ホンダ・ヴェゼルに1.5Lターボを追加! 発売時期は2018年秋?価格や性能は

この記事をシェアする

ヴェゼルに1.5Lターボを追加

人気コンパクトSUV『ヴェゼル』に、過給器を有する1.5Lターボ車を追加予定!

専用名が与えられるという噂もあります。

搭載するターボエンジンの詳細や、価格、発売時期についてご紹介します。

ステップワゴンやジェイドと同じ1.5L直4ターボを採用

現行ヴェゼルのエンジンラインナップは、

  • 1.5Lガソリン車
  • 1.5Lハイブリッド車

の2つ。

当初はここに、新開発の1.3Lダウンサイジングターボが追加されるとみられていました。

ところが最新情報では1.5Lターボが搭載される見通しとなっています。

今夏発表された「HR-V(ヴェゼルの海外仕様)」の2019年モデルに1.5Lターボを先行搭載していることから、確定とみて間違いないでしょう。

今年2月にマイチェンしたホンダ・ヴェゼル

今年2月に大幅改良したホンダ・ヴェゼル

この1.5Lターボは2015年に全面改良を受けたステップワゴンで初搭載されたエンジン。

その後、同ユニットをジェイドやCR-Vに相次いで搭載しています。(海外仕様のアコードにも設定)

1.3Lターボより総排気量がアップすることで、余裕ある動力性能を備えることになります。

ハイブリッド、ガソリンのNA(自然呼気)、追加されるガソリンターボと、全て1.5Lに統一されるのも分かりやすくて◎

エンジンスペック予想(現行と比較)
  1.5Lターボ(予想)
現行ガソリン車 現行ハイブリッド車
エンジン 1.5L 直噴 VTEC TURBO 1.5L i-VTEC 1.5L i-VTEC+i-DCD
最高出力 150/5,500 131/6,600 132/6,600
最大トルク 20.7/1,600-5,000 15.8/4,600 15.9/4,600
モーター出力 29.5/1,313-2,000
モータートルク 16.3/0-1,313
駆動方式 FF FF/4WD FF/4WD
トランスミッション CVT CVT 7DCT
JC08モード燃費 17.6-18.0 km/L 19.6-21.2 km/L 21.6-27.0 km/L

※最高出力:PS/rpm、最大トルク:kgf・m/rpm

強力ライバル「トヨタ C-HR」に逆襲なるか

2014〜2016年の3年間、SUV部門の販売台数NO.1を走ってきたヴェゼル。

しかし2017年は新型車としてデビューしたトヨタ・C-HRにその座を奪われる結果に。

ヴェゼルは2018年2月に待望のマイナーチェンジを実施し、内外装のブラッシュアップやハイブリッドシステムの改良などで巻き返しを狙いましたが、C-HRも同年5月の一部改良で1.2Lターボに2WD車を追加するなどさらなる商品力強化を図っています。

関連 ホンダ 新型ヴェゼル 2018マイナーチェンジでの変更点は?前後比較を詳しく!

今一番激戦区であろうコンパクトSUV市場をひっぱる両車。ヴェゼルはパワフルな1.5Lターボ車を追加設定することで徹底抗戦する構えです。

ターボ車は「ヴェゼル・ツーリング」という専用名になるかも

レガシーツーリングワゴン

”ツーリング”といえばスバル・レガシー

追加される1.5リッターターボ搭載車は、「ヴェゼル・ツーリング」という専用名になる可能性があるようです。

確かに、グレード名にターボを意味する「T」を追加する等の処置よりも、ターボ車のキャラクターを強調しやすく響きもカッコいいです。

ブランディングだけでなくグレード構成がわかりやすくなるメリットもありますね。

ツーリングと聞くと「スバル・レガシィツーリングワゴン」が頭に浮かぶ人が多いと思いますが、果たしてツーリングの代名詞がヴェゼルに取って代わるのでしょうか。車名にも注目です。

ヴェゼル ターボの価格予想

  • 1.5L ターボ:232~272万円(予想)
  • 1.5L 自然呼気: 207~247万円
  • 1.5L ハイブリッド:246~292万円

自然呼気モデルに比べて25万円高くなると予想。

ターボ車との相性ばっちりのスポーツグレード「RS」は270万円前後になるでしょう。

ヴェゼル ターボの発売日はいつ?

発売日については各自動車雑誌がいろいろな予想をたてています。

早ければ、マイチェンの新車効果が落ち着いた11月頃にも登場。

一方、ディーラー情報としてマイチェンから約1年後という話も。

総合的に考えると2019年2月発売が濃厚かもしれません。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る