画像2

次期型フィット 画像3

次期型フィットは、とってもシンプルです。しかし、その中にも少し個性のあるものを取り入れてきそうですね。

シンプルの方が年代問わず、飽きがこないという意見もありますよ。

ただ個人的に、「なんだかオシャレなの乗ってるね」と褒められそうなのはスイフトな気がします。

マイナーチェンジって、フルモデルチェンジよりはインパクトが少ないかもしれませんが、個人的には後期の車ってううと思うんですよね。

前期の車の良いところを踏襲しているのはもちろん、もう少し!っていう所を改善して出て車なわけですので。

不具合も少ないでしょうしね。

あなたたは前期派でしょうか?それとも後期派でしょうか。

スイフトの後期を狙っているなら、裏ワザを試して損なく新車を手に入れましょう。

こちらに、このサイトの読者様限定でお伝えしている新車値引きの記事をお載せします。

スイフト以外にも使える技なので、ぜひ少しでも安く相棒を手に入れてください!

https://carmuse.jp/sinsya-nebiki

【スイフトのマイナーチェンジ】内装のデザイン変更

マイナーチェンジでは、シート色の見直しやさらなる質感向上が図られます。
現行スイフトの内装

現行スイフトの内装

パネル類の質感が高く、コンパクトながらも所有感を満たす室内となっています。

現行車では3つのタイプの内装が選べます。

現行車 スイフト 内装 画像 赤 現行車 スイフト 内装 画像 ホワイト 現行車 スイフト 内装 画像 黒.1png

現行スイフトスポーツの内装

現行スイフトスポーツの内装

スイスポのインパネは赤の差し色でスポーティ。

サイドサポートに優れた専用シートや専用メーターを装着して、ハイパフォーマンス仕様らしさを表現しています。

ライバル車のフィットは、次期型で設定される5つのボディーのタイプに合わせて内装のカラーにもバリエーションを持たせるようです。

次期型 フィット 内装 写真1 期型 フィット 内装 写真2 次期型 フィット 内装 写真3 次期型 フィット 内装 写真5 次期型 フィット 内装 写真6

シートは何か一色と言われたら黒で間違いないでしょうが、スイフトももっと質感を向上させたりして、内装によりこだわりのある人も満足できるように設定するかもしれません。

【スイフトのマイナーチェンジ】新ボディカラー登場?

マイナーチェンジで、新ボディカラーを設定する見通しです。

標準モデルのボディカラーは新規色の「バーニングレッドパールメタリック(赤系)」や「スピーディーブルーメタリック(青系)」など全9色+ツートン1タイプを設定。

スイスポは、スポーツ専用色「チャンピオンイエロー4」を含む6色展開となっています。

そして、外観の段落でもお伝えしましたが、新型フィットも他にはなかなか無い色を取り入れそうです。

ですので、ツートンルーフが増えたり、スイスポにもう少しカラー展開があると、自分の好みの色にできる方が増えそうですね!

【スイフトのマイナーチェンジ】セーフティーサポートの機能強化

現在もデュアルセンサーブレーキサポートをはじめ、多くの先進安全システムを搭載中。

マイナーチェンジでは、さらに機能を充実させます。

車線逸脱抑制機能

今はスポーツだけに設定している「車線逸脱抑制機能(セーフティパッケージ装着車)」を標準スイフトにも追加するでしょう。

よそ見や居眠りなどによる車線逸脱を防ぐため、ドライバーのハンドル操作をサポートする機能です。

ACC

長距離運転を楽~にしてくれる、アダプティブクルーズコントロール(ACC)。

運転が好きな方の中には「無くてもいいんじゃない?」と思う方もいると思います。

しかし「開発してくれた人、ありがとう」と感謝するも人多くいるこの機能。やはりあると便利ですよ。

現在は走行速度が約40km/h~対応ですが全車速追従になる見込みです。

ヘッドアップディスプレイ

スペーシアに搭載する「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」の導入にも期待。

速度メーターやシフトレンジ、ナビ(30m先を右折等の簡易な道案内)を目線の先に表示してくれるんです。ホットハッチにこれが付いたらすごくかっこいいですよね。

助手席に乗せた人に「おお~」と言われそうじゃないですか?

次期型フィットもホンダセンシングを全タイプの車に標準装備にするでしょう。

ここは安全装備の充実と、まだフィットには付いていないヘッドアップディスプレイの設定でスイフトもフィットに対抗したいところです。

是非装着してほしいですね!

お気に入りの車を見つけた時、買いたいけどお金がな…と悩むことってありますよね。

いきなり大きいお金を手に入れるのは難しいものです。

おすすめはコツコツ貯めること。しかも、何か特別な努力を日々続けるのは大変なので、簡単にできることが良いですよね。

そこでおすすめなのは車の保険の見直しです。

ディーラーさんにお任せで、損していませんか?簡単チェックで保険を適正なものに見直せば、その分浮いたお金を新車の購入資金にしたり、改造に使う事だってできます。

ぜひお試しください。

【スイフトのマイナーチェンジ】パワー&ドライブトレーンの改良は?

スイフト エンジン 画像

マイナーチェンジでエンジンの大きな改良は施されないでしょう。

現行車のエンジンラインナップはとても充実しています。

現行スイフト(標準モデル)は、

  • 1.2L直4[ガソリン車]
  • 1.2L直4[マイルドハイブリッド]
  • 1.2L直4[ストロングハイブリッド]
  • 1.0L直3ターボ[ガソリン車]

の4タイプのパワーユニットを設定。

最高出力は91~102PS

最大トルク118~150Nm

それぞれに組み合わさるトランスミッションも、CVT、5MT、5AGS、6ATと幅広いです。

先代比120kgの軽量化により、優れたハンドリング特性と高い動力性能を両立しています。

一方スイフトスポーツの現行車は、

  •  ハイオク仕様の1.4Lダウンサイジングターボ

を搭載。

最高出力140PS最大トルク230Nm。

6MTと6ATを用意しています。

車重は先代より約70kg軽く、6ATでも990kg。それにより高性能化しながらも燃費は向上し、現代的に進化をはたしています。

なお、スイスポの駆動方式はFF(2WD)のみですが、4WDの追加に期待が寄せられています。

雪国でもスイフトを見かけることもあるので、スイスポにも4WDがあったら嬉しいですね!

関連 スイフトスポーツに4WD追加の可能性は?

ライバルのフィットは、次期型のエンジンに関して詳しいスペックなどが公表されていません。

フィット現行車のエンジンは、1.3~1.5Lの直列4気筒となっています。

そして、同じくフィット現行車の最高出力は100PS~、最大トルク119Nm~です。

しかし、次期型フィットでは新しい2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」をホンダのコンパクトクラスとして初採用するとしています。

このe:HEVの詳細はまだ明らかにされていませんが、普段の使用のほとんどをEV走行にし、環境性と乗り心地の向上が図られるでしょう。

それによって、燃費も良くなるこも期待されます。

スポーティーな車とはいえ、スイフトもフィットに負けてられませんから、燃費の向上もしくは走行性能の改良でエンジン的にも有利なポイントを持ちたいところですね。

MEMO(実燃費、当サイト調べ)

現行スイフトガソリン車の実燃費:18~20㎞/L

現行スイフトハイブリッド車の実燃費:19~22㎞/L       

現行フィットガソリン車の実燃費:19~24㎞/L

現行フィットハイブリッド車の実燃費:22~28㎞/L

【スイフトのマイナーチェンジ】価格はどうなる?マイナーチェンジで追加されるグレードって?

価格

マイナーチェンジ後の価格予想

スイフト:約153万円~(セーフティーパッケージあり)

スイフトスポーツ:約192万円~

価格にそこまで大きな上下動はないでしょう。過去のマイナーチェンジ時の価格上り幅から想定すると、5~7万円アップに納まると予想します。

▼スイフト現行車の販売価格
スイフト:1,483,000円~(セーフティーパッケージレス車1,375,000円~)
スイフトスポーツ:1,870,000円~

▼現行の人気グレード ※スポーツ含む
1位:スポーツ
2位:ハイブリッドRS
3位:XL

ライバルのフィットも同じような価格帯となっております。

▼フィット現行車の販売価格

ガソリン車:1,455,300円~

ハイブリッド車:1,731,400円~

新しいハイブリッドシステムが載るとしたら、次期型フィットハイブリッド車は価格の上り幅が少し大きくなるかもしれませんね。

新グレードはあのエボ?

スイスポにホットチューニングを施したスイフトスポーツ・エボリューションの登場が噂されています。

180馬力への出力UPや走りを極める足回りパーツを装着するとか。

小さいのに俊敏な動きで、思わずみんなの注目の的になっちゃうかもしれませんね。

こちらも大注目です!

関連 スイフトスポーツ・エボリューションが2019年秋に登場か!

参考:スズキ公式 スイフトスイフトスポーツ

気になる他のライバル車情報はこちら!

関連 トヨタ アクア新型 2019年内にフルモデルチェンジ!

関連 日産 次期ノート 2020年フルモデルチェンジ予定!

関連 新型ヴィッツのフルモデルチェンジ最新情報

関連 三菱ミラージュ フルモデルチェンジ!2020年日本発売?マーチと比較も

関連 スズキの新型車&モデルチェンジ発売予定【2019-2020】

関連 ハスラー2019年フルモデルチェンジ発表!発売は2020年?キャストと比較も

関連 スズキ・イグニス2019年マイナーチェンジで安全装備が充実!特別仕様車も!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る