新型ヤリスGRMNが2020年秋に登場!3気筒ターボ&4WDで強烈な走りを実現!

この記事をシェアする

ヤリスGRMNは3気筒ターボ&4WD

トヨタのコンパクトカー『ヴィッツ』が今冬にフルモデルチェンジし、車名は海外仕様と同じ『ヤリス』に変更されます。

そして、現行モデルにもラインナップしている本格スポーツモデルのGRグレードが引き続き設定されます。

注目は究極のスポーツモデル”GRMN”。今回も3気筒ターボ&4WDを搭載するなど強烈な走りで登場する予定です!

新型ヤリスにもハイスペック仕様のGRMNが出る!

GRブランドの違い

上の画像はトヨタのスポーツチューンブランド「GRシリーズ」のピラミット図。

現行モデルにはアフターパーツを除く、「GRスポーツ」「GR」「GRMN」のすべてをラインナップしています。

そして、ヴィッツからネーミング変更となる次期ヤリスには、エントリー版のGRスポーツとハイエンド版のGRMNが登場する見込みです!

欧州では「フォルクスワーゲン・ポロGTI」をはじめ、スポーツグレードを設定するコンパクトハッチが増えてきています。日本ではスイフトスポーツが代表例でしょうか。

新型ヤリスもその代表格としてグローバル市場を取りに行きます。

ヤリスGRMNの予想CG!

ヤリスGRMNの予想CG

従来モデルのフロントマスクはどちらかというと優しい表情で、”お母さんの普段の足”という印象が強かったヴィッツ。

新型はキリッとした顔つきに生まれ変わります。改名もあいまって一気にイメージが変わりそうです。

予想CGでは、

  • ハニカム構造の大型フロントグリル
  • 2本のフィンを装着したフォグランプ周りの造形
  • 大きめのリアウィング
  • 艶なしブラック塗装のアルミホイール
  • ブラック塗装のエアロパーツ

などを装着して、GRブランドの頂点に君臨する存在感を示しています。

新世代プラットフォームで走りがさらに進化

TNGA世代のGA-Bプラットフォームを採用。

軽量化や剛性UPの恩恵を受け、操作性や乗り心地が大幅に向上します。

従来型もWRC参戦のラリーベース車として高いシャシー性能を持っていましたが、さらなる進化をはたします。

▼外寸予想
全長×全幅×全高:3950×1735×1480mm
※ワイドフェンダーで3ナンバー

ヤリスGRMNは3気筒ターボ&4WDをチョイス

標準モデルは1.0リッターと1.3リッターの直3エンジンを搭載。

新開発のダイレクトシフトCVTと組み合わせられます。

一方、GRシリーズの普及版GRスポーツには、1.5リッターターボ(最高出力150ps以上、トルク25.0kg-m前後)を採用予定。

そして、GRMNは驚異の250馬力を発揮する1.6リッター直3ターボを搭載し、4WD(AWD)が与えられます。

これはホットハッチマニアにはたまらないスペック!

足回りもビシビシにチューニング

足回りや補強パーツも徹底的に専用セッティングをおこないます。

参考までに、150台限定発売されすぐに完売となった現行GRMNの装備です↓

  • GRMN専用BBS製鍛造アルミホイール
  • GRMN専用チューニングサスペンション(SACHS Performance アブソーバー)
  • トルセン®LSD(リミテッド・スリップ・デフ)
  • GRMN専用6速マニュアルトランスミッション(ショートストロークシフトレバー)
  • 剛性アップパーツ(フロントタワーバー・フロントロアアーム・フロントサスペンションメンバー後端ブレース・センタートンネルブレース・リヤロアブレース)

引用:トヨタ公式

発売は2020年秋で今回も限定販売か!?

標準モデルから約1年遅れで発売されるでしょう。2020年秋〜冬が有力です。

また現行と同じく、GRスポーツはカタログモデルに、GRMNは限定販売となる可能性があります。

今回は中間のGRがなくて2種類なので、両方ともカタログラインナップするかも。

ただ、価格は400万円前後になると思うので、やっぱり限定かな…。

日本を代表するコンパクトカー『ヴィッツ』が2019年12月にフルモデルチェンジ予定。 見た目もシャシーもエンジンも全面刷新し、車名も『...
スズキ・スイフトスポーツに、走りを強化した”エボリューション”仕様が追加されるかもしれません! 昨年から某有名クルマ情報誌がエボの存在...
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪

この記事をシェアする

フォローして最新記事を見る