【2019年?】スイフトスポーツに4WD追加の可能性は|四駆システムの詳細

この記事をシェアする

スイフトスポーツに4WD

本家スイフトを上回るほど売れているスイフトスポーツ。

1グレード展開ですが専用ボディ&エンジンを採用し、6MTと6AT(パドル付き)を設定しています。

それでいてスイフトRStより20〜24万円高と比較的安価なところも魅力。

そんなスイスポに望む声が多いのが4WDモデルの追加です。

スイフトスポーツに4WD追加の可能性は?

標準のスイフトは2WD(FF)と4WDをラインナップしています。一方のスイフトスポーツはFF(前輪駆動)のみ。

手頃なホットハッチという性質や、歴代モデルも設定してこなかったことを考えると望みは薄く感じます。

しかし、新型(現行)の企画段階で、ぎりぎりまで検討したけど断念したという噂があります。2本出しマフラーを採用したことで、スペース的に四駆機構を載せることができなかったとのこと。

この話が本当なら、スズキは4WDを用意する意思があるということになります。

大きめの改良を厭わないマイチェン後なら、4WDを追加する可能性がありそう。ニーズは十分ですし、悩んでいたのなら尚更。実際、発売を望む声が多くあります。

一方で、せっかく軽量&ダウンサイジングにこだわっているのにあり得ない、という見方も。たしかにここはネックになりますね。

[参考]スポーツカーに4WDを採用するメリット

スポーツ走行を得意とするクルマは、FR(後輪駆動)というイメージが強いでしょう。たしかにその通りなのですが、最近は4WDのスポーツモデルも増えています。

たとえば国産車だと、日産GT-R、ホンダNSX、スバルWRX STIなど。輸入車だと、ポルシェ911カレラ4、アウディTTなど。

4WDは4つのタイヤ全てが回転することで、駆動力のロスを防ぐことができます。エンジン出力を前輪・後輪どちらか一方に伝えるよりも、路面をしっかり捉えて前に進む力が大きくなるのです。

つまり、理論的には四輪駆動のほうが速く走れます。もちろん雪道や悪路での走破性も上。

また、4WDはコーナリングが不得手とされてきましたが、近年はコンピュータ制御技術が進歩したことで、状況に応じた細やかなコントロールが可能になっています。

反面、デメリットは車重とコスト面。2WDより価格が高くなります。

スイフトスポーツに搭載する4WDシステム

スイスポに搭載が予想される4WDシステムは、スズキ独自の次世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」。

すでに「SX4 S-CROSS」と「エスクード」に装備しています。

「ALLGRIP」は「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなる

路面の状況や運転者の好みに応じて4つのモードを選択可能。優れた走破性と走行安定性を実現します。

スイスポ向けに特化したシステムチューニングが施されるはずです。

発売時期を予想

別記事でスイフト/スイフトスポーツのマイナーチェンジ情報をご紹介していますが、スイスポは2020年秋頃に大幅改良する見通し。

4WD追加があるとしたらやはりそのタイミングが有力です。

ただ、標準モデルが特別仕様車などを次々発売しているのに対し、スイスポは軽微な改良のみ。マイチェンまでの話題換気として、2019年にサプライズ登場があるかも!?

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る