ホンダ新型ヴェゼル最新予想!2018年2月マイナーチェンジ予定!

この記事をシェアする

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が、2018年2月にマイナーチェンジをおこなうと予想されています。

本記事では、新型の予想デザイン画像をまじえながら、マイナーチェンジでどのような変更があるのか詳しくご紹介!

気になる価格や発売日の最新情報もお伝えします。

ホンダ・ヴェゼルとはどんな車?

<現行ヴェゼル>

現行ヴェゼル

ホンダ「ヴェゼル(VEZEL)」は、3代目フィットをベースにしたコンパクトSUVです。

2013年に発売されて以来、力強くスポーティーな走りとクーペを思わせる上品なデザインで大人気となりました。

ジャンル別の販売台数では3年連続で1位を記録しています。

現行ヴェゼルのスペック

ラインアップは1.5L直噴ガソリンエンジンと、1.5L直噴エンジン+モーターのハイブリッド。ハイブリッド車にも直噴エンジンを用いることにより、高速走行もパワフルです。

そしてさらに低燃費。車体重量は1トン超えながら、ハイブリッドモデルでは27km/Lとなっています。

2016年には一部改良がなされ、安全装備「ホンダセンシング」を選択できるようになりました。また、新たに追加された「RS」タイプでは、走りの安定性がさらにアップしています。

また、特筆すべきは、そのコンパクトな外観からは想像できない室内空間。なんといっても荷室容量は393Lと、ライバルのトヨタ「C-HR」の318Lをはるかに上回っています。

新型ヴェゼルの最新情報

エクステリア(外観)は海外モデルに追従か

ヴェゼルは海外市場において「HR-V」という名前で流通しています。

そして、最近そのHR-Vの新型デザイン予想CGが公開されました。

ヴェゼルのマイナーチェンジも、この海外版と同じような進化を遂げるのでは?という予測が立てられています。

新型レンダリングCGがこちらです。

HR-Vの新型デザイン予想CG

このCGでは、現行モデルからの大幅なデザインチェンジはなされず、顔周りを中心とした細かい改良がおこなわれることを予想しています。

好評を得ているデザインなので、大きく変える必要はないですからね。

ただ、手直しをするからには、より洗練し成熟した進化を遂げるはずです。

<ジュエルアイLEDを採用するステップワゴン>

ジュエルアイLEDを採用したステップワゴンスパーダ

その進化のひとつが「ジュエルアイLED」です。

最近ではステップワゴンにも使用されています。ジュエルアイの持つキラキラとした輝きが、エッジのきいた精悍さを印象づけますね。

もうひとつ有力視されているのは「シーケンシャルウィンカー」

こちらはトヨタ「C-HR」ほか、ホンダでは新型「N-BOX」にも採用されています。点滅するたびにオレンジの光が流れる様子は、新しいヴェゼルにも似合うこと間違いなしです。

インテリア(内装)の変更点は

ヴェゼルのインテリア

ヴェゼルは現行のインテリアの評価も高く、レザーで巻かれたインパネやコンソール周り、ドアトリムなど、じかに体に触れる部分の質の高さには定評があります。

つい触ってみたくなるその質感だけでなく、ゆったりとした室内空間の居住性や、深さの変えられるドリンクホルダーなどの使いやすさでも好評です。

しかし、今回のマイナーチェンジで期待されることとして、ナビゲーションシステムに「Apple CarPlay」の搭載を望む声があります。

Apple CarPlayとは

アコードのApple CarPlay

こちらは、ホンダ「アコード」で使用されているApple CarPlayの画像です。

このように、車載ディスプレイにiPhoneが直接埋め込まれたかのようなスタイルで直接iPhoneを操作することができます。

たとえば iPhone内の音楽を聞くこと。ハンズフリーでの通話メッセージの送受信。アプリでの地図の表示ルート案内などです。

さらに快適・安全に、ドライブが楽しめそうですね。

パワートレインの選択肢はさらに増える?

現行の1.5L直噴エンジンと1.5Lハイブリッドの設定はそのまま継続される見込みですので、更なる性能アップと燃費の向上を期待したいところです。

また、今回のマイナーチェンジでは新たに「ダウンサイジングターボエンジン」と「クリーンディーゼルエンジン」が追加されるのではという噂があります。

1.0Lダウンサイジングターボ

現在、ヴェゼルのライバルである同クラスSUV、日産「ジューク」やトヨタ「C-HR」には、すでにターボエンジンが搭載されています。

そのことから、ヴェゼルにもターボモデルを!という声が多いようです。

もし搭載されれば、運転の楽しさを予感させるターボの加速性能に加え、排気量を小さく抑えることによる燃費性能アップも期待できますが、今回のマイナーチェンジで設定する可能性は低いでしょう。

1.5Lクリーンディーゼルエンジン

海外仕様のHR-Vに採用されているエンジンは1.5Lのディーゼルエンジンです。

国内ライバル車ではマツダ「CX-3」にディーゼルの設定がありますね。

CX-3に対抗して導入するという考えもありますが、ヴェゼルはすでに十分な商品価値をもっていることや、マイナーチェンジであることを考慮すると、やはりこちらも発売される可能性は限りなく低いです。

ホンダセンシングを全車標準装備

2016年2月の改良で、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が選択可能となりましたが、今回から全車に標準搭載となる見込みです。

すでにC-HRには、トヨタセーフティーセンスPが全車に標準搭載。予防安全性能を重要視するユーザーにとって、歩行者検知や緊急自動ブレーキなど魅力のあるパッケージとなっています。

その他メーカーも安全運転支援システムの標準装備化を進めていますが、ヴェゼルも対応することになります。

ホンダセンシングの機能一覧

  • 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール
  • 標識認識機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能

国内発表・発売日はいつ!?

気になる発売時期ですが、最新情報によると2018年2月が濃厚です!

3月の決算に向けてホンダも力を入れてくることでしょう。

また、最新情報が入り次第更新しますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る