新型ヤリスGR SPORT/GRMN最新情報!スクープ画像を大公開!

この記事をシェアする

ヤリスGRMNは3気筒ターボ&4WD

トヨタのコンパクトカー『ヴィッツ』が今冬にフルモデルチェンジし、車名は海外仕様と同じ『ヤリス』に変更されます。

そして、現行モデルにもラインナップしている本格スポーツモデルのGRグレードが引き続き設定されます。

今回は新型ヤリス”GR SPORT”と”GRMN”の最新情報をキャッチしましたので、スクープ画像まで一挙公開致します。

新型ヤリスにはハイスペック仕様のGRMNも出る!

GRブランドの違い

上の画像はトヨタのスポーツチューンブランド「GRシリーズ」のピラミット図。

現行モデルにはアフターパーツを除く、「GRスポーツ」「GR」「GRMN」のすべてをラインナップしています。

そして、ヴィッツからネーミング変更となる次期ヤリスには、エントリー版のGRスポーツとハイエンド版のGRMNが登場する見込みです!

欧州では「フォルクスワーゲン・ポロGTI」をはじめ、スポーツグレードを設定するコンパクトハッチが増えてきています。日本ではスイフトスポーツが代表例でしょうか。

新型ヤリスもその代表格としてグローバル市場を取りに行きます。

ヤリスGR SPORTのテストカーのスパイショット

このテストカーに施されている偽装ラッピングは、以前にGRブランドで復活を遂げたスープラのテストカーで使用されたラッピングと同じものです。こういった過去の経緯から考えてもヤリスにもGR SPORT以上のモデルが設定されることは濃厚だと思われます。

スープラとあえて同じラッピングをするのは、注目を浴びるための戦略的要素も少しある気がします。

ヤリスGRMNの予想CG!

ヤリスGRMNの予想CG

従来モデルのフロントマスクはどちらかというと優しい表情で、”お母さんの普段の足”という印象が強かったヴィッツ。

新型はキリッとした顔つきに生まれ変わります。改名もあいまって一気にイメージが変わりそうです。

予想CGでは、

  • ハニカム構造の大型フロントグリル
  • 2本のフィンを装着したフォグランプ周りの造形
  • 大きめのリアウィング
  • 艶なしブラック塗装のアルミホイール
  • ブラック塗装のエアロパーツ

などを装着して、GRブランドの頂点に君臨する存在感を示しています。

新世代プラットフォームで走りがさらに進化

TNGA世代のGA-Bプラットフォームを採用。

軽量化や剛性UPの恩恵を受け、操作性や乗り心地が大幅に向上します。

従来型もWRC参戦のラリーベース車として高いシャシー性能を持っていましたが、さらなる進化をはたします。

▼外寸予想
全長×全幅×全高:3950×1735×1480mm
※ワイドフェンダーで3ナンバー

ヤリスGRMNは3気筒ターボ&4WDをチョイス

標準モデルは1.0リッターと1.3リッターの直3エンジンを搭載。

新開発のダイレクトシフトCVTと組み合わせられます。

一方、GRシリーズの普及版GRスポーツには、1.5リッターターボ(最高出力150ps以上、トルク25.0kg-m前後)を採用予定。

そして、GRMNは驚異の250馬力を発揮する1.6リッター直3ターボを搭載し、4WD(AWD)が与えられます。

これはホットハッチマニアにはたまらないスペック!

足回りもビシビシにチューニング

足回りや補強パーツも徹底的に専用セッティングをおこないます。

参考までに、150台限定発売されすぐに完売となった現行GRMNの装備です↓

  • GRMN専用BBS製鍛造アルミホイール
  • GRMN専用チューニングサスペンション(SACHS Performance アブソーバー)
  • トルセン®LSD(リミテッド・スリップ・デフ)
  • GRMN専用6速マニュアルトランスミッション(ショートストロークシフトレバー)
  • 剛性アップパーツ(フロントタワーバー・フロントロアアーム・フロントサスペンションメンバー後端ブレース・センタートンネルブレース・リヤロアブレース)

引用:トヨタ公式

ヤリスGR SPORT/GRMNの発売日を予想

標準モデルも2019年の冬にフルモデルチェンジが予想されています。ヤリスGR SPORTは標準モデルと同時に発表され、ヤリスGRMNは標準モデルから約1年遅れで発売されるでしょう。2020年秋〜冬が有力です。

また現行と同じく、GR SPORTはカタログモデルに、GRMNは限定販売となる可能性があります。前回のヴィッツGRMNは限定150台だったので、今回も同じような戦略はないでしょうか。

▼まとめ

  • ヤリス標準モデルは2019年冬にフルモデルチェンジ
  • ヤリスGR SPORTは標準モデルと同じく2019年冬にデビュー
  • ヤリスGRMNは1年遅れの2020年冬にデビューで限定生産
日本を代表するコンパクトカー『ヴィッツ』が2019年12月にフルモデルチェンジ予定。 見た目もシャシーもエンジンも全面刷新し、車名も『...
スズキ・スイフトスポーツに、走りを強化した”エボリューション”仕様が追加されるかもしれません! 昨年から某有名クルマ情報誌がエボの存在...

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%損します。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらで解説しています。

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→絶対損しないリアルに使える裏知識を大公開
車値引き「限界額」を超えるコツ暴露
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)90秒で愛車の最高額がわかる!

 

→損したくない人が必ず使っている高額買取査定



 

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!
  • スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!

スマホで今すぐ買取相場を知る↓



carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る