ゼロクラウン(18クラウン)とは?人気の秘密や中古車相場に迫る!

◆この記事をシェアする

ゼロクラウンとは、2003年~2008年までの5年間販売されていたクラウンのことで、クラウンの歴史で12代目のモデルにあたります。

「ゼロクラ」や「18クラウン」、「180系」などとも呼ばれています。

販売終了から年月が過ぎているので、街中を走る姿は以前に比べて少なくなってきましたが、まだまだ見かけます。その度に「おっ」とつい見てしまうくらい、今でも十分かっこいい車ですね。

むしろ現行のクラウンよりもかっこいいと思わせる魅力がたくさんある1台です。

なお、VIPカーのカスタムベース車としても人気があり、中古車市場では現在も需要が多くあります。

スポンサーリンク

「ゼロクラウン」という呼び名に込められた意味

「ZERO CROWN~かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる~」

ゼロクラウンが発売された時のキャッチフレーズです。歴代のクラウンは保守的で、おじさま(主に50代以上の方)が乗るイメージが強くなっていました。「いつかはクラウン」という有名なフレーズがありますが、まさしくサラリーマンのお父さんたちが必死に働いて、頑張って出世し、定年近くになってようやく所有できるというイメージがありました。

そんなイメージを一新し、「ゼロ」からクラウンの歴史を新たに作っていこう!という意味を込めて「ゼロクラウン」とキャッチコピーに込めたんですね。そこから「ゼロクラウン」と一般的にも呼ばれるようになりました。

結果的に若者まで購入層を広げ、発売当初の販売目標に対し4倍も売れるなど、ゼロクラウンは大人気となります。

先代から大きな変貌をとげたゼロクラウン

ゼロクラウンのエクステリア

先代の11代目は、歴代のクラウンと同じく四角いヘッドライトと、いかにもセダンというボディスタイルでした。

ゼロクラウンはキャッチコピーのとおりエクステリアも大きく生まれ変わり、ヘッドライトが切れ長で、スポーティかつ流麗なボディに一新されました。

またエンブレムの書体も変更されています。

ゼロクラウンのインテリア

インテリアも歴代最高という口コミが多く、評価されている点です。

インパネは木目調のオーソドックスなパネルを採用し、いかにも高級車という感じのたくさんある操作ボタンがシンメトリーに配置されています。

コックピット全体の直線と曲線の使い方が絶妙で、何とも言えない品のある高級感がありますね。

個人的には、今まで見てきた車の中で一番好きなインパネです。

新開発の「Nプラットフォーム」を採用

プラットフォームは新たに開発された「Nプラットフォーム」を採用。

これは、DセグメントとEセグメントのFR車用プラットフォームで、マークXやレクサスGSにも採用されています。

スポーツ感を感じるパワートレイン

エンジンは長く使われていた直列6気筒からV型6気筒GRエンジンに代わり、スポーツ感を感じるとともに、より環境に優しく、静寂性の高いエンジンとなりました。

3000cc(256馬力)が6速AT、2500cc(215馬力)が5速ATの組み合わせ。後に3500ccが追加されます。

また、それまでの日本の高級車らしいフワフワとした柔らかい足回りから、「走りも楽しむ」という新たな考えをもとに、適度な硬さの足回りになりました。

結果、若い年齢のお客様にもアピールすることに成功しています。

豪華なロイヤルと走りのアスリート

現行モデルと同じく、豪華でゆったりとした乗り心地が特徴のロイヤルと、足回りがしっかりした走りのアスリートで構成されています。

外観上での違いは、フロントグリルの形状とテールレンズのデザインです。

前期と後期の違い

ロイヤルの前期と後期の変更点

・フロントグリル

ロイヤルの前期のフロントグリルは、横4本縦4本のルーバーがあり、それぞれ5分割のデザインでした。

後期は、横のルーバーが6本に変更され、横7分割縦5分割となっています。

・ヘッドライト

ロイヤルの前期は、グリーンエクステンションで薄い緑色のインナー。

後期は、スモークタイプでグレーのインナーに変更となっています。

・テールランプ

ロイヤル前期は、ウインカーランプは下にあるのに対して、後期は上へ移動しています。

ウインカーランプとブレーキランプが逆になったということです。

アスリートの前期と後期の変更点

・フロントバンパー

アスリートの一番目立つ変更点はフロントバンパーの形状です。

・ヘッドライト

アスリート前期のヘッドライトはシルバーのインナーなのに対し、後期はブルーがかったインナーになります。

・テールランプ

アスリート前期のテールランプは下の部分が透明です。

後期はスモークタイプ(薄いピンク色)に変更。

ロイヤル・アスリート共通の変更点

・スマートキー差し込み口

後期はスマートキー対応車のみスマートキー差し込み口があります。

ゼロクラウンの燃費は?

カタログ燃費では、2500ccの6AT車でリッター12km。

このクラスで、しかも2003年発売された車種ということを考えると意外と、高い数値といえます。

次に気になる実燃費ですが、報告されている数値をまとめると9.1km/Lという結果になりました。

二桁には届かないものの、まずまずと言える数字ではないでしょうか。ちなみに、レギュラー・ハイオクで、リッターあたりの走行距離の差はほとんどありません。

現在の中古車価格、相場は?

カーセンサーで検索すると、ロイヤルが616台、アスリートで644台の登録がありました。

人気の車種だけにまだ豊富にありますね。購入したいと思っている方もまだまだ多いのでしょう。

最安値は、15万キロ以上走行している車がほとんどで、本体価格40万円、支払い価格60万円ほどからありました。程度が良く、走行距離が10万kmぐらいになると100万円を切るくらいが相場のようです。

ただ、クラウンはしっかりと整備されていれば20万キロでも平気で走ってしまう車です。走行距離よりも、修理・故障の有無や内容、前オーナーが丁寧に乗っていたかなどを見極めれば、手ごろな価格で憧れのクラウンを手にすることができるでしょう。

スポンサーリンク



◆この記事をシェアする

ゼロクラウン(18クラウン)とは?人気の秘密や中古車相場に迫る!
carmuseの最新記事をお届けします!
いいねしてチェックしよう♪