日産次期エクストレイル 2019年フルモデルチェンジで大型化&PHEV設定

この記事をシェアする

日産の人気クロスオーバーSUV「エクストレイル」が2019年にフルモデルチェンジをおこない、世代交代すると予想されています。

気になる新型のデザイン予想から、噂される大型化やPHEVモデル導入に関する情報まで、次期エクストレイルについてまとめてご紹介します!

日産エクストレイルをサクッとおさらい

現行エクストレイル

現行エクストレイル

日産エクストレイル(X-TRAIL )は、2000年に発売された中型クロスオーバーSUVです。

初代モデルは、「4人が快適で楽しい、200万円の使える4駆」や「タフギア道具」といったコンセプトをもとに開発。はしご型フレームの本格SUVではないものの内外装はオフロードユースを意識しており、その角ばった無骨なデザインやアウトドアにぴったりなキャラクター、求めやすい価格であることから若者を中心に人気を得ました。

2007年にはキープコンセプトで2代目に移行し、2013年12月に3代目となる現行モデルに全面改良。街乗りに映えるエクステリアに大幅刷新し話題を呼びました。その後、2015年にハイブリッド車を追加し、2017年6月にはマイナーチェンジによって内外装の手直しや安全装備の充実などが施されています。

次期エクストレイルは「ニッサン IMx」がベースか

「ニッサン IMx」のエクステリア(フロント) 「ニッサン IMx」のエクステリア(フロント〜サイド) 「ニッサン IMx」のエクステリア(サイド) 「ニッサン IMx」のエクステリア(リア〜サイド) 「ニッサン IMx」のエクステリア(リア)

日産は、第45回東京モーターショー2017で、コンセプトカー「ニッサン IMx」を世界初公開。将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を見据え、「クルマとドライバーがより繋がり、もっとクルマで移動したくなる」。そんなクルマを具現化したコンセプトです。”和”の感性を取り入れたという先進的な内外装デザインに目を奪われますね。

また最大の目玉は、360°カバーする複数のレーダーやカメラ、センサー等と人工知能(AI)の組み合わせにより実現する完全自動運転。自動運転とマニュアル運転の切り替えによってステアリングが格納したりシートがリクライニングする「PD/MD モード」や、人の介入によって危険回避や安全誘導をおこなう無人運転システム「シームレス・オートノマス・モビリティ (SAM)」など、非常に革新的な機能を提案しています。

そしてニッサン IMxは、そのスタイリングから容易に推測できるとおり流麗なクロスオーバーSUVです。少し先進的すぎるデザインや機能ではありますが、ボディサイズ(下記表参照)が現行エクストレイルとそこまで大きく乖離していないことから、次期エクストレイルはこのニッサン IMxのエッセンスを色濃く反映し市販化されると予想できます。

[参考]ボディサイズ比較
※単位:mm  全長 全幅 全高 ホイールベース
ニッサン IMx 4700 1880 1620 2800
現行エクストレイル 4690 1820 1730 2705

ボディサイズは現行より若干大きくなり、上級シフトするという情報があります。2列シート5人乗りと3列シート6〜7人乗りが用意される模様ですが、現状申し訳程度の3列目シートの快適性は間違いなく向上しそうです。

また一方で、現在空白となっているエクストレイルよりも大きいサイズ枠に、三菱次期パジェロのOEM車が投入されるという噂も出ています。コンパクトSUVのジュークを含め、ラインナップのバランスが見直されるのかもしれません。

三菱自動車製のPHEV搭載が濃厚

エンジンラインナップは、現行と同じく2.0Lのガソリン車とハイブリッド車が引き続き設定される見込み。さらに、三菱からユニット供給を受け、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルが設定される可能性があります。

日産は、傘下となった三菱自動車の強みであるSUVやPHVの開発技術を有効に使っていく方針を固め、数年以内に日産のSUV車に初めてのPHEVモデルを発売する計画であることを公にしています。そしてその第1号がエクストレイルになる公算がとても高いというわけです。

2013年に発売した三菱・アウトランダーPHEVに搭載した技術が盛り込まれ、プラットフォームは日産製で共通化を図るとみられています。なお、日産と提携するフランスの自動車メーカー・ルノーにも順次PHV技術が投入される見込み。

発売日の最新予想

早ければ2019年夏頃にも発売されるかもしれません。ただ、現行が2013年12月に登場したので5年半ほどでフルモデルチェンジをむかえることになり、一般的なモデルライフよりも少し短いため2020年にずれ込む可能性も。いやいや、日産としてもオリンピック前の景気絶頂のタイミングでリリースしたいはず……。

そんなこんなでまだ予想の域を超えない状況ですが、今後も引き続き動向に注目していきたいと思います。

carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る